暗号通貨

【暗号通貨投資】2020年を振り返って

2020年の暗号通貨ではどのようなことが起こったのか?今年一年を振り返り、AI TRUSTの記事を分野ごとでまとめてみました。過剰流動性資金の影響も大きいですが、2017年の暗号通貨バブルの時とは全く違った状況が見て取れます。

その理由もこの記事の全体の流れから理解もできますし、今まで暗号通貨投資を行ってこなかった人でも、今からでも十分大きなチャンスがありますので、是非こちらをよく読み理解を深めてください。

暗号通貨市場全般・ブロックチェーン

暗号通貨市場、ビットコインは3月の金融市場全体の暴落時が底となり、そのあとは継続的に上昇し続けています。そして2020年は着実にブロックチェーンの活用も広がり、ペイパルでの利用開始など、潜在的な購入者を大幅に増やす流れが加速しています。

ビットコイン、上昇と人の心理ビットコインは本物の資産なのか? 本日のビットコインの価格は11,670ドルと、少しの調整のあとの上昇に入っています。暗号通貨市場の時...
暗号通貨市場が最もこの後有望な理由米大統領選も終わりバイデン氏が勝利したあと金融市場がこのあとどうなっていくのか? 今日はAI TRUSTとしての大局を予想してみる...
ブロックチェーン活用事例地方創生と持続可能な社会の実現 2016年から2030年を実施期間とした「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、17の目標が掲げ...

機関投資家・米投資家の積極参入について

アメリカの機関投資家、事業会社、そして投資信託でのビットコインの保有が継続上昇したことにより、需給バランスが完全に変わり、ビットコインの価格を大きく上昇させ、そして安定させています。主要記事をまとめてみましたので、こちらで改めて理解を深めてください。

【 現金をビットコインへ 】ナスダック上場企業CEOもビットコインへ資金を移動、その理由とはマイクロストラテジーCEO:マイケル・セイラー氏、4億ドル相当をビットコインへ 仮想通貨業界に衝撃が走りました。非常にポジティブな情報...
【 世界の決済に激震 】PayPal(ペイパル)が仮想通貨売買開始報道でビットコイン年初来高値更新!PayPal(ペイパル)が仮想通貨の売買を始めると発表 仮想通貨界隈だけでなく、世界の決済に激震が走る報道が10月21日に出ました。米...
ビットコイン上昇の最近の潮流は?【富裕層の購入が増加中】暗号通貨市場、ビットコインが継続上昇しています。現在の流れは、個人投資家の短期的な売買目的というよりも、企業や機関投資家による中長期的な...
【 ビットコイン史上最高値へ 】2017年バブル期とは違う、専門家が認める理由ビットコイン、アルトコインが11月26日に急落をしました。これはなるべくしてなったと「ビットコイン急落、なるべくしてなった下落要因とは」...
【高騰理由】ビットコイン投資、北米投資家に軍配ビットコインの価格は堅調に過去最高値圏内で推移しています。2017年のときのような急上昇の後の暴落という展開とは違い、本当に底堅い動きが...

Defiの登場

2020年暗号通貨市場が大きく成長したひとつの理由がDefiにあります。暗号通貨を活用し高い利息を得る方法も多数登場し、それにより、短期売買ではなく、暗号通貨を保有し増やすという考え方も定着してきていると感じられます。

DeFiの代表的存在Uniswap(ユニスワップ)とは!?中央集権型と分散型 Uniswapとは、イーサリアム(Ethereum)上で稼働するDEX(Decentralized Exchang...
Defi
暗号通貨市場で盛り上がりをみせるDeFiの正体とはDeFiってそもそも何? 今年の後半に入ってからの暗号通貨市場は、上昇傾向にあり、特にビットコインは節目だった1万ドルを突破し、賑わい...

中央銀行デジタル通貨

中国ではデジタル人民元が既に国民にテスト的に配られ運用が開始されています。そしてカンボジアでも同様であり、両国は親密な関係ですので、中国から技術提供されている可能性は高く、今後はアフリカの途上国を中心にこの動きが加速する可能性もありますので、注目していく必要がありますね。

【 デジタル人民元配布発表 】中国のデジタル通貨が加速します中国でデジタル人民元を市民に配布 いよいよデジタル通貨の流れが始まりました。スピード感のある中国ですが、今から約1年前の2019年10...
【 すでに実装開始 】中国デジタル人民元は、侮れない着々と進む中国デジタル人民元 2019年10月、中国習近平国家主席が、ブロックチェーン技術を国家戦略として行うと発言。そして、デジタル...
カンボジア国立銀行がソラミツと共同開発のデジタル通貨「バコン」を正式運用開始中央銀行が発行するデジタル通貨 2019年7月からカンボジア全土でテスト運用が開始され、ブロックチェーンベースの中央銀行デジタル通貨「...

主要アルトコインの状況は?

暗号通貨市場の成長とともに主要アルトコインの価格も上昇しています。ただし将来的に考えた場合、まだまだ多くの暗号通貨は淘汰されていく運命にあると考えるべきでしょう。

【XRP】Ripple(リップル)保有者にエアドロップ2020年12月12日(日本時間午前9時)に、XRP保有者に対してエアドロップが行われます。 配布されるSparkトークンを受け取るに...
ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォーク2020年11月15日、ビットコインキャッシュ(BCH)はハードフォークが行われ2つのブロックチェーンに分岐されました。 元々、ビ...

ファイルコイン、IPFS

5Gが世界で広がる中、HTTPに変わる技術としてIPFSは2021年さらに活用の場が広がっていくことになるでしょう。それにより、そこで利用されるインセンティブトークンであるファイルコインの価格は継続的な上昇が見込めると考えられます。

Filecoin(ファイルコイン)の IPFSでは一体何ができるのか?具体例を公開!Filecoin(ファイルコイン)のメインネットが公開され、即座にバイナンスをはじめとする大手暗号通貨取引所に上場しています。トークン価...
Filecoin(ファイルコイン)の価格が上がる理由とは?Filecoin(ファイルコイン)は日々、新しいニュースが世界中で発表!! 参加するエコシステムも活発化してきたこともあり、ファイ...
Filecoin(ファイルコイン)の価格上昇のポイントは?ファイルコインの価格は、市場での売りものが限られ、市場の需給バランスが合わなくなり、人気化する分だけ、価格は青天井に上昇する可能性が高いです。なぜそうなるのか?その理由は3つあります。①ICO参加者のトークン10%は半年間...
【総まとめ】Filecoin(ファイルコイン)マイニングの魅力9月26日のFilecoin(ファイルコイン)のウェブセミナーは最終的には1,000人を超える方が参加されました。現在、ウェブセミナーに...

ハイプ案件の破綻

AI TRUSTではハイプ案件に対しての注意をたびたびよびかけています。ウェブセミナーでは実名をあげて破綻が近いことを伝えましたが、そこからそれぞれ2ヶ月、3ヶ月で破綻しました。

ウェブセミナーに参加し、解約が間に合った方は被害から逃れることもできたようですが、そもそもハイプに参加すること自体、欲に目が眩みすぎているわけで、反省すべきだと思います。

人はなぜHYIP(ハイプ)案件に参加してしまうのか?暗号通貨の詐欺案件としてハイプと言われるものがあります。2017年頃から様々なものが出回り、多くの日本人がそれに参加をし、資金を失ってい...
暗号通貨投資、2つのハイプ案件破綻に注意を!!ハイプ案件は暗号通貨投資ではない 日本でも2016年頃から、いくつものハイプと言われる案件が流行り、破綻すればまた次が出てくるというい...

大きく進展した暗号通貨市場。2021年はさらに大きく躍動することになるでしょう。分散投資の中心に置きつつ、確実に利確をし、利益を上手に分散し、インカムゲインを継続的に得ていく方法も作っていきましょう!

ABOUT ME
【AI TRUST編集部】大泉
【AI TRUST編集部】大泉
AI TRUST編集部の為替担当大泉です。FX、為替歴は11年。今までにトレーダーとしても活躍。最近は為替の自動売買ソフトのアドバイザーなども務めており、為替のプロフェッショナル。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。