暗号通貨

【 世界の決済に激震 】PayPal(ペイパル)が仮想通貨売買開始報道でビットコイン年初来高値更新!

PayPal(ペイパル)が仮想通貨の売買を始めると発表

仮想通貨界隈だけでなく、世界の決済に激震が走る報道が10月21日に出ました。米ペイパル・ホールディングスが仮想通貨(暗号資産)の売買を始めると発表。

PayPal(ペイパル)は、世界に3億人を超える利用者を抱えていますので、この報道は、仮想通貨の普及を後押しする可能性があるとの見解から、ビットコインを中心にイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュに買いが集まりました。

ビットコインの価格ですが、注目される節目付近での報道でしたので、あっさりとラインをブレイクしています。今回は、PayPalが与える仮想通貨への影響、決済システムについて、そしてチャートを用いたビットコインの今後について解説したいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

PayPal(ペイパル)内で具体的にどのように仮想通貨を扱うのか

PayPal(ペイパル)が、仮想通貨の売買を開始すると具体的にどのような流れになるのか、これについてですが、Paypal公式の発表によると仮想通貨の売買機能のみでなく、来年上旬よりPayPalに対応する2,600万以上のショップ(全世界)で仮想通貨を利用し支払うことも可能にするようになるとのこと。

取り扱える銘柄は以下の4銘柄となります。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)

ビットコイン以外のPayPalが扱うと報じた3銘柄のアルトコインの価格も、揃って上昇を見せています。

具体的にPayPal内で仮想通貨をどのように扱えるかですが。。

・利用側は、PayPalのデジタルウォレットを通じて直接仮想通貨を保有
・店舗側は仮想通貨でなく、PayPalを介して換金された法定通貨を受け付ける
・PayPalで購入した仮想通貨をPayPalのウォレットから出金することは出来ない
・外部ウォレットから仮想通貨を入金することは不可能

PayPalが用意したプラットホームで、選択した仮想通貨を購入、保持、販売する機能を導入し、このサービスは、数週間以内に米国のPayPalアカウント所有者が利用できるようになるようです。

仮想通貨利用を促し、中央銀行と連携

今回好感された最大の理由は、このコメントではないでしょうか。

「中央銀行と連携し、仮想通貨を含む全てのデジタル通貨におけるPayPalの役割を考えている」

現在、中央銀行が開発するデジタル通貨(CBDC)の未来が話題ですが、仮想通貨とデジタル通貨の位置付けをややこしく感じる人も多いでしょう。ここへの配慮をPayPal側は考えての仮想通貨売買、又PayPal外へ仮想通貨が送金できない仕組みなども興味深いところです。

さらにPayPalは、昨年フェイスブックが主導となっているリブラプロジェクトから脱退していますので、リブラよりデジタル通貨をとったというところでしょうか。この動きで、銀行が仮想通貨を意識しだす可能性も考えられます。

ビットコインが一気にブレイク、好感された理由は?

この報道を受けて、ビットコインが一気に高値をブレイクしました。節目であった9月高値をあっさり抜けた後、急騰を見せ年初来高値も更新し勢いが出ています。これらの要因の1つにはPayPalの市場規模にあります。

3億2,500万ユーザーを誇るグローバルサービスを運営するPayPalですので、このユーザーの資金が仮想通貨、ビットコインなどに流れたら大きいと見た投資家の買いが加速したと考えられます。また、日経新聞社やブルームバーグなどの大手メディアでも取り上げられており、この流れは各メディアでもさらに広がりそうです。

法整備は大丈夫?

仮想通貨が絡むと気になるのが、各国、中央銀行の存在。過去に法規制であっさりと淘汰される事例はいくつも見ています。PayPalはニューヨーク州の金融サービス局から条件付きのライセンスを取得。条件付きのライセンスですので、正規ライセンスを持つ企業Paxosと提携することによって、一定の条件下で業務を行いつつ自らもライセンスの申請を行う予定と見られています。

仮想通貨はPayPal(ペイパル)内で完結される仕組み

前述しましたが、仮想通貨の売買はあくまでもPayPal内で完結させるのが、今回のポイントではないでしょうか。PayPalの利用規約では、ユーザーはPayPalで購入した仮想通貨をPayPalのウォレットから出金することが出来ません。外部からの仮想通貨入金も不可。

PayPal内で行い、支払いは可能、そして支払われた店舗側には法定通貨で受け取りとなりますので、全てのPayPalユーザーが違和感を持つことなく、仮想通貨売買の促進を行うことが可能となります。そして、3億2500万ユーザーという圧倒的な数が今後、仮想通貨に与える影響力は魅力的と考えられ、世界の仮想通貨利用普及への大きな一歩となるといえます。

PayPalをわかりやすく解説!メリット、デメリットは?Paypalとは?わかりやすく説明 PayPalとは、アカウントを作成して支払い方法を登録することで、対応しているデジタルサービスや通...
ABOUT ME
Hatanaka
Hatanaka
投資歴16年。過去には様々な投資案件を行ってきており、為替FX、暗号資産(仮想通貨)分野に精通しており、現在は、トレーダー講師としても活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。