新着ニュース

加速する資産インフレ

アメリカからのEUへの渡航は引き続き禁止

新型コロナの世界での感染者数は9,391,433人、死亡者数は481,036人となっています。EU加盟国が新型コロナ感染防止対策の渡航制限を緩和するなかで、アメリカからの入国は引き続き禁止される模様です。

EU内の感染拡大は落ち着いていますが、アメリカでの感染拡大は一向に収まりませんので、当然の判断でしょう。同様に日米間の移動もまだまだ当面できそうもなく、世界各国の観光業への影響は、当初の想定よりも相当長期化することになりそうです。

【アフターコロナ 】世界の航空業界へ与える壊滅的ダメージアフターコロナで航空需要は半減する 新型コロナの感染拡大の影響で、世界中の航空会社で運航が大幅に減少している。IATA(国際航空運送協...

ドイツ:食肉工場で感染拡大による再度のロックダウン

ドイツ西部での、食肉工場で新型コロナの集団感染が確認された地域では周辺地域も含めて、ロックダウンを再導入することになりました。封鎖は30日まで続きますが、感染が拡大すれば長期化することも考えられます。

ブラジルでも複数の食肉工場でクラスター感染が起こっており、事業としての構造上の問題となれば、世界各国での肉不足ということ自体も起こり得るかもしれません。

【 国別感染対策に差が出ている 】感染爆発した国の対策とは?新型コロナウィルスの第二波が日本では見え隠れし始めていますが、両国に共通する女性リーダー。ときには包み込むような国民目線で、ときには力強...

スウェーデン:新型コロナ死亡率世界最高レベルに上昇

新型コロナ対策でロックダウンを行わず、集団免疫戦略を取るスウェーデンで6月17日、約1カ月ぶりに1日の死者が100人を超えました。24日時点で感染者数は60,837人、死者数は5,161人に上っています。

人口100万人当たりで換算すると、感染者数も死者数もアメリカに並び世界最高レベルに達しており、集団免疫実験は今のところうまくいっているとは言えません。

しかし新型コロナの検体保有者の割合が多くなることで、第二波への影響を最小限に食い止められる可能性もあり、今年の冬まで引き続き注視する必要がありそうです。

スウェーデンの集団免疫実験は成功するのか?スウェーデンの集団免疫人体実験に国内から反対も ロックダウンを行わない独特の新型コロナ対策で知られるスウェーデンで、感染者が増え続けて...

世界の株式市場:過剰流動性相場拡大

新型コロナの猛威に苛まれてきたグローバルの株式市場は、ショックが広がる前のピーク時の水準をすでに70%程度まで回復しています。世界各国で経済の再稼働が広がる中で景気の底が確認され、早期の経済回復期待が高まっています。

各国政府・中央銀行により過去例のない大規模金融緩和策が取られることで、過剰流動性資金が株式市場に継続的に流れ込み、株式市場の上昇機運を支えている構造です。

しかし昨日のNY市場の急落もあるように、過剰流動性相場ではボラティリティが高い展開が続きますので、そこへの十分な対策も必須となります。

過剰流動性がもたらすインフレ圧力日本で初めて過剰流動性を言われたのは? 過剰流動性という言葉が日本で初めて取り沙汰されたのは、1971~1973年である。大規模な金融...

インフレ懸念:紙幣からの逃避が続く

世界各国で財政支出と中央銀行の資金供給が爆発的に増えているため、いずれはインフレになるという懸念から、金から森林地、不動産株、物価連動債まで、幅広い資産を買ってインフレに備える動きが世界で広がっています。

紙幣の下落に対してどのような資産を持つことが最も有効なのか?この点は本当に誰もが必ず今理解する必要がありますね。

>>特別レポートをダウンロード

日本:デジタル化の遅れが致命傷に

世界最大級とうたった日本の新型コロナの経済対策ですが、目玉となる個人や事業者へのさまざまな支援措置はまだまだ国民に行き渡りません。

一番の問題はどこに在るのか?各種申請の複雑さや人員不足、デジタル化の遅れといった旧態然とした自治体の事務処理体制が妨げとなっているのです。

ITが浸透する世界各国との差は歴然としており、日本は経済は一流であっても政治は三流と言われた時代も過去の話であり、既に経済も二流といえますし、残念ながら今のままでは更に落ちていく覚悟が必要です。

国会議員報酬
【世界と比較しても高い】日本の国会議員報酬とは?新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国会議員の歳費を1年間2割削減することが、2020年4月14日に決まった。「国民の窮状を考えたらやっ...

日本:新規ギグワーカー100万人

インターネットを経由して、企業や個人から単発の仕事を請け負うギグワークが、新型コロナでの移動自主規制を機に日本でも増えています。専用仲介サイトの新規登録者数は今年上半期で延べ100万人となる見通しだそうです。

スキルを持ち時間や場所に縛られないギグワーカーですが、社会保険や休業補償などの安全網整備が課題になっています。安倍政権が推進した新しい働き方のひとつがギグワークなわけですので、早急な改善を行ってもらいたいですね。

【アフターコロナ】テレワーク移行で日本はどう変わる?新型コロナ蔓延をきっかけに日本は大きく変わろうとしている。 テレワーク推奨を推し進めた場合、どのような可能性とリスクが有るかをシン...

イスラエル:シリアへ攻撃

シリア軍は、同国南部、中部、東部にある複数の軍事基地がイスラエルの攻撃を受け、兵士2人が死亡したとし、反撃を行ったと明らかにしました。

イスラエルの攻撃について、親イラン武装勢力の拠点を標的にしたものとの見方を示しており、今後の紛争の広がりには注意が必要です。

中東 戦争 為替
中東でアメリカとイラン・イラクが戦争をしたら、為替はどう動くか? いつ戦争が始まってもおかしく無い、中東情勢 米国によるイラン・スレイマニ司令官殺害がきっかけにより、2020年に入り、中東情勢...

ロシア:プロサッカーでも新型コロナの影響が

ロシアで再開したサッカーのプレミアリーグで、強豪のFCロストフが格下のFCソチに1対10で敗れました。トップチームが選手らの新型コロナ感染で隔離されたため、ユースチームが試合に臨んでの結果です。

アメリカのメジャーリーグも来月の開催が決定したようですが、選手側との待遇交渉が合意したわけではありません。テニス界ではジョコビッチ選手が新型コロナに感染したとの報道もあり、新型コロナによりプロスポーツは、まだまだ波乱が起きそうな感じです。

【アフターコロナ】プロスポーツの未来は?各国で再開されたプロスポーツ 台湾:プロ野球 台湾のプロ野球(CPBL)が8日、球場への観客の受け入れを開始した。新型コロナの封じ込...

GoToキャンペーンを活用し旅を楽しみながらお金を稼ぐ方法

新型コロナで落ち込む観光業を支援するための新たな策がGoToキャンペーンです。

旅の費用の半額を支援するこの方法は、実は幾つかの方法を組み合わせることで、実質無料化できますし、旅を楽しみながらお金を稼ぐ事もできるのです!

この方法を実践する詳細マニュアルを作成しました。

下記から無料でダウンロードできますので、今すぐご確認ください。

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!