株式

ビックヒットに見る韓国人の国民性

危うい韓国での投資熱

先月15日上場と同時にエンターテイメント代表株に登板して期待を集めたビッグヒットエンターテイメントの株価が公募価に近い水準にまで暴落しています。ビッグヒットの株価が低迷を続け、エンターテイメント関連の株価も同様に下落しています。今日は危うい韓国の投資熱についてまとめてみました。

ビックヒットの暴落

韓国取引所によると、ビッグヒットの先月30日株価は14万2000ウォンから上場直後「タサン( 公募価の2倍で始め値が形成された後、ストップ高に直行)」価格である35万1000ウォン対比60%近く暴落しました。公募価(13万5000ウォン)との差はわずか7000ウォンとなっています。この価格より5%でも下がれば株価は公募価以下まで下がることになります。

エンターテイメント主格であるビッグヒットの株価が続けて下落することで、YG、JYP、SM等主要エンターテイメント株も下落の兆候がみられています。これらの株はビッグヒット上場についての期待感により、上場直前は上昇の勢いをみせていました。しかし現在は高値と比べ、YGは26%、JYPとSMはそれぞれ16%、15%下落しました。

しかし証券界は、今年年末のエンターテイメント株の反発の可能性が高いとみています。年末多くのアーティストがカムバックし、コンサート等コロナの長期化によって制限されていたオフラインでの活動が下半期に集中し、売上高が大幅に増加するとの見通しがあるからです。

主要アーティストのカムバック日程が第4四半期に集中しているため、エンターテイメント4社の合算売上と営業利益は第3四半期に比べ第4四半期がさらに増加していくことが予想され、エンターテイメント業は第2四半期を底辺に第3四半期に売上高反発、第4四半期の売上高は右肩上がりの流れを示すと分析されています。

主力アーティストのカムバック、コロナによって延期された新規アーティストのデビューなど、下半期スターらの戦争が繰り広げられるとみられますが、ビッグヒットの場合、「BTS(防弾少年団)」のグローバルカムバックはもちろん、第2の「BTS」と呼ばれる「SEVENTEEN」のスペシャルアルバムのリリースが今月予定されており、株価反発への期待感は続いています。

ただしこれは証券業界自体の期待であり、現状の韓国人の借金の積み上がりを見ると、かなり危うい状況にあることが分かります。

韓国中がバブルに浮かれている実態

韓国では、不動産、国内外株式、金、暗号通貨と、カネ余りと将来への不安によるマネーゲームともいえる投資熱の高まりが進んでいます。そして韓国の家計債務が急増し、国家予算の3.5倍にまで膨らんでいます。国民は借金をしてまで投資に走っており、バブルが弾ければ悲惨な状況になることは自明です。そしてその時は刻一刻と近づいていると考えられます。

家計債務は国家予算の約3.5倍まで膨らんでいる

9月の時点で、国際決済銀行(BIS)と国際金融協会(IIF)が国内総生産(GDP)に対する家計負債比率を分析した結果、韓国は今年第1四半期で「97.9%」となっています。調査委対象国は44カ国で、韓国の順位は6位となりました。韓国より高い国は5つありますが、北欧3カ国・カナダ・スイスの5カ国であり、韓国とは置かれた状況が全く違います。

主要国と比べると、米国は(75.6%)・日本は(57.2%)・中国(58.8%)などとなっており、アジアでは韓国が断トツに高いことがわかります。今年4~6月期末の韓国の家計債務は、最新の情報だと1,637兆ウォン(約150兆円)となっています。

韓国の今年の国家予算は、481兆8,000億ウォンです。実際はコロナ禍でこれ以上の財政出動をしていますが、それを足しても、家計債務には到底及ばないのです。今年の韓国の国家予算の3.5倍分ぐらいが家計債務の規模となっているのです。 

借金をして投機に走る韓国人

家計債務が増える理由は主に不動産投資にあります。韓国では不動産投資は主婦でも利用する財テクとなっています。そして、朴槿恵前政権頃から、不動産価格は急上昇しており、文在寅大統領政権では、ソウルの地価がパリなどを抜いて世界一となっているのです。明らかに不動産バブルなわけですが、これを抑えようと文在寅大統領は何度も不動産への規制を強めてきました。すると、今度は不動産投資から株式投資に注目が集まりました。コロナ禍で大幅に下がった優良企業の株を購入して韓国の株式市場を支えています。ビックヒット株の高騰、暴落も、目先の利益を求める個人投資家の影響が多大にあることが分かります。

バブルは必ず崩壊する

韓国株式が現在の高い数値にあるのは、借金してまで株を購入する多数の個人投資家がいるためです。しかし借金すれば債務は当然増えることになります。しかも現在は、経済危機+コロナ禍での最中なのです。既に北米、欧州でも新型コロナの感染再拡大が加速していますが、経済が改めて落ち込んだ時、資金の流れが止まり、市場は暴落する可能性が高いと考えるべきでしょう。

その時は、株式市場の暴落から始まり、不動産市場の暴落にもつながるでしょう。当然のことながら韓国ウォンが売られることになりますので、注意が必要です。韓国のバブルが崩壊するタイミングでは、世界中の金融市場も影響を受けますし、暗号通貨市場への影響も出ますので、注視する必要がありますね。韓国バブル崩壊リスクについては、定点観測しAI TRUSTでは記事化していきます。

【ITバブル崩壊】その時期や崩壊原因とは?ITバブル(インターネットバブル)とは? ITバブル(インターネットバブル)とは、1990年代前期から2000年代初期にかけて、ア...
日本のバブル崩壊を改めて検証するバブル崩壊は、1990年代初頭の不景気の通称で、日本のバブル景気後の景気後退期または景気後退期の後半から景気回復期に転じるまでの期間を指...
ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!