コロナ特集

【コロナ後の世界】オンライン飲み会の楽しみ方とは?

オンライン飲み会

コロナ後の世界の世界では様々な変化が起きます。

新型コロナウィルスで大変な状況の中でも人々は常に前を見ています。

それがコロナ後の世界。

コロナが収束したらどう行動するか?

このように先のことを考えることは非常に重要なことですし、気分も意識も変わります。

今回は ” オンライン飲み会の楽しみ方 ” をご紹介します。

コロナ後の世界では大きく流れが変わる

コロナ後の世界が広がる前にオンライン飲み会が加速しており、この流れは今後継続する可能性があります。

そこで、オンライン飲み会で必ず必要になるツールがzoomです。

zoomについて知らない方もいるかと思いますので、簡単に紹介しておきます。

テレワークで一気に頭角を現したzoom

自宅で仕事を行うことを在宅ワークといいます。

その他カフェやレンタルオフィスなど職場以外の場所で仕事をすることを「テレワーク」といいこのテレワークの流れが加速しました。

そこで一気に頭角を現したのがzoomです。

zoomとは元々海外との会議など幅広く活用されていましたが、今回急速に取り入れる企業が増えました。

もちろん現場でしか対応できないといった内容もありますが、これは数十年前パソコンが導入され始めた頃を思い出すと分かりやすいのですが、 ” 工夫すればなんとでもなる ” ということ。

現在パソコンなしで成り立っている会社はどれだけ存在するでしょうか?

職場内でも可能な部分をピックアップしテレワークに変えることで多くの人が接触削減を可能にしました。

zoom飲み会がブームに

仕事もzoomで行う中、もう一つの課題が繁華街の接客を伴う飲食店の利用自粛要請。

これは出社していたら飲食店に立ち寄るのが通常の流れ。

多くの飲食店は休業し仕事ではテレワークが進む中でzoomを利用した飲み会の流れも加速しました。

zoomは複数名が参加することが可能で無料でマンツーマンの場合は無制限に、複数が参加する場合でも最大40分まで活用できます。

パソコンやスマートフォンをzoomと繋ぐことで参加者とコミュニケーションを取ることが可能となります。

それぞれが離れた場所から飲み物、食べ物を持ち合い参加することでzoom飲み会の完成です。

多少リアルで会う事とズレはありますが、慣れてくると感染率0%、そして飲食費も安く抑えらえる最強のオンライン飲み会であることに気づくでしょう。

オンライン飲み会の楽しみ方

オンライン飲み会の楽しみ方とは具体的にどのようなことがあるでしょうか?

これをピックアップしてみましょう。

もちろんリアルの飲み会同様ただ雑談を行うことのみでも問題ありませんがオンラインならではの楽しみ方があります。

宅配で同じものを頼みシェアする

飲食店で行う飲み会であれば当然ですが同じ料理をシェアします。

飲み会でそれぞれの食事を注文して食べる・・ というランチのようなことは考えにくいですね。

この料理の共有とお酒が後押しされてそれぞれの信頼関係が心理的に増します。

一昔前はのミュニケーションとも言われました。

” 同じ釜の飯を食う ”

こんな言葉もあります。

仕事でも「ランチョンテクニック」と言って、同じ料理を食べながら商談を進めると成果が出やすいとも言われています。

これらを参考にオンラインで行うとどうなるでしょうか?

当然ですがより親密になることは間違いありません。そこで利用されるのが、宅配ピザやUberEATSなどです。

各地域によっての宅配の種類なども違うので例えば同じテーマ例えば ” 和食 ” に絞りオンライン中に注文して料理を画面でシェアし話題にしながら楽しむのもいいですね。

あつ森が爆発的な人気

外出自粛の中で任天堂から発売されたゲームあつ森こと、” あつまれどうぶつの森 ” が大人気となっています。

このゲームはオンラインでそれぞれのキャラが島を保有し島暮らしを楽しみます。

そして、自身のキャラクターの洋服を買ったり服装を変えたりと可能です。

そんな、あつ森はパーティーモードで同じ島に住むプレイヤーと同時に遊べるようになったり、友だちの島へでかけて、ローカル通信、インターネット通信ともに最大8人まで同時に遊べます。

もちろんあつ森以外のオンラインゲームも同様でシェアしながら会話をし飲み会の話題の1つに取り入れるのもいいでしょう。

カップル間ではオンラインデートも増えてきています。

会うことがなくオンライン空間で二人きりの時間を誰にも邪魔されることなく共有することも可能となっています。

孤独をなくすにはコミュニケーション

今回新型コロナウィルスであらゆる不便が生じました。

当たり前のことが当たり前に出来ない状況。単身者でいえば孤独に過ごす方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな時でも時代は進んでいることは明らかです。

SNSやオンラインを使った飲み会など人と人はつながることが可能となりました。

つながり共有することでこの苦境の中でも楽しめる方法は沢山あります。

今後この流れはコロナが収束した後も継続する可能性も考えられます。

理由は、テレワークではないですがいいと思う人がいれば今までの流れに無理に戻す必要はないからです。

そういう意味も含めてまずは経験してみること。

是非試してみてください。

【アフターコロナ】テレワーク移行で日本はどう変わる?新型コロナ蔓延をきっかけに日本は大きく変わろうとしている。 テレワーク推奨を推し進めた場合、どのような可能性とリスクが有るかをシン...
ABOUT ME
Hatanaka
Hatanaka
投資歴16年。過去には様々な投資案件を行ってきており、為替FX、暗号資産(仮想通貨)分野に精通しており、現在は、トレーダー講師としても活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!