人生

【イライラ解消法】イライラする感情は損をもたらすだけ!

イライラしないのが大事

新型コロナ渦の以前の話となります。今は香港・マカオ・中国(珠海)は以前のようにフェリーでの移動ではなく、バスで橋を渡って行き来できるようになりました。

香港マカオ大橋が開通したことで、珠海(中国)からもバスで香港・マカオに入れるようになり、今まで以上に中国からの初心者観光客が圧倒的に増えることになりました。新型コロナ渦の今はこの流れは止まっていますが。

イライラしてしまった具体事例

マカオから香港を経由して日本に入るとき、香港マカオ大橋からの入国の香港のイミグレーションでのことでした。

大量の中国からのおばちゃん、おじちゃんの団体客が、イミグレの入り口で止まって話をして通せんぼしており、通してくれと言っても全く聞いてもらえず無視をされ、ついつい最後にはイライラして彼らに怒鳴ってしまいました。

多分本人達は特に悪気はなく、初めての海外旅行で興奮してしまい、周りの声も聞こえない状態だったのだと思いますが。

冷静に考えると昔の日本人団体旅行客も同じ

今は中国人の団体旅行客を世界中多くの場所で見かけるようになり、彼らは周りに気を使うこともなく、ガヤガヤと大声で、さらに言えばマナーも悪い人たちが多いのが正直なところです。

考えてみれば昔の日本人団体旅行客も同じだったでしょうし、欧米の人たちは同じ目線で日本人に対しても見ていたのでしょう。中国の繁栄と共に、旅行者が日本人から中国人に変わっただけの話です。

ただし困るのは、欧米人から見れば中国人と日本人の違いがあまりわからないことです。新型コロナ渦での人種的な差別も世界中で起こっていますので、無駄に争い事に巻き込まれるようなことがないように、マナーよく行動することが今まで以上に大切だと感じます。

【イライラ解消法】急ぐ・慌てるは実はあまり変わらない

マカオに住む立場から言えば、彼ら中国人旅行者がマカオの税収を支えているわけで、その恩恵を日本人でありながら、大きく得ている事に感謝もし、もっと寛容な気持ちでいなければいけないとも思うのですが・・・・しかし他国にいるとその寛容な気持ちがなくなりますね。

実際のところ、急いだところで飛行機のフライトまでの時間は余裕がありますし、早く空港に到着したところで早く飛行機が飛び立つわけではありません。慌てる必要はまったくないのに苛ついてしまうのは、まだまだ修行が足りないなと思わされましたね。このときは。

寛容であるということはビジネスでも非常に重要なことだと、誰よりも理解をしているつもりでも、態度・行動に出てしまうのは、本当に自分自身がまだまだだと自己反省です。

「焦り・慌てる」というのは様々な投資を行う上でも一番駄目な行動なのです。儲け損なったり、重要なタイミグで判断ミスをしたり・・・精神状態によって左右されることは本当に多いですからね。今は人工知能を使った投資システムを開発し、判断自体を人工知能に任せようとしているわけですが、これも長い投資経験の上での自分なりの答えなのです。

徹底的に本を読む

本を読むというのは本当に習慣化しないと、あっという間に怠けてしまい、いつの間にか本を読むことが全く無くなってしまいます。自分自身、昨年くらいから本当に本を読む時間を取らなくなり、読書量が圧倒的に減ってしまいました。それまでは年間100冊読破することを15年、20年単位で続けていたのです。

現在は改めて月最低5冊の本を読むことを自らのノルマと課しています。小説、週間経済誌などは数にいれず、マーケティング、経済、IT,未来予測関係に絞り、良さそうな本を徹底的に読み尽くしています。古い名著を読むのではなく、新しく発売された新刊に絞って読んでいます。

常に最新の情報を徹底的に理解し詰め込んだ上で自分の中で咀嚼して、それを自らの言葉で文章に変えて伝えていく。これをすることでことの本質を理解でき、そして実際にビジネスや投資でも応用が効くことが明確なのです。

自らの得意なことは何なのか?これを理解することも本当に大切です。

自分の場合、本にかかれる本質・ポイントを捉えたうえで、誰もがわかりやすい形で自分の言葉にかえて伝えることを得意としています。そしてわかりやすい形で自らが実践し、その方法をシェアしているわけです。本を読むこと自体が自らにおおきく戻ってくる方法を知っているのです。

一番効率の良い投資は何なのか?

自分の場合は、最新の本を読み、内容を把握し、実践に活かすことが最も効率の良い投資のひとつとなっています。それが改めて理解できたとき、普段の生活の中での優先順位が間違っていたことに改めて気がついたわけなのです。

普段の生活の流れがルーチンで決まってしまうと、その流れの中にいることが楽なので、どうしてもそこに染まっていってしまうわけですが、それを定期的に見直してみて、行動を変えてみると気がつくことも多いわけなのです。皆さんもこのあたりは心がけていくと良いと思います。

お金の科学を分析する

人はなぜお金に一喜一憂するのか?
そもそもお金とはなんなのか?
お金があれば本当に幸せになれるのか?

お金に対しての様々な不思議を 科学的に分析してみました。

無料レポートを今すぐこちらからご覧下さい。

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!