人生

【地方移住】GoToキャンペーンを活用し移住先候補を旅する

GoToキャンペーンを利用してただで旅する

GoToキャンペーンを活用し、様々な移住候補への街を旅し見て歩く。GoToキャンペーンを活用すれば、旅を利益に変えることもできるのです。まず最初に是非こちらの記事を読んでみてください。

GOTOキャンペーンを利益に変える方法GoToトラベルキャンペーンとは? 新型コロナの感染拡大が収束した後に観光の消費を促すGoToトラベルキャンペーンについて、観光庁は事...

地方移住の目的が何処にあるのか?

都会から地方に移住しようとする一番の目的が何処に在るのか?
この点を最初にはっきりとさせてから、候補地を絞り込んでいくことが大切です。
移住することで、自分は何を実現したいのか?

テレワークを快適にするための自分だけの空間がほしい
家族でゆっくり楽しめる広いリビングが欲しい

移動自粛規制が長期間続いたこと、テレワーク化が進んだことで移住を考えている人にとっては、快適な生活空間がなによりも優先されますので、広い家をより手頃な価格で買える街というのが選択肢になるのかもしれません。

自然に囲まれたスローライフを楽しみたい
農業に憧れている
大好きな富士山が見える場所に住みたい

これを機会に憧れていたライフスタイルを送るために地方移住を考えている人もいるでしょう。

しかし、思ったような理想の生活ができなければ、地方移住に幻滅し、元の生活に戻りたくなる気持ちが強くなってしまうかもしれません。そうなれば、余分なお金ばかりかかることになりますし、老後の人生設計が全て崩れてしまうリスクも高くなってしまいます。

そうならないためにも、移住の目的を明確にする必要があるのです。今の日本には様々な問題もあり、それぞれの問題が起きたとき、国に頼らず自立した生活ができることで、問題リスクを回避することにもつながるのです。今の日本の様々な問題も、この機会に改めてこちらから理解を深めてみましょう。

日本の年金問題はこの後どうなるのか?年金問題とは? 少子高齢化の進展により高齢者(年金受給者)の比率が急増し、積み立てられた年金原資の運用利回りの低下で公的年金の運営状況...
少子高齢化と日本のリスク少子高齢化はますます進んでいく! 日本は晩婚化や女性の社会進出、高学歴化など様々な理由により出生率が減少し少子化が進んでいる。また、高...
所得格差問題はどんどん広がっているという事実一億総中流社会 一億総中流とは、1970年代の日本の人口約1億人にかけて、日本国民の大多数が自分を中流階級だと考える意識を指す。 ...
人口減少問題
【人口減少問題が深刻化】2053年には1億人以下になる可能性も人口減少社会とは? 人口減少社会とは生まれてくる子供の数よりも亡くなる人の数が多いことが続き人口が減っていく社会のことを言う。 ...

地方移住の目的と場所を考える

ひと口に地方に移住といっても、様々なスタイルがあります。 自然に囲まれた田舎暮らしが目的なら、条件に合った場所を探す必要もあります。

農業を始めるにしても家庭菜園と職業としての農業では選ぶ場所や気候風土・サポートの有無などの条件も違ってきます。また、都会に住まいを残した形での二拠点居住というスタイルを実行する人もいるでしょう。

どんな選択肢があるのかを知った上で、自分の目的をかなえられる方法を考える必要があります。

地方の空き家問題は深刻化していますので、上手に活用すれば安価に手に入れたうえでリフォームし、快適な空間を得た上で、都心の拠点を残したままにすることも可能になります。

空き家問題
【空き家問題】日本中で空き家がどんどん増えている!【空き家問題】820万戸の空き家が発生 人口減少の中、空き家の数は年々増加しているが、活用次第では新たなビジネスにつなげられるし、低コ...

家族やパートナーとよく話し合う

移住の目的やスタイル、実現したいことが固まってきたら、家族やパートナーとも、それぞれが思う形、必要な条件も話し合いましょう。

一人では気づかなかったことや、新しいアイデアを一緒に考えてくれる協力者に家族全員がなれれば一番幸せなことですし、移住成功の確率がぐっと高まります。

地方へ移住する
【 アフターコロナ】東京一極集中から、地方へと暮らしが変わる新型コロナウィルスで人々の意識に変化 新型コロナウィルスは、現在やや落ち着いているように見受けられますが、第二波懸念などの報道もあり、...

移住先の候補を考え情報を集める

移住の目的やスタイルのイメージが固まってきたら、移住先の候補地を考えてみましょう。 最近では地方自治体が中心となり、移住サポートの事業を行っているところも増えていますので、インターネットを使って情報を集めることも容易になってきました。

うまく活用しながら移住先の候補を考えてみてください。 候補地が見つかったら情報収集、資料やパンフレットを取り寄せてみるとよいでしょう。GoToキャンペーンを活用し、その街で得られる特典も探してみましょう。

移住先での生活を体験してみる

移住してから「こんなはずじゃなかった」と思わないためにも、移住先の候補地にGoToキャンペーンを活用して何度も旅行にいってみましょう。

同じ場所でも季節によってはがらりと違うイメージをみせる場所もあります。北海道移住は冬を体験してから決めた方がいいと言われるくらい、冬場の生活は寒く厳しいようです。

現地体験ツアーや居住体験イベントを行っているところもありますから、GoToキャンペーンを活用することで、実際にはほぼただで視察旅行も楽しむことができるのです。

住まい探し

この街に移り住むという移住先が固まったら、合わせて住まい探しを進めましょう。 自分で不動産会社を回ってもいいですが、インターネットを活用すれば数多くの情報が溢れています。

売り物件も探せますし、賃貸物件も幾らでも探せますし、空き家を安価で見つけられるサイトもあれば、地方自治体が格安で移住者へ物件を融通してくれるところもあります。移り住もうと思う街でどのような支援を行っているのか?徹底的に調べ活用していきましょう。

移住を実行する

移住することがゴールではなく、そこから始まる新しい生活のスタートなのです。新しい生活に慣れるまでは時間もかかるでしょう。そして予想もしない出費が続く可能性もありますので、余裕を持って実行していきましょう。

家族全員に、新生活には様々なお金がかかることも理解させ、お金の大切さを理解させることが大切です。そしてだからこそ、本業以外にお金が入る仕組みを持つこと。家族も一緒にお金を稼げる仕組みを構築できることも大切になるのです。

GOTOキャンペーンを利益に変える方法GoToトラベルキャンペーンとは? 新型コロナの感染拡大が収束した後に観光の消費を促すGoToトラベルキャンペーンについて、観光庁は事...
ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!