人生

スティーブ・ジョブズの名言集

スティーブ・ジョブズとはどんな人物だったのか?

まずは、スティーブ・ジョブズの人物像について見ていきましょう。

スティーブン・ポール・ジョブズ (Steven Paul Jobs)
生年月日:1955年2月24日
生誕:アメリカ カリフォルニア州サンフランシスコ
死去:2011年10月5日

スティーブ・ジョブズはアメリカ合衆国の実業家であり、1976年4月1日にiPhoneで知られるアップル社をステファン・ゲーリー・ウォズニアックと設立。

モノづくりと芸術性を兼ね備えた稀代の天才経営者として時代を作り出し、革新的をコンセプトに生き切ったスティーブジョブズ。ピクサー社の元CEOでもある。

スティーブ・ジョブズの名言集

スティーブ・ジョブズが残した名言は様々あるがその中でも代表的なものを紹介していきます。

私達が唯一持っているものは時間なんだ

私が目指すのは球が向かう先であって、それがあった場所ではない

成功を収めた時、用心しなくてはいけないのは傲慢。

人生は謎めいていて、驚きに満ちている。一歩先は全く分からない。

(最大の強みは?)素晴らしい才能に溢れた人達との出会いに恵まれ、そういった人と時間を過ごせたこと。

時間を自分の経験に投資すると負けることはあり得ない

失敗したとしてもその”経験”だけでも失った物の10倍はあると理解していた

失敗する覚悟も必要だね
行動に移さなきゃいけない。

多くの人は助けを求めないから得られないことが多い。

人生を受け入れ、変え、良くし、足跡を残す…。それが大切だと思う。

大人になると世の中そういうもんだと教えられる。そしてその中で壁にブチ当たらないよう、良い家庭を持ち、楽しみ、お金を貯めろと言われる。

会社を設立するのは大変で情熱がなければ、すぐに諦めてしまう。

多くの人はお金儲けの為に会社を始めますが、そうやって成功した人は多くはありません。

実際に成功するのは会社どうこうではなく、ただ世界に向けて表現したいことがある人達なんです。

私たちは賢い人を雇う。次に何をすべきか教えてもらうために。

シンプルであることは、複雑であることよりも難しい。

それでも人類は先に進み続ける必要がある。

今日、歴史を作ろう。

偉大な職人は見えなくてもキャビネットの後ろにチャチな木材を使ったりしない(ジョブズは外からは見えないパソコンやiphone内部の部品の配列にまでこだわった。)。

先人達が残してくれたあらゆるものに感謝しようとしてきた。そしてその流れに何かを追加しようとしてきた。そう思って私は歩いてきた。

僕が使っている言葉も数学も僕が発明したいわけではない。同じ人類の先人達が作ってくれたものなんだ。僕は全力で心の奥底にあるものを表現しようとした。

何が私を駆り立てたのか?クリエイティブな人というのは先人たちが残してくれたものに感謝したいと思っているはず。

何より心があることが大切だ。

コンピューターは様々な機器の中核を担うデジタルハブになる。

私達はテクノロジーと人間をつなげることを目指しています。

成功と失敗の一番の違いは途中で諦めるかどうか。

新しいことを始める時に一番大切なことは、それを成し遂げたいという情熱です。

クレイジーな人達をたたえよう。はみ出しもの、反逆者、トラブルメイカー、彼らは四角い穴に丸い杭を打ち込む。彼らを無視することはできない。なぜなら彼らは物事を変えたからだ。彼らは人間を前進させた。彼らはクレイジーと言われるが私達は天才だと思う。

私がしたいのは性能の良いコンピューターを作ることではない。コンピューターを使って感動を巻き起こすことなのだ。

技術は短期間で廃れるが生み出された物語は何十年、何百年と受け継がれていく。

何を捨てるかで誇りが問われ、何を守るかで愛情が問われる。

この地上で過ごせる時間には限りがある。本当に大事なことを本当に一生懸命に出来る機会は2つか3つしかない。

(ジョン・スカリーに対して)一生砂糖水を売るつもりか?それとも世界を変えるチャンスを手にしてみる気はないか?

17歳のとき、こんな文章を読んだ。『毎日、今日こそが自分の最後の日だと思うようにすれば、いつの日か、自分が正しかったということを確信するだろう』この文章は、強烈な印象を私に与えた。それ以来33年間、私は毎朝、鏡に向かって『もし今日が自分の最後の日だとすれば、今日しようと思っていることが、本当にしたいことだろうか?』と自問するようにしている。もしその答えが「ノー」だという日が何日も何日も続くようであれば、何かを変える必要があると思うわけだ。

何かを成し遂げて、それがすごく上手く行ったとすれば、さらに別の何か素晴らしいことをするようにすべきだ。その成功に胡坐をかいていてはいけません。その次だけを考えるようにしなさい。

弱い自分と握手をするな。

人って字かお互いが支えあってできていると聞いたことがあるだろう。しかしそれは間違いだ、人って字はな片方がもたれかかっているのをもう片方のやつが一生懸命支えてる字なんだよ。よく覚えておけ。

常識?あ~凡人が仲良く生きるためのルールか!

泣きたいときは泣けばいい。笑いたいときは笑えばいい。自分を隠して生きたって楽しくないだろう?

ベストを尽くして失敗したらベストを尽くしたってことさ!

松下幸之助の名言集松下幸之助名とはどんな人物だったのか? まずは、松下幸之助の人物像について見ていきましょう。 松下幸之助(まつした こうのす...
ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!