暗号通貨

【 大口投資家・資産として意識 】ビットコイン上昇が前回までとは違う3つの要因

ビットコインは、通貨ではなく資産

ビットコインなどの仮想通貨が2017年に大ブームとなりました。数百円購入して放置していただけで、億り人と呼ばれる、資産が億に到達する人も現れテレビでも話題になりました。ただ結果的には、宝くじが当たった・・に近い、いやそれより酷い現象となりました。

2017年末につけていた1BTC=220万円は、暗黒時代となる翌年2018年には、あれよあれよと約36万円までの下落を見せました。仮に高値で1BTCを購入していたら、220万円が36万円まで目減りしたということになります。

しかしそんなビットコインが再度注目を集めています。今回は通貨という見方よりも、資産という見方が強まれば、さらに価値は上がり注目されると考えています。呼び方も仮想通貨から暗号資産となっていますが、このビットコインを含む暗号資産の今後は、前回までの上昇と比べどう違うのか?3つの要因を用いて解説します。

ビットコイン注目要因その①:主要先進国が注目

2017年のビットコインブームは、日本人でもごく一部の人が盛り上がり、その他の人はなんか良く分からない・・こんなイメージだったと思います。日本であまり好印象を持っていない人もいます。その最大の理由としては、仮想通貨がネットワーク(勧誘)ビジネスに用いられていたということころです。ネットワークビジネスを全否定する気はありませんが、やはり勧め方を見ていると不信な点は多いです。「ここだけの話」「今、投資したら何十倍になる」「CEOと繋がっているから任せて」

実は、僕自身も2018年は色々な出会いを頂き、お手伝いをさせていただいたプロジェクト、実際投資したプロジェクトはいくつかあります。ただ率直な感想としては、仮想通貨市場全体が未成熟な状態でした。

これは良くも悪くも無法地帯になります。当然能力の高い人も参入してきているでしょうが、うまい話と飛びつき参入した人もいるでしょう。このようなものは2020年は淘汰されていると考えられます。また、このような中で育った市場ですので、金融庁のチェックも日々日々厳しくなっています。日本のみならず、主要先進国は全てそうではないでしょうか。

ただし発展途上国はまた違う動き、「通貨として扱おう」などという国も出ていました。そのような取り組みは、あまりうまく機能したと現時点ではいえません。国内でも、ビッグカメラがビットコイン支払いなどを導入し話題になりましたが、実際ビットコイン支払いで購入したのは、ごくわずかの仮想通貨支持者と中国からの観光客です。

ただし現時点でこの流れが変わってきており、主要国でビットコインを資産としてみる動きが出ています。

これは、2018年のある意味ショック的な中でもまだビットコインが残り続け、現段階でも1BTC=130万円(執筆時点)に戻しているからではないでしょうか。

ビットコイン注目要因その②:ゴールドに参入、大物著名投資家たち

投資を行う上で、世界の著名投資家の動向は気になるところです。そのまま真似るもよし、考え方を参考にするもよしですが、当然ですが全ては自己責任、自己判断の世界。そのような中で最近気になる報道がありました。

ウォーレンバフェット氏の金(ゴールド)への参入です。

バフェット氏は、過去に金の参入にたいしては否定的でした。理由は「生産性がない」ということでした。 バフェット氏の投資は企業や農業などの活動に投資をしています。そこから多くの生産が生まれますが、ゴールドは、資産ですね。そこに価値を感じていないとの考えでしたが、その考えが変わってきています。

銀行株を減らし、カナダの産金大手会社バリック・ゴールドに資金を投じています。ゴールド価格は、2011年につけた史上最高値を更新したところですが、ここから考えられることは、長期投資で有名なウォーレンバフェット氏が資金を投じるということは、長期的に金鉱山会社は注目ということです。

バフェット氏の投資に変化が?銀行株を売却して、金鉱山株を取得バフェット指数に注目 ウォーレン・バフェット氏が推奨する株価指標が30カ月ぶりの高水準になっています。これは、世界の株式が過大評価され...

さらに著名な投資家ジムロジャーズ氏もゴールドにたいして肯定的です。「政府の不信感が高まるとき上がる」と過去に発言されていますが、これはまさに世界各国の政府が新型コロナウイルスの対応で大変な時期にあるということです。

ゴールド=資産です。これで考えられるのが、ビットコイン=デジタルゴールド。さて、仮想通貨に否定的なバフェット氏とロジャーズ氏ですが、ゴールド同様な考え方になるでしょうか。ジムロジャーズ氏が最近気になる発言をしました。

「もし私がもっと賢ければ、最初に人から仮想通貨について聞いた初期の段階で購入していただろう。」
「もし将来値下がりすることがあって、その時私に十分な知識があれば購入するかもしれない。」

否定的だった内容に、少しずつ変化が出ているのが上記の発言からも分かります。バフェット氏、ロジャーズ氏双方にいえるのが、投資家だということです。投資家は考えに固執しすぎずに、大きく行動を変えることは多々あります。そういう意味では、ゴールドに注目が集まる現時点で、ビットコインへの流れも期待したいところです。

こちらの記事も合わせてお読み下さい:ビットコイン上昇と人の心理

ビットコイン注目要因その③:投資家心理は、買いを呼ぶ

注目要因②で紹介した、著名投資家2名の考え方、これを知ってどう考えましたか?ならゴールドを買おう、ビットコインも面白いかも・・と思った方も多いのではないでしょうか。

当然、発信された事実をこちらでは執筆していますが、それと同等に重要なのが、それらの情報を知った投資家の次なる行動です。影響力のあるバフェット氏がゴールドに注目したということは、さらに買いが買いを呼ぶ可能性があります。ロジャーズ氏が仮想通貨への投資を考え出すのであれば、考えてみようかなと思う人、購入してみようとする人もいるでしょう。マーケットは、このような心理的要因も加わり、上下を繰り返しています。

ビットコイン上昇に主要国や大物著名投資家が絡み出すと、前回のビットコイン(仮想通貨)バブルといわれた2017年とは一味違う上昇を見せると考えています。

こちらの記事も合わせてお読み下さい

ゲームとブロックチェーンの可能性スマホゲームでビットコインを稼ぐのが当たり前の時代に? 今後の大きな可能性として、スマホゲームを使ってビットコインを稼ぐ方法については...
ABOUT ME
Hatanaka
Hatanaka
投資歴16年。過去には様々な投資案件を行ってきており、為替FX、暗号資産(仮想通貨)分野に精通しており、現在は、トレーダー講師としても活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!