Uncategorized

AI TRUSTで2020年に作成レポート振り返り【予想通りの結果に】

昨年AI TRUSTではいくつかのレポートを作成しましたが、再度振り返ってみるとその結果は予想通りの結果となっています。

2020年に予測したことがそのままの結果に

下記が実際にAI TRUSTで出したレポートとなります。

①半減期後のビットコイン価格を占う
②ソフトバンクGの価格はどうなるか?
③プラチナ価格上昇も的中
④ファイルコイン価格形成論

①半減期後のビットコイン価格を占う

こちらのレポートは昨年の2月10日にアップしたものになります。

このタイミングでは6,000ドルから9,000ドルで推移していた価格に対して、50,000ドルを超える水準を予測しています。

どのような基準で判断をしているのか?

改めて振り返りこちらから学んでみてください。

>>今すぐダウンロードする

②ソフトバンクGの価格はどうなるか?

こちらは2月13日にアップしたレポートとなります。

このタイミングはまさに新型コロナ禍の中で、市場は大きく下落している最中でした。

しかも、ソフトバンクGにとっては様々な悪材料が重なり、株価は大きく下落するリスクが高く、実際に3月には大暴落をしました。

しかし、そのような中であっても、11月の大統領選の時には、2月の価格から比べて、50%上昇する予測を立てています。

この予測も見事に的中していますね。

>>今すぐダウンロードする

③プラチナ価格上昇も的中

ACB(アフターコロナ バブル)サロンが立ち上がった7月の段階で、銀価格が上昇することを予測しましたが、見事翌月には50%を超える上昇となりました。

そして、サロンメンバーへの8月23日の限定メルマガの中では、プラチナ価格が上昇することを予測しましたが、当時3,000円/gだった価格は、現在4,200円/g程度まで上昇をしています。

こちらも見事に的中となりました。

>>【プラチナ価格予想】2021年の見通しは?これからどうなる?

④ファイルコイン価格形成論

そして圧巻がファイルコインの価格形成論でした。

こちらは昨年の10月14日に作成されたものとなりましたが、暗号通貨取引所に上場する前段階で、、上場後の価格について様々な視点から予測しています。

現在は予測を大幅に上回る価格で、先週は220ドルを超える展開もありました。

今後も堅調な価格推移が予測されるファイルコインですが、どのような視点から価格形成を判断すれば良いのか?

こちらも改めてダウンロードして学び直してみてください。

>>今すぐダウンロードする

今後の予測もすべて下記のサロンにて公開中!

過剰流動性資金が継続的に流入する金融市場を活用し資産を築く方法、After Corona Bubble(ACB)の開始時からの変動率を表示しています。

ACBは2020年7月1日からスタートしましたが、コロナ渦での金融市場全体が不透明な状況でも  着実に高い成果を出しています。

 

acb_index

ACBでは、メンバーだけがログインできるサイト内に特別な情報を凝縮しています。

新型コロナの世界での感染拡大と、経済指標を独自に組み合わせることで、金融市場全体の方向性を予測しています。

株式市場、暗号通貨市場、金銀レシオ、為替動向、モノの資産と過剰流動性資金の移動による市場の上下動を上手に掴み各市場で継続的に収益を掴むための独自指標が満載されています。

実際に、ACBサロンが立ち上がった当初から金銀レシオに注目し、過剰流動性資金の流れ先として銀への注目を促していましたが、これが見事的中し、短期間で銀価格は大きく上昇しました。

会員サイト内には様々なコンテンツが凝縮しています。

動画セミナー、eBookレポート、銘柄比較ツールなど全てがここに凝縮しています。

アフターコロナの時代を強く賢く生き抜く上で、新型コロナによる金融市場の大きな上下動の変化を分析する最強のツールがACBなのです。

詳しく詳細を今すぐ下記からご確認下さい。

ABOUT ME
【AI TRUST編集部】大泉
AI TRUST編集部の為替担当大泉です。FX、為替歴は11年。今までにトレーダーとしても活躍。最近は為替の自動売買ソフトのアドバイザーなども務めており、為替のプロフェッショナル。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。