経済ビジネス

金融市場の次の暴落を読み解く

過剰流動性相場の終わりは来るのか?

現在の様々な金融市場の上昇の終焉、暴落はどう読み解くのか?この点については全ての投資家が様々なニュース、情報を読みつつ、予測していることかと思います。

これを読み解く大切なポイントはいくつかありますが、基本的に大切なポイントを言えば、紙幣を刷り続ける行為はドルペック制度が崩壊したあと継続的に行われており、それが様々な金融ショックがあるたびに、加速して膨張しているという点にあります。

世界インフレ
【中期】世界でお金をばらまき続けるとどんなことが起こるか?問題の先延ばしは繰り返される! 結局のところリーマン・ショックの問題先送りのしわ寄せが今訪れている。 当時の債務問題の殆どが先延...

膨張する中央銀行のBS

日銀、FRB,ECBのBS(バランスシート)は継続的に膨張しており、新型コロナへの経済支援のために、更に膨張スピードが加速しました。

現在はバランスシートは高止まりの状況の中にありますが、アメリカでは次の金融支援策が行われますし、日銀やECBにしても、経済の落ち込みが継続するようであれば、さらなる金融支援策が行われることになるでしょう。刷られ続ける紙幣の価値は継続下落をすることになります。

公的債務1,270兆円増加をどう考えるべきか?急増する世界の借金 経済協力開発機構(OECD)加盟37カ国の2021年の公的債務残高(国・地方公共団体・政府系機関・中央銀行などの公...

ボラティリティの高い展開は続く

現在気がかりな点としては、FRBのバランスシートが高止まりする中で、株価の上昇が止まらないため、ワニの口が大きく開いた状況にあることです。

これは既に今の株価が高値圏にあることを意味していますし、Amazonのジェフ・ベックを始めとした富裕層の自社株式売却が加速していることをみても、一度調整局面があることは確実だと考えるべきです。ただし一本調子の市場の下げが起こるのではなく、ボラティリティが高い状態での上下動が続くのではないかと考えています。

コロナ第二波での暴落は?

コロナ第二波がすでに来ているのか?それともこれは第二波ではないのか?一度は感染が落ち着いたEU各国でも感染再拡大が続いていますが、今の状況が第二波だとしても、本当に大きなショックは秋以降に来ると考えるべきでしょう。

最悪な展開は新型コロナの蔓延が止まらない中でのインフルエンザの大流行です。そうなれば、医療崩壊は必ず起きますし、死亡者数が激増することになり、各国でロックダウンが再び行われることになるでしょう。このタイミングで即座に金融支援の追加発表を行うのかといえば、必ず全体額や方向性についての調整がありますので、時間的なズレが発生します。そこで大きな金融市場の下落があると考えられます。

ただしインフルエンザの流行がなく、コロナの流行だけで収まり、大規模な医療崩壊にもつながらないようであれば、下落は一定で収まることになるでしょうし、収まらず株式市場は高止まりしているということも想定できます。

どの市場が一番下がるのか?

ショック安のタイミングでは、過剰流動性資金が全て逆回転に回ることになりますから、全ての金融市場が暴落します。上がりすぎていた反動で大暴落となることも覚悟すべきでしょう。希少性から買われている金や銀にしたところで、現物の売買ではなく、先物市場での金融商品としての売買が主となっていますから、ポジションの手仕舞いにより、価格は大きく下げることになります。

株についてはGAFAMのようなプラットフォーマーは引き続き業績は好調となるでしょうし、下落場面は押し目買いのチャンスと見るべきでしょう。ただし何処が底値かというのは、その時の状況次第によって全く変わると思います。新型コロナによって業績が低迷する企業については、業績低迷が長期化すると考えるべきで、たとえ株価が更に下がったとしても、購入は慎重に考えるべきでしょう。

暗号通貨市場は最も大きな下げを見せる可能性が高いと思います。元々ボラティリティが高い市場ですから、このあとの上昇が加速すればするほど、市場のバブル感が高まるわけで、高騰する市場のお祭り騒ぎに冷水が浴びせられたとき、皆が冷静になって一気に逃げ出す可能性が高いのです。

そしてそれをじっくり見極めるクジラと言われる大口投資家は売り浴びせをするでしょうし、信じられないような下落幅になることも充分考えておくべきでしょう。となれば、今のうちに利確をしたほうが良いのか?といえば、暫くは上昇相場は続くと考えていますし、くり返し言うことですが、あくまで自己判断で考えるべきなのです。

セミナーでより詳細をお話していきます

今後の金融市場それぞれの市場展望については29日のウェブセミナーの中で、よりわかりやすいように詳細をお話していきます。

抑えるポイントを理解すれば、このあとの市場は大きなチャンスとして活かす事ができます。下落場面こそ、短期間で大きな利益を上げるチャンスがあるのですから。

Fake Exposeオンラインセミナー

偽物を暴け!Fake Exposeウェブセミナーが8月29日に開催されます。

第一部:新型コロナ感染拡大と次の金融市場暴落時期について

第二部:Fake Expose 偽物案件を暴くポイント

第三部:スマホアプリでビットコインを日々稼ぐ仕組み

より多くの方に参加頂きやすいように参加費用は1,000円(税込)です。

そして参加頂いた方全員に、セミナー後に3,980円で販売される“ Fake Expose 5プロジェクトレポート ”をプレゼントします。

このレポートは日本で人気のある5つのプロジェクトについて、AI TRUSTで綿密に分析評価した内容となります。

1,000円支払うだけで3,980円得するセミナーとなります。

申し込みは今すぐこちらからどうぞ!!

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!