株式

過剰流動性相場における株式投資の考え方

企業業績を伴わない、不健全な株高

新型コロナ不況下における経済対策のため、世界各国の中央銀行による未曾有の金融緩和・量的緩和政策によって過剰流動性相場が発生している。

経済を持ち堪えさせるために刷りまくり、空前絶後の規模で市場へ投入された紙幣は行き場を失い、リスク資産に流れこみ始めた結果、世界の株価だけは元の状況に戻りつつある。

業績回復を伴わない不健全な株高である。

もし株式市場が、これまで通り経済実勢、企業実勢を素直に反映するならば、今後どこかで下落に転じる可能性は高いとみて良いだろう。

しかし、問題は、それがいつか?ということである。

もし前項の通りであれば、今からでも素直に株を売りたいところであるが、現在は100年に1度と言われたリーマンショックに勝るとも劣らない規模の金融非常事態に対応した過剰流動性がまさに世界規模で供給されているので、

一本調子の下げが起こりにくい相場になっている。

このような場合、どのようなきっかけで下落・再上昇のサインとなるか?

既に株のセオリーで言えば論理的に説明できない水準の価格が世界中で平然と付けられている今、結局のところ政策云々や相場のロジックでは無く、投資家心理となってくると言わざるを得ない。

現在の企業業績や景気の本格回復を全く伴っていない株高・円安相場では、市場が総楽観論に傾いた時が危険な兆候となる。

今、皆周りを見回して見て、どうだろう?

この先の相場の行く末

新型コロナのパンデミックを受け、米国では、昨年3度の利下げに加え、再び金融の量的緩和に踏み切った。加えて、米国は大統領選を控えて、さらなる減税策も示唆している。

我が国も欧州も未曾有の金融緩和策を続けているし、支援金や給付金などのヘリコプターマネーも連続投下されている。

これが全世界で行われているのが実態だ。

世界の金融バランスを崩す是非を問わず、今は自国の経済の立て直しを最優先せざるを得ないことに加え、各国が他国への出遅れを恐れ、スピーディーに、且つ前例の無い規模でそれが行われている。

つまり、過剰流動性の底はまだ見えず、一段と拡大する方向にある。総じて株高は進行していくだろう。これはまさしく、バブル的様相そのものである。

この状況下で、今まで投資に対して弱気だった人たちが強気に転じると、相場は往々にして逆に動くことが多いので注意が必要だ。

過剰流動性相場での株式投資戦略

不健全な株高である、と理解していても、ではそんな相場を個人の力で是正できるかというと、そうではない。

つまり、残念ながら投資家はこの過剰流動性相場に乗る他、選択肢がないのである。逆に言えば、この相場をチャンスとして利用するのだ。

この相場における有効な株式の投資戦術としては、妥当な株価と現在値の乖離である「ミスプライス」をピックアップしておくことだ。

何度も言うが、今の株価は余剰の大量の資金がとりあえず流れ込んできて作られた価格であり、企業の業績予想を正しく反映した理性的な数字ではない。

今回の新型コロナウイルスが発端となって市場が激しい上下の動きを見せた2月後半以降で、市場の中で相対的に業績見通しが上方修正されているにもかかわらず株価が下落している銘柄はポジティブなミスプライスであり、

逆に下方修正されているのに株価が強い銘柄はネガティブなミスプライスという扱いになる。そのミスプライス銘柄を選定し、優先的に売り・買いを入れておこう。

市場が冷静さを失っているタイミングだからこそ、自分自身は冷静に分析を行い、正しい株価へいつ調整が始まってもどっしりと構えられるような、余裕を持った戦略を心がけるのだ。

もしそういう銘柄が選定できない、と言う場合は、日経平均に名を連ねるような企業、つまりは日本を代表する企業銘柄をピックアップしておくことをお勧めする。

過剰流動性相場によって、流れ込む資金で押し上げられる株価の恩恵を、最も安定的に享受できるだろう。

今の上昇幅が大きいからとボラティリティが高い銘柄を選ぶと、下落時のリスクが非常に高くなる。

これが2020年3月あたりの底値水準であれば旨味はあろうが、既に新型コロナ前の水準に株価が戻っている今は、避けた方が無難であろう。

アフターコロナバブル ウェブセミナー開催します!

世界経済は2020年、マイナス6%成長と戦後最悪を記録することが予測されています。しかし、そのような中で世界中の株式市場は高騰し、ナスダック市場は最高値を更新しました。

日銀、FRB、ヨーロッパ中央銀行、それ以外も世界各国の中央銀行が過去に例がない極端に大きな資金を、コロナ対策費としてつぎ込んでいます。これにより世界の株式市場は完全な過剰流動性相場、アフターコロナバブルです。

アフターコロナバブルの最適化分散投資方法はどのような形となるのか?

米国優良TEC銘柄の分析、売買のタイミングの最適化を図るオンラインサロン。

6月20日のウェブセミナー参加者全員にサロン無料招待致します!
詳細はこちらからご確認ください。

ABOUT ME
【AI TRUST編集部】大泉
【AI TRUST編集部】大泉
AI TRUST編集部の為替担当大泉です。FX、為替歴は11年。今までにトレーダーとしても活躍。最近は為替の自動売買ソフトのアドバイザーなども務めており、為替のプロフェッショナル。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!