恐慌特集

大恐慌に打ち勝つ戦略とは?

日経EA

2020年に大恐慌がやってくる!!

金余りが続く世界の中、長らく続く金融バブルの終焉がいよいよ終わりの時が近いのか、様々なリスクが表面化している。

次の恐慌はいつどのような規模で訪れるのか?

これを読み解く大切なポイントが幾つかある。

金余りの金融市況、マイナス金利が増大する中で、お金の逆流が起こった時、想定以上の株式市場の大暴落が起こる可能性が非常に高く、様々な指標の中から、既に恐慌につながる前兆が見え隠れしている。

これを理解するだけで恐慌をある程度予測することが可能となる

過去の上昇、下落トレンドをチェックすべし!

長期間かけて上昇した相場は、暴落は本当に短期間で起こる。特にクオンツトレードが浸透している現在において、超短期間に極端に相場下落するリスクも非常に高い。

これ以外にも幾つもあるが、AI TRUSTには恐慌を予測させる様々なニュースが掲載されているので、それを参考にすることも非常に有効である。

そして恐慌をいかにして自らの投資に活かすか?

このポイントはエキスパート・アドバイザー、EAの活用にある。

“ 日経ベア戦略EA ”

このEAで持つポジションは、現在持つ資産、金融商品、投資に対しての保険の役割を果たすことになる。

金余りの中の相場上昇時、その流れを上手に活用し資産形成しつつも、大きな相場下落のときに大きく収益を上げるポジションを、EAを使って持つことができれば、他の投資に対しての非常に大切な保険の役割を果たすことになるわけだ。

ビットコインは1年で投資資金を50倍に増やせた

暗号通貨投資を行っている人であれば、2018年の暗号通貨市場の大暴落の状況を思い出してほしい。

もし、仮に2018年1月に、暗号通貨市場への売りを建てることが出来ればどうなっていたか?

2018年1月、ビットコイン価格が200万円以上で売りのポジションを10倍のレバレッジをかけて保有し、2019年1月、ビットコイン価格が40万円で買い戻せば?

手数料等を考慮せずシンプルに計算すれば、元本は50倍に膨れ上がった。

たった1年で投資資金を50倍に増やす投資が出来た事になるわけだ。

下落相場では大きな資産を形成できる

上昇相場で勝つ以上に、下落相場では短期間で大きなリターンに繋がる。

大きな資産を形成する10年に一度のチャンスとなる。

株式市場、為替市場、暗号通貨市場など、恐慌が来るときには全て連動して大きく下落する。

恐慌時、地政学的リスクが表面化したとき、為替は新興国の通貨が暴落する。

自宅など、不動産の価値も大きく下落する。

特に日本の場合、少子高齢化も重なっているため、さらなる下落が予想される。

日経ベア戦略EAは保険機能があり、利益を出せる

日経ベア戦略EAを活用することが他の金融資産の価値が下落する中で保険の役割を果たすことになる。

他で持つ資産価値が下落する中で、大きな利益を上げることができるわけなのだ。

しかも、日経ベア戦略EAで上げる利益は現金であるというのも強い!!

その現金を活かし、下がった暗号通貨市場でビットコインを買うこともできるし、他の金融資産に買いを入れる事ができるわけである。

下げで稼ぎ、その後の上昇でも稼ぐ、洗練された投資を行うことができる。

大多数の投資家が右往左往する中で、余裕を持って投資対応することができる。

現在の世界の状況を見渡したとき、この上なく強烈な武器をもつことになる。

“ 日経ベア戦略EA ”は、盾と矛の両方の役割を果たす全ての投資をヘッジする武器となる。

“ 日経ベア戦略EA ” の詳細を今すぐ確認してみよう!!

日経ベア戦略EAを見てみる

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!