Defi

暗号通貨市場で効果的に行う投資方法は?

変調する市場で有効な投資方法は?

AI TRUSTでは4月の段階から、暗号通貨市場の局面の変化を伝えてきました。

そして、実際にその通りの状況となり、今に至っています。しかし、このような状況の中でも、手堅く暗号通貨市場で収益を上げられる確率の高い、いくつかの方法がありますので、こちらをシェアさせていただきます。

自分自身、暗号通貨市場には、ビットコインが立ち上がった当初から、サトシナカモトの論文を理解し、長らく携わってきました。ビットコイン投資は日本でも最も早く行っていましたし、ビットコインマイニングも日本人では最も早く、大規模に行っていました。

2017年の暗号通貨バブルと2018年のバブル崩壊も、日本全国でのセミナーの中でも伝えてきましたが、長らく暗号通貨市場に携わった経験の中で、投資という尺度から見た場合の効果的な投資方法の一つを今回はシェアします。

メインローンチ前、直後の有望プロジェクトへの参加

技術が画期的であったり、新規性が有望であったり、既存のブロックチェーンの問題を解決する優位性があったりと、有望なブロックチェーンプロジェクトをみつけ、メインローンチ前にそのトークンを手に入れる方法は非常に投資効果が高い方法で、いくつかの方法があります。

そのひとつとして、ICOに参加するという形がありますが、様々なプロジェクトの中での真贋の見極めは本当に難しいですし、暗号通貨バブルが弾ければ、そのトークンは無価値化するリスクも高く、全くもってこの方法はおすすめではありません。となると、このトークンを効果的に手に入れる方法としては2つの手段が考えられます。

それが下記の2つです。

①マイニング案件への参加
②Defiの活用

順番に説明していきます。

①マイニング案件への参加

ひとつはマイニングを行うことです。しかし個人が簡単にマイニングなどできるものではありませんので、マイニング案件に参加するという方法となります。テストネット当初からのマイニングに参加すれば、かなり効果的に大量のトークンを手に入れることができます。

メインローンチ後であっても、早ければ早い参加ほど、大きなリターンを得られる可能性が高いです。マイナーの絶対数、競合も少ないため、効率良くトークンを得られるのです。

AI TRUSTでも、ファイルコインのマイニングに関してはいくつかのマイナーを紹介しました。マイニングに参加する価格も、最初の頃と比べて既に3倍以上まで価格は上昇しており、費用対効果は歴然で、できるだけ早い段階で参加することが高いリターンにつながります。

トークンが大手取引所に上場後、そのトークンが人気化すれば、短期間で元本を回収した上で、大きなリターンを得ることができる可能性が高いです。

マイニング機材を所有する場合、この費用は経費として計上できますから、暗号通貨で得た利益と相殺できる点もメリットです。法人であれば利益の先延ばしも可能となり、効果的な税務対策を行えます。

②Defiの活用

そしてもうひとつはDefiの活用です。人気が高くなりつつあるDEXで、2つのトークンペアを貸し出しし、その見返りとして、そのDEXの独自トークンをインセンティブでもらいます。独自トークンが取引所に上場前であれば、上場後には、やはり大きなリターンにつながる可能性が高いのです。

どの程度の上昇が見込めるかは、そのDEXの人気化、成長力によって変わりますので、この見極めが非常に重要になります。ファイルコイン価格形成ツールを利用される皆さんには、この特別な情報はシェアさせて頂きますので、楽しみにお待ち頂ければと思います。

この方法のメリットとして、インセンティブで得られるトークンの価値が上昇しなくても、2つのトークンペア貸し出しでのリスクがなければ、損をすることもない点にあります。IRONで起こったTITANの無価値化のパターンとは全く違うのです。

*IRONで起こった出来事はこちらの記事から理解を深めてみてください。

【Defiの難しさ】IRONの暴落劇でまだあまり語られてないこと今週、IRON / TITAN という暗号通貨DeFiプロジェクトが暴落し注目を集めました。 高利回りで人気が集中して活況だった ...

貸し出しする通貨ペアの市場価格が継続上昇すれば、インセンティブトークンの利益だけでなく、貸し出しペアトークンを高値で売却することによって利益も得られますし、ペアトークンは長期保有しつつ、インセンティブトークンのみ売却して、利益を継続的に得るという判断もできます。応用性の高い方法だと思います。

今回紹介した、有望プロジェクトのメインローンチ前、ローンチ直後のマイニング案件への参加、そしてDefiを活用して未上場のインセンティブトークンを得る。この2つの方法は、現時点での暗号通貨市場への投資手法としては、非常に手堅い手法だと考えられますので、是非参考にしてみてください。

ちなみに今、非常に有望だと思っているプロジェクトがあり、こちらのマイニングは非常に大きなポテンシャルがあると考えており、現在粛々とテストを行っていますので、こちらの情報も楽しみにお待ち頂ければと思います。

ABOUT ME
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!