暗号通貨

【 暗号資産 】億り人を襲う恐怖、納税は国民の義務です

億り人から戻り人へ

税金という専門分野が含まれています。あくまでもいち個人投資家の経験からお話します。

ビットコインやその他、草コインと呼ばれていたアルトコイン。数年前に、ほんの軽い気持ちで数十万〜数百万円などを投資した人たちは当時、あれよあれよと資産が膨らみました。そしてADA(エイダコイン)でいえば400倍もの価値がつきました。

・10万円分購入で4000万円
・100万円分購入で4億円
・1000万円分購入で40億円

あり得ない!いえ、当時はあり得たのです。宝くじなんて買っているのが、もったいないってくらいの確率であり得ました。そして、2017年の仮想通貨バブルでは、途中買い増しをしても、しても、資産が増えていく、まさにバブルの状態が起きました。

そこから年が明けて悲劇の「コインチェック事件」でビットコインを含む、仮想通貨市場は、一気に大暴落。さらには、世界の規制、国内でいえば、金融庁の厳しい規制が入り規制の影響もあり、下落が続きました。

一瞬で億万長者になった人が、一瞬で資産が溶ける、戻る展開へ。

” 億り人から戻り人 ”

そう呼ばれるようになりました。

戻り人は損をしていないのではないか

ただ億り人はあくまでも ” 推定億り人 ” の人が多かったのです。理由は、決済をしていないというシンプルな理由です。決済をするということは、保有している暗号資産を日本円に替える行為です。ここで儲けが出ている人たちには、このようなことが頭をよぎります。

「税金を払いたくない」払いたくないというのは、僕の勝手な妄想も含まれていますが、暗号資産にたいしての税金は非常に高く、最大で55%(住民税を含む)を税金として納めなければいけません。

” 1000万円儲けが出たら550万円は税金 ”

投資では、どうしても目先の利益が脳裏に焼きつきます。ですので、現実逃避をしてしまい、「税改正されるまで、もう少し保有しておくか・・」など、悪魔のささやきと利益を確定したくない欲が働きます。バブル相場では、いつまでも伸びるのではないか?とある種の錯覚をしてしまいますね。そんなことを考えているうちに、億の数字が、元に戻ってしまった状態になりました。

安く購入し、買い増しをしていない人は、大きな利益をとりそびれただけで済みますが、追加で高値で買い増しをした人はどうでしょう。これで大きな損失を出した人もいます。さらには、日に日に増える取引所口座に目を輝かせながら、豪遊し、遊び回った人は、その分の資金は無駄にかかってきます。

しかし、本当の恐怖は、まだ始まったばかりなのです。

突如襲う、税金地獄

億り人が、戻り人、” あーあ損したねー ” これだけで終わりでしょうか? いえいえそうではありません。実は、税金が待っています。国税庁が示したこのルールをご存知でしょうか。

『保有する暗号資産を、他の暗号資産を購入する際の決済に使った場合は、その時点での他の暗号資産の時価(購入価額)と、保有する暗号資産の取得価額との差額を所得金額とみなす』

含み益だった、暗号資産を別の暗号資産に移すことで、 ” 課税 ” となるということです。

今年、2020年は国税当局は、無申告者を徹底的に洗うとの情報もあります。換金してもう手元に暗号資産はない、価格が暴落したから支払えないではなく、暗号資産の乗り換えによる課税の変更はありません。

” 海外で今は暮らしている・・” といった人は大丈夫でしょうか? もちろんケースにもよりますが、暗号資産の投資をしていたときに日本国籍であれば、当然そのときの税金は日本に支払う必要があります。

暗号資産は、まだまだ盛り上がる可能性

暗号資産市場は、ビットコインを中心に上位10銘柄は、面白い展開を今後見せてくれる可能性があります。そんなときに、先ほどの税金のことはしっかりと頭に入れておいてください。 ” 自分だけは大丈夫 ” 結構、この考え方の人は多くいます。僕自身が、かなりその意味不明の強気派でしたからよく分かります。笑

ビットコイン、暗号資産、そして株価や為替、どの投資においても今、新たなフェーズに入りつつあります。ここで、資産を築いたときに自らにこう言いきかせてください。「今のは、ただのマグレヒット、これからも慎重に」と。

この謙虚な考えで、繰り返し、繰り返し行いそれでも資産が増えたのであれば、しっかりと納税をしましょう。税務署に行けば、あらゆることを教えてくれます。税理士さんに依頼したり、法人を立ち上げるのもいいでしょう。浮かれた乗り方ではない、正常な資産の築き方を行いたいですね。

投資の基本は、元本回収、余剰資金で運用を

投資は、ある日突然大儲けをしてしまうビギナーズラックがあります。しかし、それはマグレであって、投資とは熱くなれば、熱くなるほど危険と考えておくべきです。

感情をコントロールできなかった投資家のいく先は、破産への道、これは言いすぎではないと僕は考えています。余剰資金だからなくなっても仕方がない、くらいの感覚のお金を大事に回すのが、投資の王道だと考えています。

もちろん、それでは、大きく資産が膨らまないという考えの方もいるでしょう。しかし、「投資=資産を大きく膨らませる魔法のツール」この考え方も危険です。長く投資をしている人ですら、うまく資産が増えないこともあります。そんな投資を見よう見真似で、素人がすぐに資産が増えるようになるのか? 冷静に考えてみることが大切です。

相続税にも関係してきます。家族とのシェアは必須

暗号資産で、厄介なのが、周囲に知識がないことです。仮にあなたがビットコインを保有していて、家族は同じようにビットコインのことを理解をしているでしょうか?

操作方法や取引所のログイン方法など理解していると思いますか?これは、相続にも影響してきます。あなたが頑張って築いた資産だからこそ、家族にシェアしておくことをオススメします。

もちろん、金額を全部教えるのは嫌だ・・ といったご事情は、各自あると思います。ただどこかに、資産の情報をまとめたデータを残しておくなどの工夫は必要です。ある日、突然、あなたがいなくなって、あなたのビットコインが誰にも引き出せない状況にならないように、今から少しずつでも向き合っておくべき内容です。

*税金に関する詳細は、税務署などの専門機関にお問い合わせください。

貧困問題
【貧困問題】日本で2,000万人の貧困者が出てきている2,000万人の貧困者が大きな問題に 2019年、日本では人口の1億2,700万人のうち2,000万人が貧困層になってしまっている。こ...
ABOUT ME
Hatanaka
Hatanaka
投資歴16年。過去には様々な投資案件を行ってきており、為替FX、暗号資産(仮想通貨)分野に精通しており、現在は、トレーダー講師としても活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!