暗号通貨

上昇した暗号通貨の効果的な分散方法

2020年12月以降はビットコインだけでなく、主要のアルトコインも大幅に上昇し続けました。しかし暗号通貨市場の調整局面では、ビットコインよりも大きな値動きでの値下がりをするのもアルトコインです。

多くのアルトコインについては、投機的な、そして短期的な資金の流入が主な買い手であり、たとえ上昇するとしても、皆さんがそこに資金を入れること自体は正直言ってあまりお勧めしません。アルトコインは投資というより完全な投機市場だと考えるべきです。

より多くの情報を持っている内部情報者は有利な売買を行えますが、一般投資家は必ず最後にババをひかされると考えるべきでしょう。

主軸はあくまでもビットコイン

富裕層やファンドが分散資産と認識しているのは、あくまでもビットコインなのです。イーサリアムや幾つかの暗号通貨のことを彼らが知っているとしても、分散投資として現金や株式、金や不動産と同様の資産として考えるのはビットコインなのです。ロビンフッターなどの短期投機資金がアルトコインの価格を押し上げたとしても、資金を入れるのはリスクが大きすぎます。

そして、ビットコインでさえも大きなボラティリティがあります。正月明けから既に20%以上の下落が2度ありましたが、特に大きなマイナス材料があったわけではなくても、急上昇する市場の中で利確の流れが一部でで始めればあっという間に急落もするのです。

もし今、米当局の暗号通貨市場に対しての規制など入れば、あっという間に半値以下になるリスクもあると考えるべきでしょう。上昇スピードが早ければ早いほど、このリスクは高まると考えるべきです。だからこそ、上昇局面では確実に利確をすることが重要なのです。

なぜ利確が重要なのか?

暗号資産はたとえ価格が上昇したとしても、キャピタルゲンが得られるだけであり、株式の配当のようなインカムゲインは一切はいりません。今はDefiという方法で暗号通貨を預けておき、利息を得る方法がありますが、長期間資金移動が制限されるデメリットもあります。

だからこそ、上昇した暗号通貨を一部確実に利確をした上で、インカムゲインを得られる投資に回すべきなのです。キャピタルゲインとインカムゲインを分散投資することが重要なのです。

為替市場が有望なわけは?

インカムゲインを得る分散投資先としては今のタイミングでお勧めなのはやはり為替市場です。

株式市場は既に業績と比較して非常に高い価格まで買い進められています。有り余った紙幣からの逃避が加速し、30年来の高値となっていますが、新型コロナの感染拡大が続く中、市場は急落するリスクがあります。それと比較し、過去数年の為替市場、特に円ドルについては非常に狭い幅のレンジで推移しています。

世界的に金利が非常に低い状況にありますから、為替が大きく上下することが少なくなり、特に円ドルに関して言えば、米議会襲撃のような大事件が起きても、為替市場は大きく振れませんでした。米国債金利がここにきて上昇基調になっても、1円少しの円安になっているだけです。日々の上下動は非常に少なく安定しています。

今のようなタイミングではEAの活用が合理的なのです。為替のトレードを自ら行うのではなく、優秀なEA(エキスパート・アドバイザー)を使って自動売買をし、日々、毎週、毎月の利益をフィアットで積み上げるのです。

両建てして確実にポジションを利確する

今、自身で使っているEAは仲間内で開発したものですが、夏以降毎月安定して8%程度のリターンが出ています。

今まで様々なEAを使ってきましたが、今回のEAの優秀なところは、円ドルの売買に特化しているのですが、円ドルのロング・ショートの両方のポジションを両建てで持ち、一部の含み損を持ちつつ、確実に利確を進めることにあります。多数のポジションを持ち、着実に利確を繰り返しています。含み損は最大でも運用資金の20〜30%程度までで抑えられているので、月8%の利益を積み上げていくと、最長でも4ヶ月では、含み損を考慮しても、プラスのリターンとなるわけです。

そして証券口座内で利益部分は別管理されているため、複利で運用をし、為替が急激に変動した時に全てをロスカットされてしまうようなリスクもないのです。一部資金を分散化させるには非常に良い方法になっています。といっても当然投資ですのでリスクはあります。あくまでも分散投資のひとつの方法として取り入れることが重要です。

うまく回っているからといって複利運用などすれば、万が一ストップロスを起こしたときには、全部を失うことにもなりかねませんから。利益はしっかりとプールしておくことが正しい方法なのです。

暗号通貨市場の急落で、冷や汗をかいた人も今回は多かったのではないかと思います。そして改めて利確の重要性も理解できたのではないかと思います。

こちらについても23日のウェブセミナーで詳細を披露します!!

2021年以降の世界経済、金融市場はどうなる?

①過剰流動性バブルの行方と世界経済
②ビットコインの効果的な積み増し方法
③上昇した暗号資産の効果的な分散方法
④ファイルコイン の行方-IPFSの浸透と価格推移予測
⑤世界の方向性に合わせた脱炭素社会における投資

日程:1月23日13時~14時30分(動画録画もしますので、後日視聴も可能です)

今すぐこちらから申し込みをどうぞ!

ABOUT ME
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。