AI

AI(人工知能)をビジネスで活用するための4つの方法

AI(人工知能)をどのようにビジネスに活用すればよいのか?わかりやすい4つの方法、事例を紹介します。

これは様々な業種業態で即座に活用していくことができる方法だと思われますので、自ら使える点はないかを考えながら想像力を持って読んでみて下さい。

AI(人工知能)をビジネスに活用するための4つの方法

顧客の意見を理解するための感情分析

感情分析は、テキスト本文に示されている感情や意見を評価する手法です。既にFacebookのようなソーシャルメディア投稿の感情と株価の変動には相関関係があることを示す研究結果もでてきています。

自社に関するユーザー生成コンテンツに感情分析を用いれば、自社や商品に関する顧客の意見を評価することができるので、市場戦略の改善に役立つことになります。

商品口コミやソーシャルメディアの投稿、ブログのコメントなどは数百件から数千件にも及ぶため、人間がこのデータを全て手作業で読み、分析するのはほぼ不可能に近い作業です。

AIを利用し自動感情分析機を構築すれば、大量のユーザー生成コンテンツを素早く理解でき、即座の改善につながっていくわけです。これにより、商品の販売をより効率よく高めることも可能になるわけです。

自動モデレーション

InstagramやFacebookなど、ユーザー生成コンテンツの公開を許可しているウェブサイトは、 センシティブな内容が含まれていないかどうかを検閲して一定の基準を維持する必要があります。トランプ大統領のTweetが削除されたりもしていますが、すべてを人の確認で行えばきりがなく、AIが多くを判断しています。

多くのフォロワーを持つ企業にとって、安全でポジティブなオンラインコミュニティを作ることは、企業のブランドイメージを保つ上で重要です。

自社のウェブサイトであれソーシャルメディアのアカウントであれ、ユーザー生成コンテンツの監視は、コンテンツの種類や量によって非常に時間がかかる場合があります。

そのため、現在多くの企業は自動モデレーションに切り替えて、作業量を軽減しつつ、ポジティブなオンラインイメージを維持するようにしています。既に様々なツールもでまわっていますので、興味を持った方は是非、ウェブで検索し調べてみると良いでしょう。

検索エンジンでユーザー体験を向上させる

大手IT企業は、優れた検索エンジンを持つことでビジネスの繁栄につながることを示す良い事例になっています。特にECサイトの場合、ウェブサイトで最も重要な要素は検索エンジンとなります。

サイト内の検索バーは通常、ユーザーが操作する最初の要素なので、自社とユーザーとの最初の接点になります。そして、探している商品がこのサイト内にあるかどうかを潜在顧客に告げるのは検索エンジンなのです。

検索エンジンは、ユーザーが探しているものをサイト内で素早く容易に見つけられるようにする機能です。直感的な関連結果を提供する強力な検索エンジンを構築すれば、顧客を自社サイトに囲い込む有能な販売員を置いているようなものです。

このような優れた検索エンジンを構築するためには、検索評価サービスを利用して、検索結果の関連性やアピール度を検証や評価すると良いでしょう。検索エンジンの改善は売上を上げる即効性がありますので、是非こちらも調べてみると良いですね。

テキスト要約

誰もが忙しい現代、殆どの人は何ページにもわたる文書を読む時間はないと思います。インターネットの発達により情報は日々加速度的に増えている時代です。

重要だと思われる資料についても、全体的なアイディアを把握し、そのコンテンツにさらに携わるかどうかを決定するために要約部分を読むことが多いのではないでしょうか。 実は普段の日常生活には、テキスト要約が活用されている事例がたくさんあるのです。

書籍の小売業者はテキスト要約を利用して顧客に本の概要を伝えています。Amazonの書評を見てその本を買うかどうかを決めている人も多いと思います。ECサイトでは、ほぼ全ての商品ページに簡潔で魅力的な商品説明が提供されています。

バックエンドで自動テキスト要約をうまく実装すれば、ほぼどのようなビジネスにおいても生産性や効率性の向上に役立ちます。長時間、電話会議に参加する時間がない場合は、音声の文字起こしプログラムとテキスト要約モデルを利用すれば、出席できなかった全ての会議の最重要事項を含む簡潔かつ完全なレポートを作成することも可能です。

重要なクライアントとの電話の1時間前に20ページものレポートや活用事例を読まなくてはならない場合でも、優れたテキスト要約モデルなら、簡単に読める概要に凝縮してくれますので、大きく時間を節約できます。 テキストやコンテンツの要約を行うモデルは、ビジネスで様々に活用できます。適切に利用すれば、効率性や生産性を向上させながら、従業員の時間を大幅に節約することにもつながります。

ビジネスの成長に役立つAIソリューションは今後増えてくる

AI(人工知能)分野における継続的な進歩によって、ビジネスの成長に役立つAIソリューションは今後、ますます増えるでしょう。

企業だけでなく、個人が活用できるものもどんどんでてきていますので、積極的なAI活用戦略を立てていきましょう。

AI(人工知能)で何が出来るのか?【最新事例10選】浸透する人工知能 AIがどのように社会に浸透していくのか、今回はAI活用事例を紹介していきます。各事例から得られるヒントも多いかと思い...
ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。