暗号通貨

【暗号通貨投資の魅力】1年で7854倍?

暗号通貨市場は大きな上昇期に!

AI TRUSTでは先月の頭の段階で暗号通貨市場の転換について話をしてきています。しかし、本格的な上昇はまだこの後に来るとAI TRUSTでは考えています。

非常にシンプルな理由として、レバレッジ取引にあります。今の市場は現物取引での売買が中心であり、レバレッジを大きく効かせた投資は鳴りを潜めています。機関投資家の資金も継続的に市場に入り続ける中で、個人投資家のレバレッジ取引が本格化した時には市場の急騰があるとみています。

現在AI TRUSTでは常時3人で暗号通貨市場の検証を積み重ねています。その中で非常に有益な検証結果が多数出ており、今後のより精度の高い投資につながると確信しています。

今月末、もしくは来月の頭で、これらの検証結果をウェブセミナーで披露する予定です。
こちらは具体的な日程が決まり次第、改めてメルマガで案内しますので今暫くお待ちください。

「暗号通貨 不都合な真実」はもうお読みになりましたか?

こちらは暗号通貨投資を行う上での必読の無料レポートです。

まだの方は今すぐこちらからダウンロードしてご確認ください。



SHIBA INU 1年で7,854倍に


過去1年で最も上昇した暗号通貨はSHIBA INUというトークンで、1年で7,854倍になりました。

1万円投資をしていれば7,854万円に!!

10万円投資をしていれば、7億8,540万円に!!

これが暗号通貨投資の醍醐味でもありますね。たった一つのトークンに投資するだけで ” 億り人 ” これが現実にあるのですから。SHIBA INUは極端な例としても、1年での上昇率2位のAXSも114倍になっていますし、3位のTELも94倍を超える上昇率になっています。

SHIBA INUを除いた上位100トークンの上昇率は?

過去1年での上位100銘柄の上昇率は極端に上昇したSHIBA INUを除いても1156%、11.5倍になっています。同じ期間の暗号通貨市場の成長率は574%ですので、市場平均の倍以上伸びたことがわかります。ちなみに同じ期間のBTCの伸び率は393%ですので、実は市場成長よりも小さいのです。

年間で11.5倍の上昇を投資で享受できるというのは他の投資市場ではなかなか考えられません。

銘柄を探し当てるのは非常に困難で、ラッキーでしかないと思いますが、100種類に入る一つを見つけることは、それほど困難なことではないと思います。

このためにAI TRUSTでは常時3人体制で徹底的な分析・検証を繰り返しているわけです。自社での運用、内部メンバー個々人の効果的な投資・運用を行うために行っていますが、価値の高い情報を、メルマガをお読み頂く皆さんにもシェアすることで、皆さんにとっても有益な投資を行う上での参考になればと考えているわけです。

メルマガ登録がまだの方は今すぐこちらから登録してください!

>>今すぐメルマガに登録する

暗号通貨のカテゴリーを意識すること!

以前のメルマガの中でも、暗号通貨市場の中での ” GAFAM ” を見つけることが重要と
話をしたことがありますが、覚えいていますか?今まさにこの検証作業も繰り返していますが、既に多くの答えが見つかっています。

暗号通貨はそれぞれが様々なカテゴリーに分類されています。例えば、取引所トークンというのがわかりやすいカテゴリーだと思いますが、上位100銘柄の中で、取引所トークンは12種類含まれており、これらの銘柄の過去1年の上昇率は1211%で、市場平均の倍以上上昇しています。

わかりやすく言えば、12種類の取引所トークンに10万円ずつ、合計120万円を昨年の夏に買っていれば、現在1,453万円に増えています。

多くの皆さんが使っているバイナンスのBNBトークンは1年で1826%上昇しており、普段のトレードのために100万円分のBNBを昨年の夏に買っていれば、現在は1826万円になったわけです。

自らの暗号通貨トレードのために持っておき、BNBを使うことでトレード手数料も安くなる。

所有することでメリットが明確になるからこそ、多くの人がBNBを購入します。そして結果的に需給バランスが安定的に増加し、価格が上昇するのです。非常にシンプルにわかりやすい結果が出ているわけですが、多くの人がこの仕組みに、暗号通貨が上昇する仕組みに気がついていないのです。

そして取引所トークンよりも、もっと高い成長を見せたカテゴリーがいくつもあります。

この辺りの詳細は、よりわかりやすい形でウェブセミナーで披露したいと思います。

実需につながるトークンには継続注目しましょう!!

Heriumというトークンがあります。こちらは過去1年で50倍上昇しているのですが、このトークンの受給関係もわかりやすいです。最近になり、ベンチャーキャピタルから100億円以上の資金調達も行いましたが、大手ベンチャーキャピタルがまとまった資金を提供するというのも、今後の成長するトークンを見極める上でも重要な指標になりますね。プロジェクトの財務体質がより安定しますから、より大きな成果につながる可能性が高いのです。

ちなみにHeriumは自宅でマイニングもできます。日本ではまだのようですが、自宅を5Gの基地局にしつつ、報酬としてトークンをもらえます。こちらも非常に興味深い内容ですし、今後日本でも可能になるかもしれません。詳細をこちらから確認してチャンスに備えておきましょう!

【個人でも出来る】自宅で行える暗号通貨マイニングの可能性え? 自宅でマイニング? ビットコインやイーサリアム、ファイルコインなど、様々な暗号通貨で、マイニングを行うことで、報酬として...

AI TRUSTでは引き続き、皆さんひとりひとりにとって有益な独自の情報を世界中から見つけ、検証し、シェアしていきます。今週もよろしくお願いします!

ABOUT ME
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。