お金の話

【 話題の楽天経済圏 】暮らしに取り込む・ポイント増の節約術

楽天経済圏とは

楽天経済圏という言葉を聞いたことはあるでしょうか。簡単に説明すれば、あらゆる分野に広がっている楽天のサービスを使うことで獲得できるポイントが、どんどん増えるしくみです。最大16倍、5と0の付く日ならさらに+2倍と、「通常に生活」するだけでこれだけの差がついてきます。

当然これには楽天経済圏を活用するという条件がありますが、僕自身無理なく活用していますので、今回は、楽天サービスの中でも特にオススメなポイントを獲得する方法をご紹介します。

無理なく楽天でポイントを獲る秘訣

まず、覚えておきたいのが楽天経済圏の利用は「ポイ活」ではないということです。ポイ活とは、少しでも多くのポイントをもらうために、細かいチェックを行い努力することです。以前で言えば、主婦の方がスーパーのチラシを見比べて、1円でも安いスーパーに買い物に行くという感じです。

ただ、僕がおすすめしたいのは、はじめに設定するだけでよく、後は放置しておくだけというやり方です。普通に生活するだけで、楽天ポイントが貯まるという土台を作ることで、それは可能となります。

だからといって無理に全てを楽天のサービスにする必要はありません。これは、楽天サービスを使ってもいいかな?といった普段あまり意識せず利用していたサービスを意識的に楽天に変えることでポイントが貯まり、それを活用して楽天市場で買い物をすると、またポイントが貯まるという好循環が生まれます。

無意識のうちに節約(ポイントが増える)環境になっているということです。ですので、秘訣としては無理なく楽天経済圏を構築していく意識を持って気軽にはじめてみることがおすすめです。

楽天サービスを把握する

楽天だけで生活が成り立つのではないか?というほど、楽天のサービスは多岐に渡ります。まずは、どのようなサービスを楽天が行なっているのか把握しておきましょう。意外と「そんなことまでやってるの?」というサービスもあります。

・楽天市場
・楽天トラベル
・楽天モバイル
・楽天ひかり
・楽天カード
・楽天のほけん
・楽天でんき
・楽天ブックス
・楽天銀行
・楽天証券
・楽天kobo
・楽天pasha
・楽天TV
・楽天ビューティ
・楽天ガス(2020年10月26日から一部の地域)

いかがでしょうか。まだ細かく見ると他にもありますが、これだけでほぼ生活が出来てしまいますね。このように楽天は、あらゆる分野に進出しています。その分野を楽天サービスにすることで、紐付けされて楽天ポイントが得られます。そして、楽天サービスを増やせば増やすほど、1度に入るポイントも多くなるということです。

*ポイント付与倍率の増加には、各サービスごとに最大付与数の上限や、付与されるポイントの有効期限など細かい条件があります。詳しくは楽天の各サービスサイトを確認ください。

抑えておきたい楽天サービス

あくまでも「僕視点」となりますが、抑えておきたい楽天サービスをご紹介します。

・楽天カード&楽天銀行
支払いシステムを楽天カードと楽天銀行にしておくと便利です。毎月必ず引き落としが行われる中で、そこを楽天カードと銀行を連動させておくだけでポイントを得ることが可能となります。+1倍。

・楽天ゴールドカード
楽天カードを使って楽天市場で買い物をすると、ポイントが2倍になりますが、さらに楽天カードを「楽天ゴールド」に変更することで、ポイントが5倍になります。年間費2,200円(税込)が必要ですが、長い目線で考えると検討する価値はあります。

・楽天モバイル
菅政権になり、スマホ料金に革命が起こっており、docomoやソフトバンクなど大手キャリアが値下げに乗り出していますが、もともと安い楽天モバイルは見逃せません。「Rakuten UN-LIMIT」または「Rakuten UN-LIMIT V」契約で、プラン料金1年間無料のキャンペーンも打ち出していますし、楽天ポイントがアップしますので、毎月のことですので、乗り換える方も増えています。

・楽天証券
つみたてNISAなどを活用すると、毎月大きなお金が積み立てられます。そこで楽天証券の活用は大きいです。詳細は、楽天証券内で説明がありますが、設定をすることでポイントを貯めることが出来ます。楽天証券は、ポイントが貯まるだけでなくネット証券では非常に人気の証券会社で使い勝手はいいので、投資を考えられる方は活用することをおすすめします。

・楽天トラベル
最近話題のGoToトラベルも当然扱っていますが、旅行をする際に楽天トラベルを活用することでポイントが得られます。1回5,000円以上の予約など条件はありますが、どうせ旅行をするなら、楽天トラベルで予約をすればポイントが貯まるという流れです。

SPUをチェックしよう

楽天経済圏は膨大になっています。電気やガスもありますので、「楽天経済圏は、楽天生活圏」といっても過言ではないほど便利になっています。

どこをどう使っていいか分からない、賢くポイントを増やしたいとお考えの方は、SPUをチェックされてください。上記に説明した内容はごく一部で、対象サービスやポイントについて詳しい条件が書かれています。条件といっても特段むずかしいことではなく、「利用する」これでポイントが増えます。それを使って楽天市場で買い物を行うことでさらにポイントが貯まるという好循環が生まれます。

ポイントがもらえる日だから頑張って買い物をしようという意識ではなく、はじめに意識して楽天サービスに切り替えておくことで、通常の生活では得られないポイントが得られることになり、結果大きく節約に繋がります。ストレスになるほど楽天に拘る必要はありませんが、ぜひ、この機会に出来ることから検討されてみてはいかがでしょうか。

お金持ちになる方法は稼ぐか節約するか?【お金持ちへの道5選】お金持ちになる方法はだれもが求めている お金持ちになる方法を知りたくない、という方はいるでしょうか。もしいたとするならばそれは、まだ物...
ABOUT ME
Hatanaka
Hatanaka
投資歴16年。過去には様々な投資案件を行ってきており、為替FX、暗号資産(仮想通貨)分野に精通しており、現在は、トレーダー講師としても活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!