お金の話

お金は何処にでも落ちている

投資とビジネスを組み合わせる

自分自身、もともと長く不動産投資を世界中で行っていましたが、5年以上前からは金余りによる新興国への金の流れも加速したこともあり、成長の限界、バランスを考えて新規の投資はストップしました。

ビットコインへの投資は2009年からはじめ、途中で何度も売買をしつつ、今は長期保有スタンスで取引をしています。2008年は暗号通貨バブル崩壊でかなり痛い目にもあいましたが、このこと自体も良い経験だったと思います。

今は自動売買ツールを上手に活用し、暗号通貨市場、為替市場、株式市場で分散し、その時の最適化運用を行っています。それによって時間的な余裕ができたことで、次に来るチャンスを様々探してます。

人工知能の進化が素晴らしく早いため、現在は人工知能を使った売買システムの開発をトレーダー側の視点からアドバイスしていますが、システム開発の内側にいることで、このシステムをどのように最大価値化していくのか?ここに焦点をあててビジネスモデルも考えていますが、相当面白い展開が期待できるのではないかと思っています。このシステムを各取引所で動かすことで、それぞれの暗号通貨取引所の出来高自体を大きく膨らます事もできますし、それが取引所の顧客拡大戦略にもつながっていきます。取引所と取引する上での好条件を引き出すことも可能になりますし、取引額に応じた手数料を取ることもできます。継続的で自動的に手数料が入る仕組みは誰もがほしい究極の財布だと思います。

自らの投資を効率化するためのツールを作りつつ、そのツールを拡大し、別の形で収益化をしていく。様々なことをに手を広げるよりも、当然のことながら確実に作業効率も良くなるわけです。

趣味と実益

先日はリタイアメントについても書きましたが、その中でウイスキーについても少し触れました。今はジャパニーズウィスキーに凝っていて、日々様々な種類のジャパニーズウィスキーを飲んでいます。昔はワイン中心だったのですが、ワインは保管も大変だし、都度取り寄せる送料もかなりの金額になってしまいます。

その点、ジャパニーズウィスキーであれば、日本国内で手に入るわけですし、長期保存する上での管理・手間もかかりません。既にジャパニーズウイスキーの売買で利益を上げる方法も幾つも持っています。短期的な収益を生み出す方法。長期的な収益を生み出す方法。
調査をするなかで、実際に幾つもの蒸留所も訪れ、市場調査で町中の酒屋さんも回ります。
その中で理解できることがたくさんあり ” こうやれば儲かるのでは? ”そう思い実践し、実際に形が見つかるのです。これをいろいろなバージョンで幾つも見つけていきます。
儲かる仕組みを探すこと、作ること自体が自分にとっては楽しく、趣味のようなものです。

チャンスは無数にある

数多く経験することで、それが複合的に絡み合い、新しいチャンスを見つける事もできるのです。大きなチャンスの波動の場合もあれば、小さいチャンスのときもあります。小さなチャンスのときは静かにじっくり動き、大きな次のチャンスを待ち続けるわけです。

現在最も時間を割いている人工知能を使った暗号通貨市場での売買システムも、1年以上の時間は精度を高めるための研究、検証に費やしました。この最中は当然のことながら一円の利益を生み出すこともありませんが、時間を割いた分だけ確実にノウハウを吸収できています。人工知能についての理解が深まることで、他の人工知能の開発会社のトップとも、独自視点から話をすることもでき、接点が広がるようになり、結果的にそこから新しいチャンスも生まれてくるのです。

しかし自らアンテナを張らず、人任せにしてしまい、頭を完全に休めてしまうと感覚が鈍くなり、チャンスをチャンスと見つけられなくなってしまうことがよくあります。だからこそ、動き続けることが重要であり、過信、慢心が最大の敵となるわけなのです。

チャンスは誰にでも同じように訪れても、それを全員が活用できない一番の理由は、経験値のなさにあります。経験がないため、それがチャンスだと理解できないのです。そして二番目の理由としては、時間・精神的なゆとりの無さにあります。目の前の仕事、生活に追われてしまうことで、それ以外のことを考える、気持ちを振り分ける余裕がないために、チャンスを見過ごしてしまうのです。お金の循環が悪くなると、負のスパイラルに陥り、結果的にチャンスとフェイクも見分けられなくなっていきます。だからこそ、富の二極化も起こってしまうとも言えるわけなのです。

俯瞰してみること

ルーチンの業務に追われているときでも、実はそれを言い訳にしているだけで、本当は必ず何処かに時間的な余裕はあるはずです。ルーチンが続くと、新しいことを取り組む事自体が面倒になりがちで、先延ばししてしまいます。結果的に、それがチャンスの芽を潰すことにつながるのです。

そうならないためには、定期的に一歩下がり、一歩高い目線から俯瞰して、まずは自分の生活を見直し、時間的な余裕を作る。できれば5分、10分という単位ではなく、1日30分、1時間の時間を作り、その時間を使い、新しい情報を収集し、興味のあるジャンルには更に深堀りし、良い本があればそれも読んでみて、知識を深めていくのが良いでしょうね。

そうしながら、自分ならこうする。自分であればこう取り組む。というように、自分なりの考えを深めていく過程で、チャンスの可能性が広がっていきます。それが見つかれば、次のステップとして、具体的に同じようなことをしている事例がないかをネット上で検索し、調べてみましょう。既に成功事例があり、更に今後まだまだチャンスが広がっていくジャンルであれば、実際に自分なりの方法で取り組んでみるのが良いでしょう。ビジネス、副業、投資、全てに通じることですから。

お金の科学を分析する

人はなぜお金に一喜一憂するのか?

そもそもお金とはなんなのか?

お金があれば本当に幸せになれるのか?

お金に対しての様々な不思議を 科学的に分析してみました。

無料レポートを今すぐこちらからご覧下さい。

レポートを今すぐ見る

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!