Filecoin

Filecoin(ファイルコイン)劣悪なマイナーや詐欺に注意!!

MLM形式でFilecoin(ファイルコイン)に参加してはいけない

Filecoin(ファイルコイン)のマイナーを調査していくと、いろいろな問題があることがわかります。

Filecoin(ファイルコイン)の資金調達自体はアメリカ国内の適格投資家に限定され、2017年に行われました。著名なベンチャーキャピタルを中心に投資が行われましたが、彼らの配布されるファイルコイン自体もロック期間があり、上場してもすぐに全てを売却できるわけではありません。

Filecoin(ファイルコイン)の提唱する新しいIPFSは、HTTPに変わるものとして、世界中から高い評価を受け注目をされる中、メインネット公開後のマイニングに期待が集まっており、中国ではファイルコインのマイニングがブームとなりました。

中国国内ではMLM(マルチ・レベル・マーケティング)は禁止されているにもかかわらず、いくつかのマイナーはMLMで販売したため、社会問題化もしています。(実際のところはマイナー本体がMLMを組織化したわけではなく、販売部隊がMLM化して売っていたようですが。)

◎◎◎というマイナーは中国内で、2.9Billion Dollar。日本円で約3,000億円を集めていたようです。MLMの場合、中に入る販売者が多数のコミッションを取るために、この資金の多くは機材の購入には使わないことがまずは大きな問題です。何が問題かと言えばシンプルで、投資額に対してのマイニングの還元率など圧倒的に低くなるのです。

MLMはマイニング参加者の為ではなく売る人にメリットがある仕組み

ビットコインマイニングではビットクラブというMLM形式のマイニング組織が日本でも多くの参加者を集めましたが、世界中で集めた金額に対して、実際のマシンに投じられた資金が圧倒的に小さく、途中からマイニング報酬は一向に増えなくなりました。この点を運営側に指摘しても、途中からは明確な回答自体が出なくなりました。

ビットクラブを販売する販売者達は、マイニング報酬よりも、販売によるボーナスを得ることを主な目的としていますので、彼らはわかっていても目を瞑ります。結果的に、ビットコインの価格が高くなってからビットクラブに参加した参加者はマイニング報酬を受け取っても、投資額を全然回収できないことになったわけです。

ファイルコインのマイニングでは中国国内でMLM形式で販売しているところも多数あり、これが既に日本に入り、同様にMLM形式 ( ルール上は購入義務がない為MLMでは無いというが7段連鎖など実体は同じ ) などの販売されています。

これからマイニングが開始されるファイルコインですから、特にスタート当初は非常に効率よくマイニングができる可能性が高いです。そのときに、投資金額の多くが、MLMの組織形成のボーナスに支払われてしまうとすれば、結果的に元本は回収できたとしても、非常に効率の悪い、残念な結果になってしまう可能性が高いということなのです。

マイニングできない機材を処分価格で売っている!

ファイルコインマイニングでは、◎◎◎というマイナーも中国でMLM形式で販売していました。こちらも中国内で問題になっています。マイニングに参加を考えている方は気を付けて見極めなければいけない点、裏側の話があります。

スペースレースでのマイニングの状況自体は、ウェブ上で確認をすることができます。テストネットのマイニング状況のデータを見ると、一見綺麗なように見えても、裏側に隠れている問題があります。

中国では2017年からファイルコインのマイニング案件で資金が集められ続けてきました。しかし実際にマイニングのテストが開始されたのは2020年夏になってからです。そして正式なマイニングスタートは10月に入ってからなのです。2017年以降集められ続けた資金のマシンはずっと死蔵された状況でした。

そしてここで大問題!!

ファイルコインの開発がどんどん進む中、今回のテストネットを行う上で明らかになったことは、以前に販売された機材ではマイニングができないという事実です。

これは継続的に機材を販売していたマイナー及び販売者も気の毒な話ではあるのですが、当時に売られていた機材では一切マイニングできないのです。

そのような中で、古く使い物にならない、マイニングできない機材の枠が現在日本でも売られているのです。そのようなものに参加をしても、一切マイニングなどできません。

しかし、それでは日本でも問題化しますので、そうしないためにどうするかと言えば、新たに販売して調達した資金で、ファイルコインをマイニングできる機材を購入し、全体を薄めてしまうのです。これであれば、一応マイニングはされていますから、マイナーとして技術レベルが低い、効率が悪いと評価されるだけで、誤魔化し問題を先延ばしすることができるのです。

日本国内で特に安く販売されているものについては本当に注意が必要で、中国内での訴訟を片付けるために、資金集めに奔走するマイナー、その裏側を一切理解せず、コミッションが高いという理由で販売されているマイニング案件が非常に多いのです。

MLMと同様で、このようなマイニング案件に参加してしまうと、目も当てられない結果に繋がりかねません。実際のところ、それぞれのマイナーが、どれだけ多くのマイニングできない機材を抱えているのかわかりません。マイナーの見極めは本当に重要なのです。

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。