暗号通貨

Bitcoinのマイニングとは!?

Bitcoinが最高値を更新し、注目が集まっていますが、それと同時にBitcoinが成り立つ上で不可欠なマイニングにも改めて注目が集まっています。

一口にマイニングといってもブロックチェーン、アルゴリズムによって大きく異なりますが、大まかな仕組みをBitcoinに特化して説明したいと思います。

Bitcoinのマイニングとは

マイニングとは直訳すると採掘です。本来この言葉は石油や金、ダイヤモンドなどの鉱物を掘ることに使われる言葉ですが、その鉱山から掘り当てる難しさなどにちなんでつけられています。そしてマイニングする人のことをマイナーと呼びます。

Bitcoinはブロックチェーン技術にて稼働していますが、マイニングの役割は大きく分けて2つあります。

・Bitcoinの新規発行
・取引の承認

新規発行とはBitcoinを付与される権利を得るために、取引データを解析してその正当性の検証を行うことを指します。この正当性を検証するのに必要なのが膨大な演算処理であり、計算するために必要なマシンがASIC(エーシック)と呼ばれる専用のマシンになります。

作業の対価としてBitcoinを手に入れられる

つまりこの作業が仕事をする対価としてBitcoinを手に入れられることになるのです。

そしてBitcoinはブロックチェーン技術により管理され稼働していますが、管理者がいるわけではありません。ブロックチェーンでは、個々の取引データをトランザクションと呼び、それぞれのトランザクションをまとめて一つのブロックにします。

ブロックにはいつ、誰が、どのくらいの数量のBitcoinを取引したのかといった重要な情報が書き込まれていき、その取引情報を第三者がチェックして承認しています。

これらの作業を総じて『マイニング』と呼んでいるのです。

つまりマイニングとは、コンピュータの能力を提供して新規発行とブロックチェーンの承認をお手伝いしてお礼にBitcoinを手に入れるいわばお仕事なのです。

そのため、このやり方(コンセンサスアルゴリズム)のことをPoW(プルーフオブワーク)仕事の証明と言います。

マイニングに参加する方法は3つだけ

マイニングに参加するためには3つの参加方法があります。

①ソロマイニング
②プールマイニング
③クラウドマイニング

では、順番に説明していきます。

①ソロマイニング

まずソロマイニングですが、これは文字通りソロで行うもので、マイニングに成功したときには大きな利益になります。

2020年12月20日現在のブロック報酬は6.25BTC(1BTC=2,410,000円)

なんとマイニングに成功すると1,500万円を超えるBTCが手に入るわけです。これは夢がありますね。

しかしながら、Bitcoinの発行され始めたころはマイナーの数もそれほど多くなく、マイニングの存在も広く知られていなかったため、家庭で所有しているコンピュータを使ってマイニングに参加しても成功する場合がありましたが、価値を持ち価格が上昇したことで世界中で参加者が増え、事実上ソロでマイニングするのは難しいでしょう。

②プールマイニング

そこで行われているのがプールマイニングです。参加者が協力して行うもので、マイニングの設備を持っているメンバーがプール呼ばれるところにつながりパワーを託します。プールに接続して皆のパワーでマイニングし、成功したら皆で提供したパワーに応じた分配をするわけです。

皆で分配する分、利益は減りますが、成功する確率も上がりますので効率的になります。
ただしプールマイニングに参加するには機材は自分で用意する必要があります。専用のマシン、ASICを自身で持ち、設定をしてマシンの管理も自身で行います。

さらにはASICを常に動かしている必要があるため通信費と電気代がかかることになります。また、大手のプールはほとんどが海外になるため言葉の壁などもあり注意が必要です。

③クラウドマイニング

そうした労力を無くして参加することが可能なのがクラウドマイニングです。

マイニングを行なっている企業や団体に資金を提供することで参加するものです。単純な出資であったりレンタルであったり、形態はさまざまですが、自身で機材を揃える必要がないので余計な手間はかからず定期的に分配をもらえる仕組みになります。

デメリットはそのほとんどを任せるため、マイニング企業の倒産や持ち逃げリスクが存在します。その多くは安い電気代を求めて僻地で行われていることが多く、実態を掴めないのがほとんどです。最初は定期的に分配されていても何かしらを理由に配当がなくなって来たとしたら注意が必要です。

マイニングは儲かるのか?

まずソロマイニングにおいては現実的に無理でしょう。相当な資本力を持ってやれば不可能ではありませんが、そこまでリスクをとって行う企業や個人はほぼいません。

プールマイニングにおいてはまず、どの機材で行うかが重要です。古い機材では思うようなパワーが得られませんので効率の良い機種を確保する必要があります。余程の実績やルートを持っていないとこれも難しいものがあります。ネットで売られているものは偽物やそもそも届かないことすらありますので安易な話には飛び付かない方が良いでしょう。

そして一番簡単なクラウドマイニングですが、信用できる企業なのかどうかです。
マイニングは機材が必要で電気代が大きくかかり、さらには温度管理やメンテナンスも必要です。それなのに1回の購入でずっと配当をうたっていたり、大きな利益になる誇大広告的なもの、何かしらの理由をつけて配当を遅らせるものはダメでしょう。

ではまるっきりダメなのかというとそうではなく、いい機材を確保できるルート持っていること、安い電気代でマイニング、もしくは使われていない余っている電気でマイニングすることが可能なら利益が見込めるということです。これを自身で管理してコントロールできる、もしくは任せられる企業なら利益は出せるでしょう。

ただ高騰してるからといって安易にうまい話に飛びつかないように、注意は必要です。

ビットコインについてさらに詳しく知りたい方は下記の記事もお読み下さい。

【 今から始める 】暗号資産(仮想通貨)、ビットコイン基礎知識ビットコインドル、ビットコイン円過去最高値更新 ビットコインドルが2万ドルを突破した後、遅れてビットコイン円も2017年以来の高値を1...
ABOUT ME
Hiroki Kato
Hiroki Kato
早くから暗号資産(仮想通貨)に携わり自宅にてマイニングを行うなど豊富な経験を持つ。また海外でも活動しアジア、特にカンボジアに精通する。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。