投資熟考

【投資熟考9月27日】中国リスクをどう読むか?

先週の投資熟考でも中国恒大のリスクの表面化については記載しましたが、先週は改めて中国リスクの市場への影響の大きさを思い知らされる展開となりました。

中国恒大の株価は木曜日には一時的に値上がりしたものの、金曜日は大きく下落に転じており、週明けの株式市場は日々注意が必要な展開にあります。今週も引き続きポジションを軽くし、市場状況を冷静にみていく必要がありますね。

中国恒大はこのあとどうなるか?

中国恒大については先週の投資熟考でもリスクを記載しましたが、33兆円にものぼる巨額な負債の支払いの一部は既に滞っており、23日のドル建て社債利払いも未払いのままとなっています。

※中国恒大株価チャート

中国政府当局は中国恒大側への支払い等指示を出すことで、株式市場は急落後からの下落を既に週末の上昇で取り戻した状況にありますが、まだまだ予断を許さない状況が続きます。具体的な救済指示の内容は明らかになっていませんので、より詳細な救済内容等がわかるまで市場は相当ボラティリティの高い状況が続くでしょう。

AI TRUSTの見解としては、中国のGDPに対する不動産関連の割合は大きすぎますし、さらには中国人のマイホーム所有率は日本を超えるほど高く、不動産市場が暴落すれば、中国共産党自体の今後の体制にも多くの悪影響が出ますので、難着陸する方向でまとまると考えています。

具体的な方法として、現在建築中の物件については、それぞれの地方政府が物件を抑えて完成させた上で、中国恒大の債務と相殺するような形を取りながら、33兆円にものぼる巨額な債務を時間をかけて減らしていくというのが、今考えられる最も現実的な方法だと思われます。

物件を購入した多くの国民が、中国恒大の破綻により念願のマイホームが手に入らず、多額の頭金を失ってしまう・・・・ これが中国当局、共産党にとって最も悪いシナリオです。

同様に、中国国民が購入している中国恒大の理財商品についても優先的に返済をさせるためのその支援策は銀行にも行われるでしょう。習近平氏の発言でも、個人投資家への支払いを優先する指示がでていましたので。

※中国恒大本社前に並ぶ個人投資家(Newsweek参照)

しかし、今回の中国恒大の問題は、中国恒大だけではなく、既に多くのデベロッパーにも悪影響は広がっていますので、当局の締め付けと不動産市場の急落をどのように避けるのか? 本当に難しい舵取りが必要となっていますので、継続的にこのリスクには注目していきましょう。

実は中国国内だけでなく、中国のデベロッパーが開発しているアメリカやカナダの不動産にも影響が出始めています。この規模が大きくなれば、国際的な問題にもなりかねません。

記者個人としての見解になりますが、今回の問題の最も大きなリスク要因として、” 習近平国家主席が間違った判断をしないか? ” という点を懸念しています。独裁者というのは歴史を振り返ってみると、得てして終盤において迷走に向かいます。今もし、習近平氏が同様の状況にあるとすると、厳しい規制を貫き、中国不動産バブルを崩壊させることもあり得るわけです。

そうなれば、世界にこの影響は広がり、過剰流動性バブルは終わりを迎えることになる可能性は高いです。といっても、それによって世界でさらに紙幣が刷られ続け、次のバブルに向かうことになるでしょうが。

中国、暗号通貨全面禁止方針へ

株式市場が大きく上昇する中で、金曜日の午後から暗号通貨市場は急落しました。中国人民銀行(中央銀行)が仮想通貨関連のあらゆる取引は違法で、禁止しなければならないと発表したことが原因です。仮想通貨の投機やマイニングに対する取り締まり強化が警戒されたことにより、売りが急増し、市場は大きく下落しました。

※Bitcoinチャート(Bloomberg参照)

現在、この問題の影響については、中国内の多くの専門家にヒアリングをしました。その詳細は下記の記事で書いていますのでぜひ読んでみてください。

中国の暗号通貨禁止令で実際に中国国内で起こっていること結論:実際の影響はそれほどない 先週の暗号通貨市場は、中国恒大のデフォルトリスクの表面化により、金融市場は大きく混乱し、暗号通貨市場も...

株式市場が急回復する中で、暗号通貨市場もその流れに入り上昇していましたが、中国のこの発表で急落しました。今回は、暗号通貨市場のボラティリティの高さも改めて思い知らされた方も多いでしょう。

米株式市場と暗号通貨市場の値動きを追うと?

上記は年初からの米株式市場の上昇率と、同日の暗号通貨市場及びBTCの値動きを、上昇時、下落時をそれぞれまとめたものになります。

米株式市場の上下動率に対して、暗号通貨市場及びBTCは4倍程度の高いボラティリティになっていることがわかります。この辺りも大枠のイメージとして理解しておくと、自らの投資行動、判断にもつながっていくかと思います。

クリプトトレンドリサーチいよいよスタート間近!!

AI TRUSTを運営するクリプトトレードアルファ社では、専任スタッフ3名による、暗号通貨市場の調査・検証を日々積み上げて、それを実際の自社の投資に活かしています。

そこでは様々なノウハウも積み上がり、何種類もの効果的な暗号通貨投資方法が出来上がっています。このノウハウをすべて公開し、共有し、実際の皆さんそれぞれの投資に即座に活用できるのが ” クリプトトレンドリサーチ ” です。

初月の1ヶ月は無料登録できますから、まずは登録をして、”

・毎週発信されるレポート
・日々更新される出遅れ銘柄上位20
・そのトークンの参考売り指値

この辺りの情報だけ活かすだけでも、かなりお得なものになると思います。

7月から9月までの市場上昇時には、出遅れ銘柄での運用は、BTCの成長よりも200%、暗号通貨市場の成長よりも150%高い成果となりましたので。

毎週発信されるレポートの内容は?

既に12種類のレポートがアップされていますが、この後も毎週1つずつ、暗号通貨投資に具体的に活用できる内容に絞り、よりわかりやすい形で解説していきます。

①暗号通貨市場の不都合な真実
②暗号通貨市場の過去1年間の成長率分析
③著名暗号通貨取引所への新規上場の実態
④出遅れ銘柄の詳細検証
⑤出遅れ銘柄の詳細検証②
⑥過去の高値からの下落率の高いトークンを検証
⑦Defiを活用することは結局得なのか?
⑧暗号通貨のアップデートと価格の相関関係を検証してみた
⑨出遅れ銘柄 市場急落時の検証結果
⑩出遅れ銘柄の適正指値をどう決めるか?
⑪高成長カテゴリーを年初から検証してみた
⑫米株式市場と暗号通貨市場の変動時の相関性を検証してみた

他にはない全て独自の分析結果からレポートをまとめています。

それぞれが投資に直結して活かせる内容になっています。

スタートを楽しみにお待ちください。

ABOUT ME
【AI TRUST編集部】大泉
AI TRUST編集部の為替担当大泉です。FX、為替歴は11年。今までにトレーダーとしても活躍。最近は為替の自動売買ソフトのアドバイザーなども務めており、為替のプロフェッショナル。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!