暗号通貨

【基軸暗号通貨分散投資方法】Solana(ソラナ)は外せない

AI TRUSTが運営するCTR(クリプトトレンドリサーチ)の中では毎週2つ、3つの専用レポートを専用サイト内にアップしています。

そこでは最新の暗号通貨投資方法についてもレクチャーしていますが、10万ドルポートフォリオの中ではSolanaを基軸暗号通貨のひとつとして分散購入していますが、Solana購入の理由・目的についてまとめてみました。

Solana(ソラナ)とは?


Solana(ソラナ)は、2020年3月にリリースされた高い性能によって様々なアプリケーションを支えることを目的としたプラットフォームです。Solanaは他の多くのブロックチェーンよりも、圧倒的に高で低コストな面でキラーイーサのトップの地位に現状はいます。そしてイーサリアムの牙城を崩せるポテンシャルがあり、継続的に大きく上昇すると考えています。

ここにテキストを入力Solanaの特徴は何といってもその性能の高さであり、トランザクション処理速度や取引コストが、多くのブロックチェーンよりも大幅に優れています。

例えば、主要な仮想通貨であるビットコインやイーサリアムと比較すると、次のようになります。(数値は常に変動しますので注意を)

出典元:※2021年5月時点の参考値(https://fisco.jp/media/sol-about/)

Solanaは、トランザクション処理速度やブロック生成速度が非常に大きくコストも安いため、レイヤー1つまりSolanaブロックチェーンのみで処理を完結させることができますのも大きなメリットであり、今後大きく成長すると考えらるわけです。

ステーキングできる点もSolanaの特徴です。Solanaを預けて一定期間ロックされることで、利息を受け取ることができます。そしてSolanaがロックされる分だけ市場流動性は小さくなりますので、需給バランスからSolanaの価格は上昇しやすい環境になります。

Solanaは高速・低コストなブロックチェーンプラットフォームであり、その性能を必要とする100以上ものプロジェクトと提携しています。またそれによって、まだ公開から1年半ほどしか経っていないにもかかわらず、急速にエコシステムを拡大しており、コストの安さやスピード処理力の大きさを考えても、今後さらに急速に拡大する可能性は高いです。

Solanaの保有目的・保有スタンスは?

今回のSolanaの購入はドルコスト平均法の考え方で、毎月のトレードで上がる収益を定期的にSolanaのポジションを積み増していきます。BTCやETHと同様に、Solanaを担保として大手取引所等で借入ができますので、BTC,ETHに並ぶ基軸暗号資産の一つとして長期保有します。

ただしBTC,ETHの大型アップデートが続き、特にETHのアップデート時での市場の盛り上がりで、Solanaの価格が急騰した場合、利確することも検討します。

年内、Solanaはどこまで上昇する?

Solanaは年初から継続上昇しており、過去1ヶ月のチャートでも大きく上昇しました。11日の日本時間早朝の暗号通貨市場の調整によりSolanaも下落しましたので、このタイミングでSolanaを購入しました。

15日にはBTCの大型アップデートのTaprootが実装されますので、今週末から来週にかけて暗号通貨市場は改めて主軸トークンを中心に上昇する可能性が高いです。

12月にはETHのアップデートも控えていますので、このあとはBTCよりもETHが、さらに言えば、ETHよりもイーサキラートークンであるSolanaが、より大きく上昇するのではないかと考えています。年内というスパンで考えても、300ドル、500ドルへと上昇することも十分にあり得ると考えています。

暗号通貨市場の継続上昇局面においては、BTC、ETHとともに基軸暗号通貨のひとつとして、Solanaを所有することは賢い選択肢だとAI TRUSTでは考えています。現時点で言えば、BTC、ETHに次ぐ暗号通貨のNO.3の筆頭格だと考えられますので。

ABOUT ME
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!