暗号通貨

ゲームでBTCが稼げる!スタートダッシュが肝

自宅でスマホでゲームを使って稼げる可能性?

新型コロナ禍の今、テレワーク化も定着し、自宅で過ごす時間は確実に長くなっています。そしてそれにより余裕ができた時間に対しての使い方というのも確実に変わって来ており、成長する事業・分野も明確化しています。

ゲーム関連各社の大きな伸びを見ればわかりますが、家庭内で家族でゲームをして過ごす人が急増しています。もし自宅に居ながらゲームをしながらお金を稼ぐことができれば?

このジャンルの可能性は誰でもが理解できることだと思います。

Eスポーツ

eスポーツ(イースポーツ)は、コンピュータゲームをスポーツ競技として捉える際の名称で、エレクトロニック・スポーツの略称で、現在世界では多数のプロ選手も増え、大会、賞金も増え、ゲーム業界自体もブーム化させようという動きが見えています。

プロゲーマー養成の専門学校も数多く増えてきています。しかしプロゲーマーとして稼げるのはほんの一握りだけで、多くはそこに憧れるも、仕事として稼げる人は極一部であり、更には動体視力の問題もあり、長期間プロとして稼ぎ続けることは難しいでしょう。しかし目線を変えれば、この分野には新たな誰にも稼げる可能性があるのです。

ブロックチェーンが開くその可能性

AI TRUST、CRYPTO CROWDでももともとこの分野のプロジェクトには注目していましたが、ブロックチェーンの技術を利用して、スマホアプリゲームでビットコインを稼ぐゲームがいよいよ新たに登場します。スマホを起動しておくだけで勝手にゲームは進行し、様々な形でビットコインを稼ぐ事ができるのです。自分自身がスマホをいじり続けなくても、勝手に相手と対戦し進行をし、その過程でビットコインを稼ぎ続けることができるのです。

日本からスタートするこのゲームですが、大きく流行るかどうかはまだまだわかりませんが、最初にスタートしておくからこそ大きな報酬に繋がる可能性があります。ゲームの正式リリース当初は様々なキャンペーンが行われる事が想定できますから、通常よりもずっと良い条件でビットコインを得られる可能性が高く、参加者の絶対数が少ないことで、相対的により多くの量のビットコインを稼げる事にもつながります。

ビットコインや様々な暗号通貨のマイニングがそうであったように、競争相手がいないからこそ、より有利な条件でマイニングができたわけで、このゲームにも同様の可能性が高いと考えられるわけです。

コロナ禍だからこそ人気化の可能性も高い

新型コロナ禍の中で、外出自粛、テレワーク化が進み、空いている時間を使って自宅で稼げる仕組みですから、参加者が急増する可能性も高く、大きなブームになれば、初期のライバルが少ない段階で効率よくビットコインを稼げば、結果的にそれが大きなメリットにもなります。

ビットコインはこのあとも大きく上昇する可能性が高いと考えていますから、今の価格でビットコインを得ておくことが、先々の大きな資産形成にも繋がるということです。プレーヤーが増えれば敵を倒すハードルも高くなるでしょうし、ノウハウも必要となる可能性も高いでしょうから、初期段階に参加し、理解し、慣れることが重要なのです。

家族みんなでお金を稼ぐ仕組みになり得るかもしれない

スマホでゲームを稼働させ、勝手に対戦させていくだけで成長もし、ビットコインを稼ぎ続けるのであれば、自分一人で行うのではなく、家族皆で行えば効率は上がります。ここにも大きな可能性を感じます。

子供たちが自宅に居ながら、日々500円ずつを稼ぐ事ができれば、1ヶ月で15,000円となり、家族4人で合計で60,000円をもし稼げるとすれば?これは大きな家計の足しになりますからね。

そしてこのゲームが一定の実績を収めれば、同様の仕組みを他のゲームメーカーも行ってくる可能性が高く、だからこそ、最初のこのゲームでノウハウを持つことで、他でも同様のスタートダッシュができる可能性があるということなのです。

ゲームメーカーがなぜビットコイン報酬を払えるのか?

これはマーケティングを理解する立場であればわかりますが、一番わかり易いのはプロモーション費用です。ゲームメーカーは新規参加者を増やすために販促費用を支払います。この費用を参加者にゲームを遊ぶ最中にビットコインを得られる仕組みを組み込むことで、ゲームファンを増やす事ができます。

そして長時間ゲームで滞在して遊ぶ人が増えれば、ゲーム内に多数の広告機会を発生させることができます。ゲーム中に多数の広告を入れることで、広告を支払う各社からの収益をビットコインとして参加者に還元できることになります。どのような企業が広告を支払うのか? オンラインゲーム、対戦型ゲーム、コロナ禍での家庭内での時間消費型サービス企業など、様々考えられると思います。

稼ぐゲームが主流となる時代

このゲームが成功したときに、同様にビットコインや暗号通貨を稼げるゲームが続々と登場することになるでしょう。このゲームでも様々な武器やツールを売買することができるようですが、ブロックチェーン、ビットコインが普及したことで、この売買市場がより活性化することも想像できます。

通常のゲームと比較してユーザーの定着率、利用率が高くなれば、多くのゲームメーカーも追随することになるでしょうし、最初にこのゲームソフトでノウハウを掴んでおけば、そのノウハウを他のゲームが開始されたときにも活かす事ができます。家庭内でスマホだけあれば誰でもビットコインを稼げる。

多くの人にとっての大きなチャンスが新しく生まれる可能性があるということです。29日のFake Exposeオンラインセミナーではこちらについても詳細解説します。参加申し込みがまだの方は是非こちらからご参加下さい。

Fake Exposeオンラインセミナー

偽物を暴け!Fake Exposeウェブセミナーが8月29日に開催されます。

第一部:新型コロナ感染拡大と次の金融市場暴落時期について

第二部:Fake Expose 偽物を暴くポイント

第三部:スマホアプリでビットコインを日々稼ぐ仕組み

より多くの方に参加頂きやすいように参加費用は1,000円(税込)です。

そして参加頂いた方全員に、セミナー後に3,980円で販売される“ Fake Expose 5プロジェクトレポート ”をプレゼントします。

このレポートは日本で人気のある5つのプロジェクトについてAI TRUSTで綿密に分析評価した内容となります。

1,000円支払うだけで3,980円得するセミナーとなります。

申し込みは今すぐこちらからどうぞ!!

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。