コロナ特集

【アフターコロナ】ストレスから身を守る方法とは?

コロナ疲れでストレスが

新型コロナの感染拡大は、人々の暮らしを大きく変化させることになってしまった。どのようなものなのか分からないウイルスに対して大きな不安を抱えてしまうことはもちろん、外出が思うようにできない生活によって大きなストレスとなってしまった人も多いだろう。ストレスは物事をどのように受け止めるかによっても、まったく異なるものとなる。

外出を控える生活や感染症に対してそれほど不安のない人からすれば、それほど大きな不安とならないかもしれない。ところが感染症の拡大によって不安となり、自宅に引き篭もってばかりの生活に嫌気をさしているのであれば、それだけで大きなストレスとなってしまう。

そのストレスが蓄積していくことで「コロナ疲れ」「コロナストレス」となり、それがきっかけとなって「コロナ鬱」へと進行していくことにもなってしまう。

コロナ鬱

コロナ鬱を予防するためには、その原因となるストレスを上手くコントロールすることが大事である。

①まずは生活習慣を整えることが大切

栄養バランスのとれた食生活と良質な睡眠を取ることは、ストレスをコントロールするうえでとても重要なものとなる。不安が強くなると、生活習慣が乱れ気味になりがちだが、意識的に整えるようにすればストレスコントロールに役立つ。

②正確な情報を掴むことも大切

生活を工夫することによってストレスを回避することができるので、自分にあった健康管理の方法を持っておくことも大事になる。まずは精神面・身体面の不調のチェックに取り組んでみて、自分自身の状態を掴んでおくことが良いだろう。

ストレスのサインに気づくこと

電車通勤をしなければならない人であれば、感染しないかと過敏になる。

テレワークに取り組む企業だとしても、家族が自宅にいて、うまく業務ができずにストレスになっているかもしれない。

買い物にいくと行列に並ばされ、少し咳払いしただけで白い目で見られてしまう。

このような状況が続いていることで、知らずうちに心身から何かしら疲れやストレスのサインが出ているかもしれないのだ。このようなサインに早く気づいて対処することが必要となる。

情報に振り回されない

連日、国や自治体からの情報が報道されているだけではなく、WHOの情報や世界の感染状況などを目にする。今までの生活の中でこのような経験はなかったため、先のことが不安になることは当然だし、外出しなければならない場合にも恐怖を感じることもある。

しかし、そのような中でも、情報に振り回されないように正確な情報を掴んでおくことが大切になる。感染症関連であれば、厚生労働省や感染症専門医から情報を得るようにしておくようにしよう。

さらに自分自身も家出できる適度な運動(エクササイズ・ストレッチなど)に取り組んでみて、ストレス解消に努めることも大切だ。

1. 正しい感染予防に取り組むようにする

「手洗い」「うがい」「マスク」

2. 過剰に反応しないよう工夫する

情報に対して過敏に反応するのではなく、必要な対応を行うようにする。

3. 免疫力を高めるような生活をおくる

日々のストレスを解消するようにし、自宅での運動習慣や生活リズムを整えることによって免疫力を高めることができる。

4. 緊張緩和できる方法を身につけておく

ゆっくりと深呼吸を行い、意識的に呼吸数を少なくすることでリラックスを実感できる。また深呼吸と同時に身体の緊張感を緩ませるようにすれば、意識的に不安や恐怖を軽減させることができる。

アフターコロナの時代をストレスフリーで生きる

アフターコロナの世界は適応力が低ければ、今まで以上にストレスが多い時代となる。
変死者、自殺者も大幅に増加するリスクも高い。

アフターコロナの時代に必要とされるものは何か?

強く賢く生き抜く力。そして実践力、行動力となる。

自宅に居ながらでもできる2つ目の財布を持つこと。自宅に居ながらお金を稼ぎ出すことができれば、精神的な不安の多くは取り除かれることになる。下記の記事もぜひ見てみて欲しい。

コロナ後の世界で広がる ”インフルエンサー業” と”SNS手当”とは?コロナによる影響で様々な企業が倒産にも追い込まれており、自宅で仕事をするテレワークもどんどん増えてきている。 コロナ後の世界では今...
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!