投資熟考

【投資熟考】148円台止まらぬ円安、迫り来るインフレにどう備えるか?

円安が止まらず加速しています。先週末は148円台後半まで円安が進んでいます。下記の2つのチャートを見比べてみればよくわかりますが、2021年以降、そして更には2022年に入り円安が加速しています。

過去に経験したことのない非常に早い速度での円安進行であり、世界と比較した時に、間違いなく日本人は貧しくなっているということです。

1ドル=160円に向かう可能性も高い

1990年4月、バブルが崩壊する直前に1米ドル=160.2円という高値がありました。今後はこの水準に向かう可能性も高いです。

鈴木財務大臣は「過度な変動があれば、断固たる措置をとる」との見解を表明しており、あわせて、「水準ではない」と発言しています。

つまり、米ドル/円がいくらまで上がったら米ドル売り介入をするのではなく、急激に円安が進んだ時に行っていくと言っているわけです。

今、まさに急激に円安が進んでいると思っているのは私だけでしょうか?週明けの市場で介入が行われる可能性は高いと考えていますが、その効果が継続しないことは、前回の介入を見ても間違いありません。

本当に打つ手がなくなってきてしまっているというのが、今の日本の実情ではないかと思います。

サマーズ元財務長官の厳しい一言の先にあるのは?

サマーズ元米財務長官は14日、英国で最近起きた混乱の後も金融のトラブルは続くとの見方を示しました。債券市場から閉め出されようとしている一部新興国の問題に、ワシントンに集まった世界の財務相と中央銀行総裁らは何ら対応していないとも批判しました。

さらにサマーズ氏は今週ワシントンで開かれた一連の国際会議に「失望した」とし、「多くの国が今では債券を発行することさえできない事実に、まったく行動していないようだ」と批判しました。

この中には当然日本が含まれているわけですし、” 債券を発行することさえできない事実 ”この発言が日本の近い未来を表しているように思え、非常に恐ろしさを感じます。

イエレン財務長官 金融引き締め策を再強調

イエレン米財務長官は14日、ワシントンで開催された国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次総会で、インフレとの闘いがバイデン政権の最優先課題だと述べました。

市場が決定する為替レートがドルにとって最善の仕組みであり、われわれはそれを支持している」と改めて述べました。イエレン氏はまた、インフレ抑制策としてさらなる利上げが必要との自分の考えに疑いの余地はないことを明確にしました。

11月のFOMCでの0.75%の利上げはすでに市場は折り込み済みですが、12月のFOMCでもここにきて、当初予想される0.5%の利上げではなく、0.75%の利上げが行われる可能性も専門家の意見を見ると高くなっており、更に来年のFOMCでも利上げが必要との声も強く、日米間の金利差は想定よりも更に広がっていきます。

円安が継続するシンプルな理由

日米間の金利差がこれだけ拡大すると、FXでドルを買っている個人投資家としてもドルを売る意味がありません。

ドルを買って円を売っていれば継続的にスワップ金利が入り続けるからです。金利差が拡大すれば、貰える金利は更に拡大します。ポジションを利確する必要がないのです。海外の投資家からしても同様で、円安が反転する理由がありません。

※参照元:SMBC日興証券(https://www.smbcnikko.co.jp/products/fx/knowledge/005.html)

財政赤字を垂れ流し、インフレを礼賛する国は、物価高騰か通貨下落かその両方に苦しんでいます。日本では通貨が大幅下落していますが、確実にインフレも始まっています。財政赤字を垂れ流したツケが、このあと一気に日本では表面化することになるでしょう。

年率100%を突破 ハイパーインフレのアルゼンチン

南米アルゼンチンは猛烈なインフレに見舞われています。今年の消費者物価指数(CPI)の年間上昇率は100%を突破し、1990年前後のハイパーインフレ期以来となる高い伸びになる見通しです。

ロシアのウクライナ侵攻で悪化したインフレを抑え込む取り組みは世界中で繰り広げられていますが、アルゼンチンの物価高騰は突出しています。

前回の記事ではトルコのインフレの状況も説明しましたが、アルゼンチンは更に悲惨です。100年前は世界でも有数の豊かな国だったアルゼンチンがこの状況なのです。日本ではそんなことは起こらないと考えること自体が非常にリスクだと思うべきです。

↓↓ 暴落するトルコリラ ↓↓

【投資熟考】ハイパーインフレが日本で起こるリスクを真剣に考えるべき時がきている!!ドル円が再度145円を超えてきました。 米雇用統計が労働市場の好調を示し、米金融当局の積極的な利上げが今後も続く公算が大きいと判断...

紙幣は食べられない!!

過剰流動性バブルの最中には金融市場は大きく上昇しました。今はそれが様変わりしています。

一部の人々は資産価格が上がったことで裕福になったと勘違いしていますが、インフレが進むこと、円安が進むことで、自分の購買力がどれだけ溶けているかを考えていません。

一番被害を受けるのは、資産を現金で持っている人

インフレが進むだけ、紙幣の価値は減価します。

そして、例え資産価格が上がってもそれを売却してものが買えなければ何の意味もありません。

インフレ・円安への備えは本当に重要なのです。

インフレ・円安にうち勝つ、誰でもできる最強ノウハウ!!

世界中でインフレが進み、中央銀行が利上げを続ける中で、金融市場・暗号通貨市場は継続的に大きく下落しています。今は底値を見極めるタイミングにあります。そして次の上昇期に備えるタイミングです。

更に言えば大きく進む円安、今後更に日本でも高くなる可能性のあるインフレに備える必要があります。

紙幣の価値はインフレに対して減価しますが、そもそも元となる紙幣がなければ、何も買うことができません。継続的な急激なインフレというのは、多くの人にとって人生の中でも初めての経験になる人も多いでしょう。今のタイミングでは、インフレに備えた資金を守るノウハウを持つことが非常に大切になのです。

継続して上昇する物価・インフレに対してどのように備えれば良いのか?

その方法論と心構えについて実際に実践している方法を具体的に公開します。

今回はパートとしては大きく分けて3つです。

①賢くお金を整理する
②賢くお金を使う方法
③賢くお金を分散して守る仕組み

この3つをきちんと理解し、賢いお金の使い方・守り方を実践することで、インフレも不況も全く怖くなくなるわけなのです。

自分自身、今まさに起きているリスクを20年ほど前から考え、海外に住む決断をしました。そして極端に進む円安、今後確実に起こる高いインフレ、不況には万全の備えを取っています。

今の円安にインフレの激動の時代も生き残れる投資方法やノウハウを今回はまとめてみました。

すべての方法・ノウハウは実際に実践しているものであり、どれもすぐに使えるものばかりです。さらに、今回は「たった1時間の作業で6万円の報酬が得られる特別な方法」も公開しています。これは日本人であれば誰もができる方法となります。

これだけの内容で値段はいくらにしようか思いましたが、なるべく多くの方に手に取って頂きたいと考え、誰でも払える価格、3,980円にて提供させていただきます。

誰でも簡単にお金を得られる方法もいくつもまとめていますので、価格以上の高い価値があることは間違いありません。

そして、このノウハウや方法は今後も継続的に増やしていきます。その時点で追加費用がかかることもありませんし、継続的な費用がかかることも一切ありません。ただし、規定人数を超えたら予告なく値上げを行います事はご了承ください。

ようは ” 早い者勝ち ” だということです!!

素早く行動できる人が生き残り、果実を得られるのです。

今すぐこちらからご確認ください!!

本当の自由を手に入れるお金の増やし方
<電子書籍をプレゼント>

将来へのお金の不安がある方は必ず読んで下さい

お金持ちと貧乏人の最も大きな差は何?
✔勝手にお金が増える発想・逆転の行動学
✔お金が貯まらない・減る人の行動とは?

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。