投資熟考

【投資熟考】時給5,000円? バイトで日給4万円????

アメリカ人の平均時給は34ドル弱まで上昇しており、今の円安で円換算すると、なんと5,000円程度となります。

1日8時間働けば4万円です。
月25日働けばバイトでなんと1ヶ月100万円ということになります。
年収1,200万円です。

日本で年収1,200万円といえば高額所得者になるわけですが、アメリカであればこれがバイトの平均なのです。

この差に愕然としませんか?

日本人が本格的に出稼ぎに出る時代になってきたと感じます。

インフレと給与高が起こる世界各国とますます差がつく日本

欧米だけでなく、アジア各国もインフレが続く中でも所得も上昇しています。残念ながら所得上昇率よりも今はインフレ率が上回りますので、相対的には使えるお金は減っていることにはなりますが。。

かたや日本はインフレ率は欧米よりも低いものの、所得自体が全く上昇していません。使えるお金がインフレの中で減っています。そして、ここに円安が加わります。

アメリカでパート・バイトで働いている人がもし日本に旅行にくればどう感じるか?

時給5,000円をもらっている人が吉野家で牛丼を食べれば?

並盛りで450円程度ですから、時給で稼いだお金のたった10%です。

日本人が時給1,000円で働いているとすれば、時給の半分近くが必要となります。

これだけ大きな差があるのです。

今年起こった急速な円安で驚くほど日本が安くなったわけですが、30年以上所得が上昇せず、デフレが続いた日本と、その間、低いインフレ率の中で確実に所得の上昇した外国とでは、これだけ大きな差が開いてしまいました。

先週末は原油価格が92ドル台まで上昇してきていますが、エネルギー高騰、インフレの中での円安ですから、日本でのインフレは継続してますます高くなっていくことを覚悟する必要があります。

インフレに万全の備えをしてください。

インフレ・円安に打ち勝つ誰でも実践できる最強ノウハウ登場です!!

1時間で6万円もらえるとっておきの方法も公開しています。

今すぐこちらからご確認ください!!

>>今すぐ詳細を確認する

暗号通貨市場が上昇しています!!

6日、日曜日の昼時点でのBTCの価格は21,243ドルをつけており、直近1ヶ月の高値圏にあります。先週は株式市場はFOMCでの0.75%の利上げ、さらには企業決算の先行き不透明さから売られる展開が続きましたが、暗号通貨市場は総じて強い展開でした。

この理由のひとつとして考えられるのはPolygom(MATIC)の上昇です。金曜日から土曜日にかけては1日で20%以上の上昇を見せました。

なぜこれだけの上昇を見せたのか?インスタグラムでのPolygonの利用が発表されたことが大きいと思います。Web3.0の新たな世界が着実に浸透する中で、様々な大手企業で利用選択される暗号通貨は今後大きく上昇していくことになるでしょう。

実社会で実際に活用されるという点が大きなポイントとなります。

Polygonの上昇についてはこちらの記事から確認してみてください!!

実需増加による価格上昇 MATICポリゴン(MATIC)の価格が上昇しています。BTCとチャートを比較してみるとその差は歴然です。 9月までは同じよ...

暗号通貨は底堅い展開が続く

暗号通貨市場の動きはNASDAQ市場との相関性も低くなってきていますし、最近の動きは底堅いです。暗号通貨の二極化も起こり、多くの暗号通貨はこの後の上昇期でも上昇せず放置・無価値化することになると思いますが、実社会で着実に浸透する暗号通貨は大きく成長することになるでしょう。

そして、欧米での利上げが止まり、株式市場が上昇を始めるタイミングでは暗号通貨の主軸トークンは爆上げすることになるでしょうね。

今からどのトークンを選択するのか?

これが非常に重要なキーとなります。

クリプトトレンドリサーチでは当然のことながら、Polygonを一押しトークンの一つとして推奨しています。底堅く展開する暗号通貨市場。一時様子見していた人も、そろそろ投資参加するタイミングかもしれませんよ。

クリプトトレンドリサーチでは更なるツール・ノウハウが積み上がっています!!

利用するタイミングはまさに今なのかもしれませんね。

>>今すぐCTRの詳細を確認する

為替EA”GODZILLA” 2022年10月31日〜11月6日(運用6週目)

新規口座を開設して10,000USDT(テザー)を運用資金として入金、「完全にシステムに任せて、人は一切何もしない」ことをルールにしてゼロから運用しているトレード(GBP/JPYペア)の実績・公開解説。

今回は運用6週目のレポートです。

先週後半にシステムが保有したロングポジションはどうなったか?

一時的に100 USD程度の含み益を持ちながら週末を挟みましたが、週明けから再びイギリス経済の先行きに対する懸念が高まり、また同認識を英中央銀行も示したことを受けてトレンドが反転し、GBPの下落が始まりました。

システムは早々にトレンド反転と判断、11/1の段階で-155.77 USDの段階で損切り決済しています。

11月の運用はまずはマイナススタートとなりましたが、毎回思いますが、このトレンド反転の判断、損切りの判断のスピードは非常に優秀です。

そして、その直後、今度はショートポジションをGBPJPY 170.123の段階で保有。

とにかくこのシステムは、トレンドの波をしっかり判断し、その波に乗れれば乗れるだけ乗る。波が崩れそうならすぐに降りる、そんな動きを徹底しています。

その結果として、今回もGBPの下落という大きな波に乗れています。

これまでも途中で

10/13 6,996 USD
10/26 2.97 USD(←この後大きなお金を送金する準備としてテスト送金)
10/27 49,700 USD

ここまで運用資金を増資してきましたが、前回報告の通り、さらに運用金額を増やすことにしました。

上記の画面の通り、

10/31 11,600 USD
10/31 4,500 USD

こちらを追加です。
これで運用金額の合計は

82,798,97 USD (約1,200 万円) まで増やしたことになります。

これで、現在設定できる最大値での運用を行います。

今週の損益は、+2,026.73 USD (約30万円)

その設定変更のため改めてシステムを止める必要があったため、システムが保有したショートポジションを手動で決済しました。

その結果、2,217 USD の利確となりました。

今週の損益は、+2,026.73 USD (約30万円)で終了です。

トレンド型のパワーを見せつけた1週間となりました。

現在、ポジションは何もない状態で、含み損もなく綺麗な状態になっています。

ちなみに、今回手動で利確することになったポジションですが、何もしなければポジションキープ、大きな含み益を抱えたまま週末を迎えています。

この内容は同じようにGODZILLAを使っている皆様なら確認できることと思います。

このポジションは週明けからどこまで育つか?

引き続き、このEAの動きをみなさんと共にウォッチしていきましょう。

我々のこの実績も、来週以降は最大のレベル6の運用がスタートできているはずです。

この為替EA”GODZILLA”の概要を知りたい方、下記のフォームからご登録ください。

本当の自由を手に入れるお金の増やし方
<電子書籍をプレゼント>

将来へのお金の不安がある方は必ず読んで下さい

お金持ちと貧乏人の最も大きな差は何?
✔勝手にお金が増える発想・逆転の行動学
✔お金が貯まらない・減る人の行動とは?

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。