コロナ特集

【GoToイート終了? 】プレミアム付食事券争奪戦はこれからです

大手メディアの報道にGoToイートの終了感を感じる

あくまでも個人の感覚ですが、メディアは「タイトル」を誇張している時がありますが、今回のGoToイートに関しては、終了するのか?と勘違いしてしまう記事が多く見られます。

例えば、朝日新聞の記事タイトル「GoToイート早くも終了へ ポイント付与、予算底つく」や産経新聞でいえば「「この先どうなる」「復活を」 GoToイート予約、サイト相次ぎ終了」などです。

このタイトルをみてどう思いますか?詳しく知らない人なら、終わるんだと思ってしまいませんか?そんなことはありません。東京では、これから争奪戦第一弾が始まるのです。今回は、終わっていないGoToイート、25%政府が上乗せしてくれる内容について解説します。

終了するのは、予約サイト

GoToイートを利用する際に、予約サイト経由でポイントが付与される仕組みと都道府県ごとの販売の「プレミアム付き食事券」というのがあります。

両方を使いこなしている人もいるようですが、多くに人は、予約サイト経由からのポイントを得てGoToイートを活用していたのではないでしょうか。これは、メディアや周囲の口コミ、そして裏技といわれた錬金術やGoToイート無限ループシステムで火がついたと思われます。

詳細は、「【政府容認】 GoToイート:無限ループや錬金術が話題」をご覧ください。

最近ではテレビを見ていると、回転寿司の特集などがされており、GoToイートを意識した戦略にも見受けられました。これらの甲斐あって、予算が終了に近づいているとのことです。政府が準備した予算計616億円に近づいており、先週末、11月14日あたりから各ポイントサイトで予約終了となっています。現在まだ利用可能なところもありますが、順次終了していっています。

このポイントサイトに関してのポイントですが、すでに付与されているポイントは利用可能です。ただ、期日があります。だいたい来年の3月31日まで有効ですが、ぐるなびなどは、付与から60日など結構ポイント失効が早いものがありますので、もし利用されている方は、この辺は各自で調べてみることをお勧めします。GoToイートが終了ではないということはご理解いただけたかと思います。

殺到が予想!、プレミアム付き食事券

冒頭でもお伝えしたように、なぜGoToイートは全てが終わったような報道が多いのか?ですが、これはすでにプレミアム付食事券の争奪戦はパニック状態だからと推測されます。

そして東京では、11月20日に販売が開始されます。東京は、発行総額が全国最大の500億円の予算を投じていますが、10月の各都道府県の殺到ぶりをみる限りどのような状態になるか気になりますね。

プレミアム付き食事券の最大のメリット

利用する側からすると、最大のメリットは「購入額より25%上乗せされる」ことです。簡単にいえば、プレミアム付き食事券を購入すると追加で政府が払ってくれるってことですね。

*25%のプレミアが上乗せ
・10000円で2500円プラス
・20000円で5000円プラス
1セット10000円、一人最大2セットまで。
*各都道府県によって異なります。公式サイトでご確認ください。

各都道府県の公式サイトをチェック

検索で、「プレミアム付食事券+東京都」や「GoToイートプレミアム付食事券+大阪府」などで出てきます。公式サイトをしっかりとみることをお勧めします。手順等は、全て書いてありますし、少しずつズレも生じていると考えられます。

プレミアム券購入方法ステップ

簡単にプレミアム付食事券の購入ステップについて書いていきます。

1・専用WEBサイトにて食事券の申し込み
2・メールで引き換え票番号を発行
3・ファミマのファミポートにて引換券を発行
4・レジにて決済、その場で食事券受け取り

飲食店側のメリット・デメリット

農林水産省は、飲食店の需要喚起策としていますが、結構振り回されている感は否めません。少し、飲食店側の気持ちに立って考えて見ましょう。2500円自分たちはもらえたら関係ない!ではなく、提供側の状況を知ることで食事する姿勢も変わるのではないでしょうか。

プレミアム付食事券
メリット
・加盟店手数料や換金手数料不要
・食事券利用者の店舗選択の一因となる

デメリット
・食事券換金に手間がかかる
・現金化までの時間が必要なため、資金繰りへの影響

せっかくなので、オンライン予約のついても記載しておきます。

オンライン予約
メリット
・ポイント付与で、予約来店増
・ポイントの消費先として来店
・大きな広告効果

デメリット
・予約サイトへの登録が必要
・「送客手数料」が発生
・ポイント現金化まで時間必要
・現場の混乱

オンライン予約はデメリットが多いんですね。中抜き業者が持っていってしまうという現状があります。ネットの書き込みでも飲食店をされていると思われる方の切実な訴えがありました

(飲食店経営者の声)一部抜粋:潤ってるのは予約サイトだけ。・・・単価の低いお店はただただ苦しいだけの赤字上乗せ。この施策は一体誰を助けるための施策なのか?

GoToイートでは応援したいお店を最大限に応援する

長年、お世話になったお店はありませんか?そのお店は、コロナ禍でどうなっていますか?たまに僕も商店街などを歩くことがありますが、ワイワイ仲間と騒いだお店がこのコロナ禍で廃業してしまっていることがあり、新型コロナウイルスがもたらした、経済の悪化、厳しさを痛感します。

このような飲食店の現状を知りつつ本当に応援したい、この先も残ってもらいたい飲食店に足を運びたいですね。もちろん、そのお店がプレミアム付食事券を導入していれば最高です。

プレミアム付食事券注意点

最後にプレミアム付食事券を利用する際の注意点をお伝えしておきます。

・利用加盟店のみ
・つり銭は出ない
・現金との併用可能
・食事券払い戻しはない

加盟店は、シールなどを貼っています。ただ事前にネットなどで確認しておくのがいいですね。プレミアム付食事券を利用する目的で来店したのに、支払い時ショックを受けかねませんのでここはご注意ください。プレミアム付食事券の予算はまだあるようですので、活用したいですね。

GOTO恩恵による 格差が拡大中宿泊施設での利用も二極化 今回のGOTOキャンペーンの利用状況を見ると、宿泊施設の人気も二極化し、宿泊価格が高く、普段であればなか...
ABOUT ME
Hatanaka
Hatanaka
投資歴16年。過去には様々な投資案件を行ってきており、為替FX、暗号資産(仮想通貨)分野に精通しており、現在は、トレーダー講師としても活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!