暗号通貨

NFTとは何?NFTの可能性とバブルを考える

NFTという、代替不可能なトークンが最近話題になっており、使い方次第では大きなビジネスになる可能性があります。

そこで本日は、NFTとは一体何なのか?具体例も挙げながら説明していきます

NFTとは代替不可能なトークンのこと

NFTとは、Non-Fungible Tokenの略で日本語で言えば、代替不可能なトークンのことです。

もっとわかりやすい日本語でいうと、

NFTとは、「一点物」の価値を生み出せるブロックチェーンの独自のデジタルトークンで、アート作品やトレーディングカード、コンサートのチケットなどのデジタルな作品や商品の所有権の売買が可能です。

文字通り代替不可能、分割不可能なので購入者の所有権は強固に保護されます。転売されてもブロックチェーンで履歴を辿れるので、その作品が本物であることが証明できます。

今回はNFTの可能性とバブルについて考えてみたいと思います。

【NFT実例】Twitter創業者の初ツイートが250万ドルに

米Twitterと米SquareのCEOを務めるジャック・ドーシー氏は3月5日、Twitterに投稿された最初のツイートとして有名な自分の2006年3月21日のツイート

” just setting up my twittr ”

をNFTとしてオークションサイトのValuableに出品しました。10日時点でのオファーは250万ドル(約2億7000万円)になっています。

特定の人が購入したからといって、このツイート自体が他の人から見れなくなるわけでもなく、なぜこのようなものに価格がつくのか?これを不思議に思う人も多いわけです。

様々なものの価格が上昇している状況で、まさにバブルと言えるわけですが、ブロックチェーンがこのように利用されることで、暗号通貨バブルを確実に後押ししているとも言えます。

暗号通貨自体、現物としてのものが存在するわけではなく、多くの人が価値があると信じるから価格が上昇する。ひとつのツイートが高い価値がつく。デジタルアートやデジタル音楽にも高い値段が付く。

NFTバブルはしばらくヒートアップすると考えられます。

NFTのバブルは崩壊する

ただし気をつけなければいけないのは、確実に大きくその後は価格下落すると考えられます。NFTのバブル崩壊がいつ訪れるのか?

金融市場のバブル崩壊時に訪れると思いますが、NFT市場が異常な盛り上がりを示せば、その前にNFTバブル単独での崩壊もあると考えるべきでしょう。

そしてNFTバブルについては、アルトコイン並のの暴落になるとも考えています。

NFTへの投資には詐欺に注意が必要!

NFTへの投資は暗号通貨を使って、商品を購入する形になりますが、オークション形式で価格が釣り上がっていく場合、ゲーム感覚でのスリルを楽しむため、冷静な行動が取れなくなることも多々あります。

価格上昇にヒートアップし、ついつい高値掴みをする可能性も高いでしょう。さくらを使って価格釣り上げするようなグループも現れると思いますので、注意が必要です。

無価値の作品を大量に作り、身内のアカウントで転売を繰り返しつつ、価値があるような幻想を抱かせ、売り逃げする。株式市場の仕手戦のようなことも行われる可能性もあります。

NFTはやり方次第で新たなマーケティング手法としての可能性も

本来の価値などゼロだとしても、世界中の人がグループとなり、その作品の価格を釣り上げていけば、市場は出来上がってしまい、本当に価値化することもあり得ます。

NFTを使った新しいマーケティング戦略として取り入れるIT系のマーケティング会社も現れるかもしれません。新しい可能性のあるアーティスト、作家の作品を価値化させるビジネスは意外と大きく成長する可能性もあるのではと感じます。

ブロックチェーンの具体的な使用事例としてはGOOD

ブロックチェーンが多くの人にとってわかりやすい事例、利用例としてNFTが広がることで、暗号通貨市場そのものの信頼性の高まりには確実につながりますし、それによって新たな投資家が大量参加することで、市場を上昇させることは間違いありません。

アメリカでは85,000ドル以下の所得者への1,400ドルの配布が月内にはスタートします。若い世代の多くはこの資金を投資市場に注ぎ込みますので、NFTのブーム化をみても、多くの資金は暗号通貨市場に集まるのでないかと考えています。オンライン掲示板の ” レディット ” で最も熱く盛り上がっている金融商品は何か? これを常に確認しておくことがこの後の投資戦略では重要になると考えられます。

昨日のゲームストップ株の動きが過剰流動性バブルを象徴

昨日のゲームストップ株は終値ベースの最高値を更新する勢いでしたが、ニューヨーク時間午後0時18分から0時40分(日本時間11日午前2時18分から2時40分)の間に約2カ月ぶり高値の348.50ドルから172ドルまで急落し、その過程で売買が何度か停止されました。終値は7.3%高の265ドルでした。

出来高も7000万株を超え、過去1週間の2倍近くに膨らんでいます。会社の実態と株価、価値はかけ離れていると多くの専門家は考えているにもかかわらず、高値が維持できるのはなぜか?

ここに参加する多くは投資家ではなく、投機、ギャンブルを行っているのです。

NFT市場は同様の形になるのではと考えていますが、ドーシー氏のツイートのように、確実に価値化するものも多くあると考えられますし、NFTには引き続き注目していきましょう。

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。