コロナ特集

【新型コロナ】イブプロフェン系解熱剤の服用に注意!

コロナ薬

コロナに感染した場合バファリン等、解熱鎮痛剤に注意!!

こちらは世界各国のドクターにも確認し、かなり確かな情報である。

Covid 19ワクチンの為、UH施設で働いている同僚の友人からシェアされた内容だが、

ウィーンのCOVID-19を研究している研究所の情報によると、亡くなった人の大多数は自分の持っている解熱剤イブプロフェン系のアドビルなどを服用していた。そして、回復した人はイブプロフェン系の薬を服用していなかった。

発熱の症状がある場合、アセトアミノフェンのみを服用するのが良い。

新型コロナウイルスはイブプロフェンで繁栄させてしまう可能性が高く、服用しないこと。

コロナのイブプロフェン系の薬アドビルは避けるべき

バンクーバー総合病院(VGH)に勤務する看護師の友人からのシェアされた情報によると、イブプロフェン系の薬であるアドビルが肺にウイルスを10倍悪化させることを知ったそうだ。

また、40代と50代前の健康で換気装置を使用していた人が、アドビルを服用したために呼吸が困難になった人々を発見したとも述べている。タイレノールは当面の間の服用には適している。

VGHの4人の医師が現在感染しており、これまで、医師たちは、このような恐怖を感じた事がないと語っている。

現在この情報はコロナのイブプロフェンチェーンメールとしても出回っている。

ネットにも記載されている情報

ネグリン博士の病院から:中国人は現在、剖検の結果、Covid-19ウイルスの挙動を理解しています。

このウイルスは、気道と肺を固化して遮断する粘液で、粘液で呼吸経路を妨害することを特徴としています。薬を適用できるようにするには、これらの気道を開いて遮断を解除する必要があるので、将来、治療に使用でき有効になるでしょう。ただし、それにはまだ時間が掛かります。

自分を守る為に出来る事についての推奨事項は次のとおり

1) 沢山の熱い液体を飲む

• コーヒー
• スープ
• お茶
• 温水

更に、口を湿らせ、胃液で口に入るウイルスを洗い流すため、20分ごとに温水を一口飲んでください。ウイルスは、肺に到達する前に中和されます。

2) 温水で防止剤になるものを使用してうがいをする

毎日欠かさずうがいをすることが大切です。酢、塩、レモンなど使いましょう。

うがい薬は、時に喉の良い菌も殺してしまう事がありますから、頻繁にうがい薬を使用しない方が良いでしょう。

ウイルスは肺に入る前に喉の中に3〜4日間留まります。うがいはウィルスの攻撃に適しています。

3) ウイルスは髪や衣服に付着する

洗剤や石鹸はウイルスを殺します。
帰宅したときは、風呂かシャワーを浴びる必要があります。
どこにも座らないように触らないようにしてバスルームやシャワーに直行します。

毎日洗濯できない場合は、ウイルスを中和する直射日光に当ててください。

4) ウイルスは9日間感染し続ける可能性があるため、金属面を注意深く除菌すること

自分の家の中の手すりやドアハンドルなどに触れる事にも注意してください。
それらを清潔に保ち、定期的に拭き取ってください。

5) 喫煙しない

喫煙することで免疫力が低下し、肺炎になるリスクが高まります。

6) 泡立つ石鹸を使用して、20分ごとに20秒間、手をよく洗うこと

Happy Birthdayの曲2回くらいの時間が目処になります。しっかり洗いましょう。

7) 果物と野菜を食べる

ビタミンCだけでなく、亜鉛も取り、自分の免疫力を上げるようにしてください。

8) 動物は人にウイルスを広めない

人から人への感染です。

9) 冷たいものを飲んだり食べたりしない

また一般的なインフルエンザにかかるのを避ける為、冷たいものを食べたり飲んだりしないようにしてください。

喉の痛みなど、喉に不快感を感じた場合は、1〜9の方法ですぐにウィルスを攻撃してください。

皆さんの幸運を祈ります。

そして自分で自分の身を守る為に、この情報を皆さんにお伝えします。

コロナの特効薬とされる「レムデシビル」とは?効果や副作用は?コロナの特効薬として注目されているレムデシビルですが、副作用はないのか?と言えばそうではなく、吐き気など様々な副作用が出ているのも事実です。ではなぜレムデシビルが注目されているのか?政治の裏側の背景なども説明していきます。...
ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!