Filecoin

Filecoin(ファイルコイン)のポータルサイトがスタート

AI TRUSTが総監修、Filecoin(ファイルコイン)のまとめサイト

ファイルコインを徹底理解するための専用サイトが立ち上がりました。10月19日~23日にメインネットがスタートするファイルコインは今、世界中の暗号通貨関係者の中で最もホットな話題となっています。暗号通貨市場の今後を占う上でも今年一番のイベントであることは間違い無いでしょう。

なぜFilecoin(ファイルコイン)がそれほど注目をされているのか?

既に世界の15箇所以上の暗号通貨取引所で先物売買がスタートされており、取引額も急増しています。世界の暗号通貨投資家の間での認知も一気にこれによって高まりました。

そして、Huobiをはじめとする大手取引所でも、メインネットスタート後にファイルコインの取り扱い開始も発表されています。AI TRUSTでは記者が定期的に大手取引所とのZOOM会議を行っていますが、そこでの話題も今はファイルコインが中心に上がります。

当初はアメリカの大手暗号通貨取引所2社での取り扱いが発表されていましたが、この取引所には日本在住者は口座開設ができません。しかし、現在日々行っているZOOM会議の中では、日本人が口座開設できる海外取引所の幾つかでも早々に取り扱い開始も決定されました。これによってマイニングで日々得られるファイルコインの換金も容易くできることになるわけです。

IPFSの技術はHTTPを超えるものとなる可能性も!

AmazonやMicrosoftをはじめとするクラウドサービスの世界の年間の市場は既に50兆円を超えています。5Gが浸透することにより、取り扱われるデータボリュームがこのあともさらに劇的に増加することになります。

この市場のコストを圧倒的に下げる可能性があるのがIPFSであるとすれば? この技術は世界中で活用され、浸透する可能性も高いわけなのです。既に世界では著名なものだけでも80を超えるエコシステムもスタートしています。

その技術の中核で利用されるのがファイルコインだとすれば?

IPFSは中央集権型サーバーではなく、分散処理されたストレージが利用されます。そしてストレージ提供者にはマイニング報酬としてファイルコインが支払われます。この仕組みはビットコインのマイニングをイメージすればわかりやすいでしょう。

そしてビットコインと違い、ファイルコインの場合、IPFSの技術そのものが、既に世界で50兆円を超える巨大なウェブサービス分野に使われるわけですので、この可能性の大きさはビットコインを超えるものになることも十分にあり得ると考えています。

ファイルコイン、IPFSをより深く理解するための専用サイトが立ち上がりました!!

AI TRUSTが総監修してファイルコインのポータルサイトが立ち上がりました。ファイルコイン、IPFSの世界の最新情報だけでなく、ファイルコインの開発に関わる世界中の技術陣、エコシステム、大手マイナー、取り扱い取引所トップへの独占インタビューも配信していきます。

さらには世界の大手マイニング会社の比較検討ページでは、各マイナーの最新状況や今一番ホットなマイニング案件も紹介していきます。今すぐこちらからご確認ください。そしてブックマーク追加も忘れずに行ってください。

そして誰もが気に掛かるマイニングやファイルコイン投資の出口戦略をどのように考えるべきか?この点についても定期解説していきます。

ファイルコインのことならfilecoin-jp.com にお任せください!!
↓↓↓
https://filecoin-jp.com/

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。