Filecoin

Filecoin(ファイルコイン)の価格が上がる理由とは?

Filecoin(ファイルコイン)は日々、新しいニュースが世界中で発表!!

参加するエコシステムも活発化してきたこともあり、ファイルコインを活用して資金調達を行うプロジェクトも増えることが予想できます。そうなれば、当然のことながら、ファイルコインの現物トークンに対して新たな需要が発生することになるわけです。

AI TRUSTでは、メインネットスタートまでは日々終日といっていいくらい、ファイルコイン 関連のZOOM会議を世界と続けています。マイニング関連や取引所関連は中国とシンガポールが多いのですが、エコシステムについてはヨーロッパとアメリカが多いため、24時間体制で時間がとられています。その最中に様々な分析も行っていますので、編集部も本当に超多忙な日々が続いています。さて、今日もファイルコイン の価格形成及び可能性について少し話をしたいと思います。

暗号通貨の未来はFilecoin(ファイルコイン)できまる?

今回、Filecoin(ファイルコイン)のメインネットスタート後の取引所での価格形成がうまくいかない場合、極端な話となりますが、暗号通貨市場の未来はない・・・・・とまで個人的には考えています。本音として、ビットコインへの投資自体も、中長期的な目線では考えつつも、必要最低限で抑えた上で、暗号通貨投資自体にある程度見切りをつける必要もあるのではないかと考えています。

その理由はなぜか?

暗号通貨関連ではそれを利用した詐欺、スキャムばかりが相変わらず横行し、日本国内でもハイプ案件が流行っており、安心した金融市場、投資先としての認知・信頼が、このままいけばいつまで経っても形成されないからなのです。それぞれのスキャム案件は本来暗号通貨とは何も関係ないものなのに、世界の暗号通貨への法律面が未成熟だからこそ、支払い決済手段として暗号通貨が使われいます。そのために詐欺案件自体が暗号通貨を絡めた内容になっているのです。

多くの参加者はそのために、それぞれの案件を暗号通貨関連への投資だと考えてしまいます。
毎回毎回、多くの人が騙される案件ばかりが世界中で広がり、続くようであれば、世界中の所轄省庁は暗号通貨関連に対しては厳しい目線を送り続けるでしょう。ルールが厳しくなることは金融市場という面から考えて良いことだと思いますが、投資家への心理的な参加ハードルは確実に上がることになるでしょう。

税制面から考えても、株や為替投資と比較して、高い税率が適応され続け、暗号通貨投資の魅力は高まらないことになり、送金手段としてや自国通貨安からの逃避先として、新興国、途上国での一定の実需はあり続けても、ビットコインであっても、大きな価格上昇には自ずと限界があると考えるからなのです。

そもそもこんな数のトークンは必要なく、自分自身もビットコイン以外への興味は失せていましたが、Filecoin(ファイルコイン)はIPFSというHTTPに代わる革新的な技術が根幹にあり、現在の世界の50兆円のウェブサービス市場そのものを変える可能性があるからこそ、Filecoin(ファイルコイン)に大きな期待を寄せています。ファイルコインの価格形成が手堅くされていくだろうという理由はまだまだあります。

暗号通貨取引所の真剣さ

世界各国の大手暗号通貨取引所はFilecoin(ファイルコイン)のメインネット開始を、新規顧客獲得の大きなチャンスと考えています。株式市場や為替市場への新規顧客流入と比較し、暗号通貨市場への新規顧客誘導は実は非常に低く、各取引所は大きな顧客誘導のきっかけを今は探しています。

各取引所がファイルコインを集客のキャンペーンに利用しながら宣伝を行うことになり、多くの投資家がファイルコイン を変えば、需要に対して供給量が圧倒的に少ないため、ファイルコインの価格上昇につながり、結果的には新たな暗号通貨投資神話につながると考えているのです。それによって、暗号通貨投資家が増え、取引が盛んになれば、取引所としても収益機会が増すことになります。

各取引所は様々なファイルコイン に絡むキャンペーンも独自で準備しており、これによって世界中の投資家の中でファイルコイン への興味が集まることになります。現在、新規で顧客獲得するコストは50ドル〜200ドル程度はかかっており、ウェブ上での広告費用をかけるよりも、ファイルコインを一定量プレゼントする、先物市場のファイルコイン を安価で提供するなどを行うことで、新規顧客が獲得できるのであれば、マーケティング費用としても相対的に効率が良くなる、マーケティングコスト自体が下がる可能性もあります。

暗号通貨取引所が自己資金でファイルコインを買う

これはあくまで自分の予測となりますが、おそらく多くの取引所はこれを行うでしょう。

取引所内でFilecoin(ファイルコイン)を人気化させるためにも、最初に自己売買で取引を厚くする必要があります。その中で、ファイルコイン の現物自体が市場には少量しかないわけですので、最初は他の取引所からでもFilecoin(ファイルコイン)を買わざるを得ないのです。

顧客が売るための現物のFilecoin(ファイルコイン)を持っていないからこそ、世界中のファイルコイン を取り扱う取引所がFilecoin(ファイルコイン)を仕入れします。フィルコインの現物を扱う取引所同士がカバーディールを行い、買い注文ばかりに偏ることになれば、価格の空白帯ができ、急騰する可能性が高くなります。これが世界中の取引所間で起こることで、圧倒的なファイルコイン の買い需要となり、Filecoin(ファイルコイン)の価格が継続上昇することになるわけです。

そして取引所がファイルコインを購入せざるを得ない理由があります。Filecoin(ファイルコイン)先物を扱う取引所のいくつかでは、8ドル程度の価格で3ヶ月先物のファイルコインを買えるキャンペーンを行い、この先物のFilecoin(ファイルコイン)に対して、3ヶ月以内に現物のファイルコインに1:1で交換するという形にしてあります。

ということはどういうことになるか?というと、取引所は顧客に現物を渡すために、カヴァーディールで他の取引所を通じてでも、顧客に渡す分のファイルコインの現物を購入せざるをえず、結果的にこれが大きな買い需要となり価格を押し上げます。

これは今年の春先以降のソフトバンクGの株式の上昇がわかりやすい事例でした。信用売りが大量に溜まっている中で、孫正義氏は大規模な自社株買いを行うと宣言し、市場で継続的に株を買い続けたため、売りに回った投資家は損切りをして買い戻しを行い、これが株価の上昇に拍車をかけたのです。これと同じ現象がファイルコインで起こる可能性が高いということです。

暗号通貨取引所がFilecoin(ファイルコイン)のマイニング参加している

大手取引所とZOOM会議をしていてわかりましたが、多くの取引所がFilecoin(ファイルコイン)のマイニングを、マイニングプールに参加する形で行っています。なぜその必要があるのか? と言えば答えは簡単で、顧客が売買を行うためのFilecoin(ファイルコイン)の現物がないからこそ、取引所自身でFilecoin(ファイルコイン)のマイニングを行い、Filecoin(ファイルコイン)を得る必要があるのです。

そして各取引所トップにヒアリングしてわかったことは、多くのトップはできるだけFilecoin(ファイルコイン)を現状の価格では売りたくないと思っていることです。中長期的に価格が上昇すると彼らも考えているわけで、最初はできるだけマイニングで得たトークンを売らずに、長期保有したいわけです。しかし取引所のサービスとしてはファイルコインの売買をしていかなければなりません。そんなジレンマの中に取引所各社はあります。

様々な角度から考えても、Filecoin(ファイルコイン)の需要が如何に大きいかを肌で感じることから、中期的なファイルコイン の価格上昇に自分自身は確信をしているのです。

自分自身はマイニングに大きなチャンスがあると考えていますが、メインネット公開後、Filecoin(ファイルコイン)の現物を買うことでも十分メリットがあると考えています。ただし大幅に価格が上昇した場合、どのタイミングで買うのか?という点については個々の投資判断が必要となりますし、このアドバイスは具体的に行うことは避けたいと思います。

当然のことながら、筋書きが全て外れ、Filecoin(ファイルコイン)の価格形成がうまく行かないこともあり得るわけですから、個々の判断で投資を進めるべきでしょう。

メインネット公開直前の10月17日 ウェブセミナー&ZOOMセミナー開催決定

今回のウェブセミナーではチャーリーからのファイルコインの価格形成推測だけでなく
前回のスペースレースで好成績を残したマイナーのトップから。

さらにはメインネット公開後にファイルコインを上場させていることも決定している
大手取引所トップが生出演し、今回のセミナーだけの視聴者の方に
ファイルコインに対する特別提案も頂きます!!

そしてチャーリーがZOOMでマイニングと現物ファイルコインをどのように持つのが理想か?
この点についても話をしていきます。メインネット公開直前のファイルコインの生の情報を確実に
このセミナーで得ていきましょう!!

1部 ファイルコインの価格形成予測と世界の暗号通貨取引所ヒアリング状況  チャーリーTAKA

2部 スペースレースでの驚くべき成果のマイナー日本初登場  ◎◎◎社 ◎◎氏

3部 大手暗号通貨取引所トップが生出演 暗号通貨投資家へのファイルコイン特別提案

4部 ファイルコイン マイニングと現物買い どちらが有利? チャーリーTAKA

今回のウェブセミナーも無料開催となります。

そして参加者には全員にファイルコインの価格形成レポートもプレゼントいたします!!

申し込みは今すぐこちらからどうぞ!!

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。