Filecoin

Filecoin(ファイルコイン)の IPFSでは一体何ができるのか?具体例を公開!

Filecoin(ファイルコイン)のメインネットが公開され、即座にバイナンスをはじめとする大手暗号通貨取引所に上場しています。トークン価格は当初跳ね上がった後、そのあとは調整局面の中下落をし、現在は安値から再度価格が上昇してきています。

Filecoin(ファイルコイン)の IPFSでは一体何ができるのか?

今日はFilecoin(ファイルコイン)の根幹技術であるIPFSで一体全体どんなことができるのか?この点についてまとめてみたいと思います。

Filecoin(ファイルコイン)の価格上昇の隠れたポイント

ファイルコインの取引所での価格が乱高下しつつも、堅調である大きな理由がひとつあります。ファイルコインのマイニングを行う上で、マイナーは一定のファイルコインを担保として積む必要があります。ファイルコインのマイニングでは、マイナーがエラーを起こしたり、処理ミスをした場合にはマイニングフィーが支払われるのではなく、罰則金、ペナルティを取られる仕組みになっています。

質の低いマイナーを排除し、マイニングの品質向上のための措置が取られているのです。マイナーはマイニングを行う上で、一定量のファイルコインを担保しておく必要がありますが、スペースレースでファイルコインを獲得しているマイナー以外は、手元にファイルコインを持っていませんので、取引所で継続的にファイルコインを購入しなければならないのです。

この需要が継続的に発生しているため、手堅い底値を築いているのです。

時価総額がなぜ低いの?

ファイルコインの時価総額がなぜ当初言っていたような上位に来ないのか?そう感じている人もいるかもしれませんが、これにはシンプルな理由があります。ファイルコインのマイニングはまだスタートしたばかりですので、まだ市場で流通しているファイルコインが2,200万トークンほどしかないのです。全体の発行量は20億枚ですので、その1/100しか市場に出ていないということです。ですので、現在価値の33ドル(10月27日時点)で時価総額は744百万ドルですので、この100倍となれば744億ドルということになり、既に暗号通貨市場2位のイーサリアムを上回っているとも言えるわけなのです。

IPFSで何ができるの?

既にIPFSは様々な企業、プロジェクトが活用していますが、既に立ち上がっているわかりやすい事例をいくつか挙げてみたいと思います。

データストレージのグローバルマーケットプレイス

ファイルコインストレージ所有者は、追加のスペースが必要なユーザーのデータをホストできます。これは、IPFSがそもそも存在する理由の1つであり、今年後半に完全にオンラインになると、IPFSの成長を大きく加速させることになります。プロジェクトはProtocolLabsによって開発されました。

https://protocol.ai/

教育プラットフォーム

RocketShoes (新しいウィンドウを開きます)は、生徒が学習資料、課題、メモ、デジタル資産を作成してタグ付けする教育プラットフォームです。これらはIPFSに保存され、ブロックチェーンはタイムスタンプ、所有権の証明、およびインセンティブレイヤーを保証します。

https://www.rocketshoes.io/

音楽プレーヤー

Diffuse.sh は、音楽リポジトリに接続してどこからでも聴くことができるオンライン音楽プレーヤーです。これで、IPFSリポジトリに接続できます。

https://diffuse.sh/

音楽ストリーミングプラットフォーム

オーディウスはIPFS上に構築された音楽ストリーミングプラットフォームです。アーティストが管理し、プラットフォームが料金を負担することはなく、リスナーはオフラインで音楽を楽しむことができます。

https://audius.co/

市場・金融

ヘブンはショッピングのためのプライバシーに焦点を当てたモバイルアプリです。ヘブンはユーザーの購入履歴を知らず、暗号通貨で支払うことを許可し、カットをしません。

https://gethaven.app/

原点は、IPFSにデータを保存するブロックチェーンを利用したオンラインコマースプラットフォームです。ブレイブ (新しいウィンドウを開きます)Webブラウザーには、盗品を販売するための独自のストアがあります。

https://www.originprotocol.com/ja/

AWSS3統合

クラウドにAmazonWeb ServiceのS3接続を使用している場合は、RTradeのストレージサーバーを使用できます (新しいウィンドウを開きます)ワークフローの中断を最小限に抑えてIPFSで複製します。

人気のオブジェクトストレージサーバーMinIOからフォークされています。近いうちにネイティブでMinIOに再統合される予定です。
https://github.com/RTradeLtd/s3x

分散型データベース

OrbitDBはサーバーレスの分散型ピアツーピアデータベースです。OrbitDBは、データストレージとしてIPFSを使用し、IPFS Pubsubを使用して、データベースをピアと自動的に同期します。

これは、競合のないデータベースマージにCRDTを使用する結果整合性のあるデータベースであるため、OrbitDBは、分散型アプリ(dApp)、ブロックチェーンアプリケーション、およびオフラインファーストのWebアプリケーションに最適です。GoとJavascriptの実装が利用可能です。

https://github.com/orbitdb/orbit-db

現在MongoDBを使用している場合は、ThreadDBの方が快適かもしれません。
またはAvionDB、IPFS上に構築された非構造化データベースです。

https://docs.textile.io/threads/
https://github.com/dappkit/aviondb-onboard

Filecoin(ファイルコイン)のIPFSはまだまだ多方向で利用可能

まずはざっと多くの方にも関係する項目での利用状況を挙げてみましたが、これ以外でもまだまだ多方向で利用されています。

多くは現在進行形の開発されているものですので、日本人が使いやすいアプリも今後どんどん登場してくるのではないかと思いますし、ここにはビジネスとしても大きなチャンスがあると感じています。

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。