新着ニュース

【5月22日】いま世界で何が起こっているのか?

新型コロナの世界での感染者数は5,076,846人、死亡者数は331,137人となり、感染者は500万人を超えてきています。WHOのテドロス事務局長は20日、スイス・ジュネーブで、過去24時間に報告された新型コロナの新規感染者の数が106,000人と1日当たりの感染者として過去最多となったと明らかにしました。

記者会見で、新型コロナの感染拡大について道のりは長いと指摘しています。感染者のうちの約3分の2が米国、ロシア、ブラジル、インドの4カ国です。インドでは1日当たりでは過去最多となる5,600人以上の新規感染者が確認されています。

異常に低いロシアのコロナ死亡率

ロシアの新型コロナ感染者数は317,554人と世界第2位ですが、死亡者は3,099人で、10万人当たりの致死率は1.9人にとどまっています。

米国の27.6人、英国の52.5人と比べると異常に低く、本来死者と数えるべきものを、他の病気を死因とし、感染死者数を過小報告している可能性も高く、本当の状況が見えないことは世界にとってもリスクとなります。ロシア前のソ連で当時何が起きていたのか?こちらの記事から理解を深めましょう。

ソビエト(ソ連)崩壊はいつ?わずか数年で崩壊した原因は?ソビエト連邦は冷戦後の超大国 第二次世界大戦後の冷戦時代、ソビエト連邦は揺るぎない超大国と思われた。 しかし、ほんのわずか数年で...

米:新型コロナ1,345万人が感染した?

新型コロナ感染症の流行が続く中で、米国の成人の3分の1に相当する約9,400万人が受診を遅らせたり、見合わせたりしていることが米国勢調査局の推計で示されました。インペリアル・カレッジ・ロンドンの新たな研究報告によれば、米国の人口の4.1%が新型コロナに感染したと推計されるといいます。

現在のアメリカの人口は3.28億人程度であり、1,345万人が感染したということになります。世界でも同様で、実際の新型コロナによる感染者数の実態は一桁多いと考える必要があるのかもしれません。

韓国:進むIT化で日本と開きが

紙中心の日本とIT化進む韓国では、コロナ給付金で支給スピードに大きく差が出ています。韓国の280万世帯は給付金の受給に時間が全くかかりませんでした。これは申請しなくても自動的に銀行口座に振り込まれたことがその理由です。

日本の行政のIT分野の遅れは今回の新型コロナで改めて浮き彫りになりましたが、この部分を加速化して改善しなければ、先進国とは周回遅れどころか、2周回遅れになってしまいます。

日本:脱ハンコ

新型コロナの感染拡大防止の一環でリモートワークが広がり、インターネット上で契約を締結できるシステムへの関心が高まっています。

電子契約事業を展開する弁護士ドットコムは大きくこの分野で成長を見せ、年間2倍近くの売り上げ増を数年間継続させていく意向をみせています。脱ハンコ、脱紙文化 この機会に一気に進めることが大切だと考えられます。

インド:配車大手オラで大幅リストラ

ソフトバンクGが出資するインド配車最大手オラが、インド国内の社員の35%に当たる1,400人を削減することを発表しました。

インドでは新型コロナの感染拡大を抑えるため3月下旬から外出制限を伴う都市封鎖が続いており、過去2カ月で95%の減収となったそうです。都市封鎖が解除されても人の動きが従来通りに戻るかは見通せないため大幅なリストラに踏み切りました。米ウーバーの苦戦も続いていますが、ソフトバンクGが出資する各社の多くが、今回の新型コロナでは大きなダメージを受けています。

ソフトバンク悪夢
ソフトバンクGの悪夢を振り返るジェットコースターのような株価 2020年2月中旬の6,000円弱の高値から3月23日には2,660円と半値以下まで急落し、その後、2...

米:ヴィクトリアズ・シークレット250店舗閉鎖

新型コロナの感染拡大を受けて小売業が苦戦する中で、米アパレル大手エルブランズは5月20日、米国とカナダで展開中の「ヴィクトリアズ・シークレット」及び「ピンク」の約250店舗を恒久的に閉鎖すると発表しました。

ヴィクトリアズ・シークレットは米国とカナダで1,091店舗を運営していますが、米国の253店舗とピンクの3店舗を閉鎖し、さらにカナダでも複数の店舗を閉鎖します。今年第1四半期の売上は前年同期比37%マイナスの16億5,000万ドルでした。パンデミックの発生を受け、同社のほぼ全ての店舗が今期の終盤に休業に追い込まれています。破綻リスクも視野に入れる必要があるのかもしれません。

中国:ビリビリ急成長

中国の動画ストリーミングサイト「ビリビリ(Bililbili)」から2人目のビリオネアが誕生しました。米ナスダック市場に上場するビリビリの株価は、5月18日の決算発表を受けて急騰し、ビリビリ創業者で、発行株式の約8%を保有する徐逸(Yi Xu)の保有資産は、19日朝時点で10億ドルに達しています。

しかし、アメリカの株式市場では中国企業締め出しのための法案が議会で可決されましたので、上場する各中国企業への影響はこれから様々な形で現れるリスクもあります。

【米中問題】米中の新型コロナウィルス情報合戦と信憑性米中問題再来、そして激化 新型コロナウィルスにより米中の問題が悪化しています。これは、トランプ政権の大統領選に向けたパフォーマンスとの...

中国:子どもにうつ病の兆候

中国の研究者たちは、中国湖北省の学校の2年生から6年生までの子どもたち1,784人を対象に、パンデミックによる休校後の心の健康状態についての調査を行いました。

2020年4月に発表されたこの研究では、5人に1人の子どもたちが、1カ月間学校を休んだ後にうつ病の症状を経験していることが判明しました。そして不安を持つ子供の割合はほぼ同じくらい高いことがわかりました。

長期間家庭内に閉じ込められる不安、家庭内の喧嘩、DVなど、様々な要因も含まれるでしょうが、世界でも同様の事が起こっていると理解すべきですし、経済活動停止により、殆どの大人も資金繰り不安による精神不安を持つことで、鬱、自殺の急激な増加も危惧されます。

為替の自動売買システムを学ぶ、無料ZOOMセミナー開催!

新型コロナウイルスの影響で、為替相場は「適度にボラティリティが高く」「相場の定期的な波がある」相場に変化し、プログラムによるシステムトレードが高いパフォーマンスを出せる相場になっています。

私たちも運用しているシステムトレードは4月単月で23%のパフォーマンスを実現。このチャンスを活かし、システムトレードを積極的に自身の資産運用の一つとして導入してみましょう。5月23日に、このシステムトレードに関する無料のZOOMセミナーを開催します。

詳細は下記からどうぞ。

AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!