Filecoin

Filecoin(ファイルコイン)はビットコインに代わる可能性も

Filecoin(ファイルコイン)は次世代ビットコインとの呼び声も

Filecoin(ファイルコイン)は次世代のビットコインとしての可能性、需要の大きさから、大きな成長性が見込まれており、IPFS自体の将来性は非常に高いと考えられます。ビットコインの難点はプルーフオブワーク(POW)がコンピューティングリソースに大きく依存するため、膨大な量のエネルギーを消費し、効率の向上が根本的に困難であるということにあります。

ファイルコイン採用のメカニズムはコンピューティングリソースに依存していないため、莫大なエネルギーを消費する必要がありません。作業効率を究極にまで高めてくれるという点では、真のシェアエコノミーだといえるでしょう。

また、ファイルコインは、IPFS分散型ストレージネットワーク上でFILトークンを発行することで、IPFSネットワークへのストレージリソース、検索サービス、帯域幅リソースの提供を奨励し、強力かつ分散化されたインターネットを構築します。これこそが、FilecoinがWeb3.0において「次世代のビットコイン」になりうる所以なのです。

Filecoin(ファイルコイン)がメインローンチを開始

ファイルコインはメインネットローンチを開始。すでにバイナンスを始めとした様々な取引所への上場がスタートとなりました。

>>ファイルコインの取り扱い取引所一覧はこちら

Filecoin(ファイルコイン)のマイニングは初期段階に高い妙味あり

初期段階のマイニング報酬は特に高く設定されており、そこから徐々にマイニング報酬が減少していく仕組みが採用されています。これは2008年に立ち上がったビットコインでも同様でした。立ち上げ時から数年のビットコインマイニングは、家庭のPCでも十分に行うことができたのです。

つまり、Filecoin(ファイルコイン)のメインネットワークスタートアップの初期、2020年10月からマイニングに参入することで得られる先行者メリットは非常に大きい と言えるわけなのです。

また、Filecoin(ファイルコイン)の発行メカニズムでは、Filecoin(ファイルコイン)総発行量は20億FILに設定され、そのうち5%(1億FIL)は財団に割り当てられ6年間で均等にリリースされる予定となっています。

また10%(2億FIL)はICOに参加した投資家に割り当てられ、これは36か月間で均等にリリースされます。ICOで参加した投資家がFilecoin上場後にまとめて売り出されるリスクも抑えられていると言えます。そして15%(3億FIL)はプロトコルラボチームに割り当てられ、6年間で均等にリリースされます。

残りの70%(14億FIL)がマイナーに割り当てられ、ブロック報酬の形で20年間をかけて徐々にリリースされるので、プロジェクトやICOの参加投資家による売り浴びせが限定され、既存のICOプロジェクトのように上場後スグに暴落するといったことがなく、安定した価格が実現されるわけです。

FilecoinのICOに参加した著名な機関や企業

米スタンフォード大学(Stanford University)
WINKLE VOSS Capital
仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)
スカイプ(Skype)
アンドリーセン・ホロウィッツ(AndreessenHolowitzCapital)(VC)
NY Digital Currency Group(VC)
セコイア・キャピタル(SEQUOIA Capital)(VC)
Yコンビネータ(Y Combinator LLC)(VC)

Filecoinマイニングの妙味

フィルコインマイニングの妙味がどこにあるのか?改めてこれをわかりやすくまとめてみました。

1)スタート時での参加であること

メインローンチスタート直後にマイニング参加することで、効率良く日々マイニングでき、より多くのFilecoinを効率よく得られ、投資リスクを最小化することができると考えられます。

2)実体経済の需要が大きいこと

データセンター市場やコンテンツ関連事業など 、大容量ストレージにかかわる産業の参入が見込まれます。Filecoinの市場性 投機的な目的ではなく、実際の利用シーンが見えていることから安定した成長が見込めると考えられます。

3)初期投資家への割り当てが少ない

全トークン20億枚のうち10%しかICO参入組に 付与されておらず、しかも長期間にわけトークンが配布されるため、上場後の売り抜け可能性は低いと考えられます。

4)著名投資家、ベンチャーキャピタルが数多く参加

IPFS技術への関心は世界的TEC企業でも高く、ICOで有名企業、VCなどが投資しており、プロジェクトとしての精査は折り紙付きだと言えるでしょう。

5)既に15箇所を超える暗号通貨先物取引所で売買

9月15日の時点で既に世界の15箇所の暗号通貨取引所先物市場で売買されており、日々の出来高も多く、期待感の大きさがみて取れます。そして現在取引されている価格は15ドルを超え、日々マイニングで得られるであろうトークンを想定すると、投資回収の速さが期待でき、投資リスクを非常に低く抑えることが可能だと考えられます。

6)各国の主要仮想 通貨取引所にも早期の上場が見込まれている

既にいくつもの暗号通貨取引所での上場、登録が見込まれていますが、先物市場での出来高の大きさを考えると、著名暗号通貨取引所の殆どでは、早々に取り扱われるのではないでしょうか。

7)流動性が高く換金しやすい

発行規模、先物取引での価格から考えると、当初から暗号通貨市場の中でも上位に位置するトークンになることは間違い無く、これはあくまでも個人的な見解となりますが、早々に上位5位以内に食い込み、まずはイーサリアムの次に位置するトークンになるのではないかと考えています。そしてイーサリアムを抜き去るポテンシャルは非常に高いと感じています。

Filecoinマイニングのリスクは?

ではリスクはどのような点にあるか?を考えてみましょう。

1)トークン価格の暴落

トークン価格が暴落し、マイニングでFILトークンを得ても実質無価値になってしまう。現在の先物市場の価格形成を見れば、この可能性は低いと考えられますが、当然このリスクは考えておく必要があるでしょう。ただしメインローンチ化も早々ですし、取引所上場もその直後から始まりだすと思われますので、初期投資分を日々マイニングで得たFILを換金化することで、リスクは最小限に抑えられるのではないでしょうか。

2)マイナーの破綻

この点は最も注意すべき点の一つです。ビットコインマイニングよりも難しい技術が必要とされますし、マイナーも淘汰されていくと考えるべきで、中小のマイナーでのマイニングプール購入は避けることが懸命でしょう。

3)MLMにも要注意

この点の調査はまだ終わっていませんが、日本国内で流行している暗号通貨アービトラージ案件のいくつかのプロジェクトが破綻間近のようです。ともにMLM形式で広がっており、その組織網がFilecoinマイニングをネタにして、新たな募集を行うかもしれませんし、この点は注意が必要です。

4)マイナーの価格の比較検討&サービス体制

様々なマイナーの価格、サービス体制も調査をしていますが、既にスキャム(詐欺)マイニング案件もいくつも出てきています。信頼できるマイナーを選ぶことが重要になります。

これ以外にも様々なリスクは考えられますが、技術の革新性、そしてメインローンチ間近であることを考えれば、信頼できるマイナーを選定し、マイニングで日々得られるFilecoinトークンを取引所で換金化していけば、リスクを最小限に抑えた上で、非常に大きな投資リターンにつながる可能性があると考えられます。

AITRUSTでは現在大手3社のマイナーと直接ヒアリングを行い、サービス体制、信頼性を吟味しています。日本人投資家が最も安心してマイニングに参加できる先をチョイスしていきます。早々に情報をアップしますので、楽しみにお待ちいただければと思います。

【特別セミナー】Filecoin大きな可能性と渦巻くリスク

9月26日に” ファイルコイン 大きな可能性と渦巻くリスク ” ウェブセミナー&ZOOMセミナーを開催しました!そしてファイルコイン、マイニングなどをビジネスとして考えたい人のためのウェブセミナーも開催します。

第一部 )講師:チャーリーTAKA

① ファイルコインの大きな可能性 (HTTPからIPFSへ)

② 先物市場のリスクと国内で乱れ飛ぶ不確かな情報(気をつけなければいけない騙されるポイント)

③ 正しいマイニングの選択のポイント

第二部 )講師:それぞれの専門家が講師としてお話します

精査されたマイナー、整ったプラットフォームでのファイルコインマイニングを理解する

② 日本企業だからこその安心、サポートを得てファイルコインマイニングをスタートさせる

第三部 )講師:チャーリーTAKA

ファイルコインマイニングをビジネスとして行う方法

今回のウェブセミナー、ZOOMセミナーは無料で開催されます。

そして参加頂いた方には、ファイルコイン、ファイルコインマイニングの理解を深めるためのレポートをプレゼントさせて頂きます。

暗号通貨投資家であれば、必ず今聞いておくべき内容となります。
今すぐこちらから申し込みください!!

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。