暗号通貨

Filecoin(ファイルコイン)が購入できる取引所とは?現在は15箇所!

Filecoin(ファイルコイン)って知ってますか?

今Filecoin(ファイルコイン)が非常に注目されているのです。

今回は、そんなFilecoin(ファイルコイン)がなぜ注目されているのか?そしてそ、いまどこの取引所で買えるのか?その購入方法なども簡単に説明していきます。

Filecoin(ファイルコイン)の仕組みとは?

Filecoin(ファイルコイン)は誰もがネットワーク上にデータをアップロード、ネット上のデータを管理・入手できる分散型ストレージネットワーク(DSN)です。わかりやすく言えば、ブロックチェーン上でストレージの貸し借りができるサービスを提供するプロジェクトとなります。
現在全世界のストレージの総容量のうち、50%程度は使われていない状態で放置されていると言われ、多くのユーザーがそのストレージに余剰を残しています。Filecoinはこの余剰領域を貸し借りするためのプラットフォームを提供するのです。

Filecoinはこれまでの中央集権的なストレージサービスと違い、ブロックチェーンの技術を用いることでPeer To Peer(P2P)、つまりユーザー間でデータストレージの為のネットワークを構築する事を可能にしました。Peer To Peer(P2P)方式による取引を実現したことにより、Filecoinの利用者は低いコストで利用でき、ストレージのカスタマイズも簡単に行うことが出来るようになります。マイナーは、余っているストレージを他人に貸すことで余剰のストレージを活用する事が出来ることがメリットとなります。

また、Filecoinでは、ISPベンダーなどの法人もマイナーとして参加できるように整備しており、3者がそれぞれに利益を出せる構造を想定し、Filecoin経済圏の創造を目指しているのです。

GAFAMをはじめとする巨大TEC企業の巨大収益利権に風穴を開け、個人でも参加し、収益の分配を受けることができるのがFilecoinであり、暗号通貨投資家、関係者に大きな期待を持たれる理由も明確なのです。

HTTPに代わる IPFSとは?

Protocol Labs社のJuan Benet氏が考案したのが「Interplanetary File System (IPFS)」と呼ばれるHTTPに代わる分散型のインターネットファイルシステムです。

わかりやすく解説すると、IPFSはインターネットをHTTPからP2P方式に切り替えようというものです。
ファイル、Webサイト、アプリケーション、およびデータを格納してアクセスするための分散システムになります。

このあたりの専門用語が並ぶと、途端に理解に苦しむ人も多いかと思いますが、専門的、技術的なことはわからなくとも、インターネット、TECの世界を大きく変革する可能性があることをまずは理解しておいてください。

Filecoin(ファイルコイン)先物の取り扱い取引所

現在では、15社まで取り扱いが増えています。市場での注目度の高さが理解できますね。

・Gate.io
・LBank
・BKEX
・Bitforex
・Hotbit
・Poloniex
・XT
・BiKi
・FatBTC
・CITEX
・TOKOK
・Bibo
・MXC
・EXX
・CoinTiger

先物市場での扱いが急増

Filecoinの先物市場(IOU)での取引量は、Gate.ioでボリュームの多い取引が行われています。
Filecoin先物を取り扱う取引所は多くなりましたが、取引所の流動性が取引所によっては低く、取引所による価格差も大きくなっています。

IOUは取引所の先物取引であるため、他の取引所にトークンを送ることはできませんので、この点も注意が必要です。Filecoinマイニングのテストネットが開始されたことから、Filecoin [IOU] の価格は継続的に上昇しています。

Filecoin(ファイルコイン)の購入方法

Filecoinは現時点では現物取引が行われていません。これからFilecoinを入手する方法としては、取引所で先物取引で入手する方法と、マイニングに参加する方法があります。

取引所で先物取引する場合

日本では、Filecoin先物を取り扱うことがでないため、上記15社の海外の取引所を利用することになります。どの取引所を選定するかは、実際の使い勝手にもよりますし、口座開設がまだであれば、慌てずもう少し様子見しても良いかもしれません。まだまだ取り扱い取引所は増えるでしょうし、現物取引所への登録も近いと考えます。

そして現物市場での売買がされていない中での先物価格については、大きな価格変動リスクもありますので、現在の金融市場自体がボラティリティも高いですから、そのリスクをあえて取る必要はないと考えます。

Filecoin(ファイルコイン)マイニングに参加する

Filecoin(ファイルコイン)のマイニング案件も日本でSNSなどを通じ、様々情報が流れているようです。Filecinはメインネットがまだローンチしていませんので、現在の成績のまま運用できる保証はありませんのでマイナーの信頼度が重要になります。

FilecoinマイニングはBitcoinマイニングよりもハードルが高く、データ処理によってマイニング効率が変わるため、それぞれのマイナーで独自のノウハウを持っています。

マイナー各社の比較も重要な選定ポイントとなることは確かでしょう。MLMの中には、実体のないポンジスキームも多々みられるので、信頼できる情報の見極めが大切になります。

詳細は「Filecoinマイニング募集開始」をご覧ください。

AI TRUSTの取り組みにご期待ください

AI TRUSTでは中国最大手マイニング企業と提携をし、何処よりも良い条件で多くの投資家が参加できる仕組みを構築中です。10月半ばには正式なマイニングが開始される予定ですので、初期にマイニングに参加するメリットは非常に大きいです。

現在の先物価格から考えれば、半年以内での回収も十分見込め、多くの投資家がメリットを享受できるものとなりそうです。日本でも既にMLM(マルチ・レベル・マーケティング)の仕組みで紹介されているようですが、それは圧倒的に効率の悪く、ポンジースキームのリスクもありますので、慎重に吟味していきましょう。

【特別セミナー】Filecoin(ファイルコイン)大きな可能性と渦巻くリスク

9月26日に” ファイルコイン 大きな可能性と渦巻くリスク ” ウェブセミナー&ZOOMセミナーを開催しました。 そしてファイルコイン、マイニングなどをビジネスとして考えたい人のためのウェブセミナーも開催します。

第一部 )講師:チャーリーTAKA

① ファイルコインの大きな可能性 (HTTPからIPFSへ)

② 先物市場のリスクと国内で乱れ飛ぶ不確かな情報(気をつけなければいけない騙されるポイント)

③ 正しいマイニングの選択のポイント

第二部 )講師:それぞれの専門家が講師としてお話します

精査されたマイナー、整ったプラットフォームでのファイルコインマイニングを理解する

② 日本企業だからこその安心、サポートを得てファイルコインマイニングをスタートさせる

第三部 )講師:チャーリーTAKA

ファイルコインマイニングをビジネスとして行う方法

今回のウェブセミナー、ZOOMセミナーは無料で開催されます。

そして参加頂いた方には、ファイルコイン、ファイルコインマイニングの理解を深めるためのレポートをプレゼントさせて頂きます。

さらには・・・ 10月以降にスタートする ” ファイルコイン マイニング&取引所 比較検討サロン ” にも無料招待させて頂きます。(正式スタート後はサロン登録は有料のものを、今回のセミナー参加者は無料招待となります。)

暗号通貨投資家であれば、必ず今聞いておくべき内容となります。
今すぐこちらから申し込みください!!

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!