Filecoin

Filecoin(ファイルコイン)とは?今後値段、価格はどうなる?

これからマイニングがスタートするファイルコインには無限の可能性を感じていますが、日本国内では、ファイルコインに関するおかしな話がSNSを通じて広がっています。

間違った情報は絶対に鵜呑みにしないでください。このあと日々の特集としてファイルコインの記事を書いていきますので、見逃すことなく、しっかりとご理解ください。少なくとも、数年単位に一度しかない、大きなチャンスだと考えられますので。

Filecoin(ファイルコイン)とは

HTTPに代わる新たなプロトコルであるIPFS(Inter Planetary File System) を利用してストレージの貸し借りを可能とする分散型ストレージネットワーク構築プロジェクトのことをいいます。現在、全世界には約50%の利用されていない余剰ストレージが存在するといわれており、Filecoinプロジェクトは、この余剰ストレージを貸し借りするためのプラットフォームを提供します。

今のインターネットでは、クラウドストレージサービスとしてGoogleDriveやDropBoxが既に存在しますが、これらの従来型のストレージサービスは、特定企業が管理するサーバー上にデータが存在する中央集権的なサービスです。これからの新しい世界のインターネットストレージサービスでは、ブロックチェーンテクノロジーを活用してユーザー同士でデータを管理する非中央集権型のP2Pのストレージサービスとなります。

Filecoinプロジェクトは、基幹技術であるIPFS(InterPlanetary File System)を利用して、P2Pのクラウドストレージサービス(インターネット上のファイル共有サービス)を構築します。すでにIPFSを採用する企業は多数登場しており、代表的なのがNetflixやGoogleなどのテックジャイアントです。

データセンター市場での成長期待

近年のスマートフォンの普及、通信速度の向上、コンテンツのリッチ化、IoTによるネット接続デバイスの拡大などの理由により、世界のデータ量は2010~2020で35倍もの伸びを見せています。今後5Gが普及することでデータ量の増加はさらにスピードを増すことが予測されています。当然、データセンターが保管するデータ量は増え続け、そこにコストとセキュリティーの問題が起きることは自明と言えます。

Filecoinは今後データセンターが抱える2つの課題に対する解を持ち合わせ、これからの世界のインターネットのインフラとなる可能性を秘めています。Filecoinは、すでにスタンフォード大学が進めるENCODEという人間のゲノムデータをパブリックな状態でセキュアに保存するためのプロジェクトや、AI自動運転自動車のためのオープン環境下でのデータストレージとしても使われています。web3.0では、これまでの中央集権的なサービスの多くが、非中央集権型のP2Pネットワークとして提供されるようになります。

Filecoin(ファイルコイン)に投資する著名投資家群

Filecoinが2017年8月に実施したICOでは、多くの投資家が参加し、実際のICOプレセールス時には開始1時間で約170億円の資金が集まり、最終的には約282億円の資金調達に成功しています。ちなみに、当時のプレセールの参加資格として、総資産額1億ドル以上の投資家、または年間で20万ドル以上の利益を出している投資家のみという、高い参加制限が設けられているにもかかわらずです。

Filecoinに投資した投資家の中には、100社以上の企業のスタートアップに成功したシリコンバレーに拠点を置くスタートアップアクセスレーターのYcombinatorや、同じくスタートアップを支援するAngellistというwebサイトを立ち上げたNaval Ravikant氏などの有名投資家、Andreessen Horowits・Sequoia Capitalなどの大手VC、Winklevosなどの仮想通貨系VC、さらにはスタンフォード大学など錚々たるメンバーが名を連ねます。これらの投資家群を見れば、Filecoinの可能性の大きさを理解できます。

Filecoin(ファイルコイン)の値段、価格、先物市場での値上がり

2020年9月時点では、Filecoin の先物が上場しているのは以下の海外取引所です。

gate.io , LBank , TOKOK , BitForex

Filecoinの先物取引はすでに2年前から開始され、月間の取引量は1,000億円を超える規模まで成長しています。2020年9月15日時点では、先物市場のFilecoin価格は17.87ドルで取引されています。ちなみに、過去の最高値は2018年1月12日の30.15ドル、同じく最安値は2019年8月19日の1.83ドルとなります。

直近6カ月では、ビットコインと同様、コロナショックにより急落し、3月13日には一時価格は日本円で186円まで急落しました。しかし、その後は急上昇し、ビットコインなどメジャー通貨の上昇率を超え、高い価格で取引をされています。

Filecoin(ファイルコイン)の上場、取引所一覧は?

FilecoinのICO投資家としても参加していたWinklevos(ウィンクルボス兄弟)が運営するニューヨークを拠点とするGeminiではFilecoinの取引サービスを開始しました。

それ以外にも世界最大規模の取引所であるCoinbaseでも取り扱いを開始。

ファイルコインの取り扱い取引所一覧はこちらからご覧下さい。

Filecoin(ファイルコイン)の未来

2020年9月15日現在、仮想通貨時価総額は約37兆円程度であり、その中でもビットコインが約20兆円で58%ほどのシェアを持ち、時価総額2位のイーサリアムが4.5兆円弱、4位のリップルが1.1兆円弱という時価総額です。(*3位のテザーはステーブルコインですので今回は省いています)

2018年1月以降、仮想通貨時価総額ランキングでは、上位3通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル)のポジションを脅かすような通貨は登場していませんが、そのような仮想通貨市場の中で期待されているのが、web3.0時代の仮想通貨です。

web3.0仮想通貨として位置づけられるFilecoinは、すでに先行するBAT(braveブラウザ)の価格が上昇したように、Filecoinの価格も大きく上昇すると期待されており、ビットコイン、イーサリアムに次ぐコインになると大きな期待が持たれています。

2020年初頭からのコロナショック後の投資市場では、時価総額20兆円を有するビットコインは、金や銀、プラチナなどの安全資産(リスクオフ)の投資対象の位置づけとなっています。この位置に来るまでに10年の月日が流れています。これはブロックチェーン/仮想通貨に対しての信頼がようやく構築され始め、ここからが本番とも言えます。このあとはさらに中国のデジタル人民元やFacebook社のリブラが市場へ流通するとも言われています。

Filecoin(ファイルコイン)の期待ポイント

Filecoinはその開発目的の主である「地球規模の一つのデータストレージ環境を構築する」というビジョンの元、今後も拡大し続けるデータセンターのインフラになり得え、ブロックチェーン上のデータを保管する手段にも使われることなど、莫大なデータセンターへの需要に応えていくと期待されます。またFilecoinは環境問題や多くの問題を孕んでいるマイニングの観点からみても期待されています。

ビットコインを代表するマイニング方式のPoWでは高速演算のためのマシンが必要とする大量の消費電力が問題となってきましたが、Filecoinのマイニングではそれらを解決するためのより洗練されたマイニング方式を採用しています。以上の観点からFilecoinは長年、仮想通貨=ビットコインという構図に風穴を開けるポテンシャルを秘めていると言えるのではないでしょうか。

今後投機需要の観点から、アルトコインへ資金が流れることがあるのなら、Filecoinには注目が集まります。今後インターネットの世界がどのような方向に進むかは誰にも予想はできませんが、Web3.0の世界の拡大・インフラとしてのデータセンタービジネスの拡大は続いて行くでしょう。その中でFilecoinがどれほど躍進できるのか、Filecoinの今後に期待したいところです。

AI TRUSTの取り組みにご期待ください

AI TRUSTでは中国最大手マイニング企業と提携をし、何処よりも良い条件で多くの投資家が参加できる仕組みを構築中です。10月半ばには正式なマイニングが開始される予定ですので、初期にマイニングに参加するメリットは非常に大きいです。

現在の先物価格から考えれば、半年以内での回収も十分見込め、多くの投資家がメリットを享受できるものとなりそうです。日本でも既にMLM(マルチ・レベル・マーケティング)の仕組みで紹介されているようですが、それは圧倒的に効率の悪い方法となりますので、慎重に吟味していきましょう。

【特別セミナー】Filecoin大きな可能性と渦巻くリスク

9月26日に” ファイルコイン 大きな可能性と渦巻くリスク ” ウェブセミナー&ZOOMセミナーを開催しました。 そしてファイルコイン、マイニングなどをビジネスとして考えたい人のためのウェブセミナーも開催します。

第一部 )講師:チャーリーTAKA

① ファイルコインの大きな可能性 (HTTPからIPFSへ)

② 先物市場のリスクと国内で乱れ飛ぶ不確かな情報(気をつけなければいけない騙されるポイント)

③ 正しいマイニングの選択のポイント

第二部 )講師:それぞれの専門家が講師としてお話します

精査されたマイナー、整ったプラットフォームでのファイルコインマイニングを理解する

② 日本企業だからこその安心、サポートを得てファイルコインマイニングをスタートさせる

第三部 )講師:チャーリーTAKA

ファイルコインマイニングをビジネスとして行う方法

今回のウェブセミナー、ZOOMセミナーは無料で開催されます。

そして参加頂いた方には、ファイルコイン、ファイルコインマイニングの理解を深めるためのレポートをプレゼントさせて頂きます。

さらには・・・ 10月以降にスタートする ” ファイルコイン マイニング&取引所 比較検討サロン ” にも無料招待させて頂きます。(正式スタート後はサロン登録は有料のものを、今回のセミナー参加者は無料招待となります。)

暗号通貨投資家であれば、必ず今聞いておくべき内容となります。
今すぐこちらから申し込みください!!

ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!