新着ニュース

【5月30日】いま世界で何が起こっているのか?

新型コロナの世界での感染者数は5,919,364人、死亡者数は364,459人となっています。

ブラジル保健省の発表によると、同国で28日に報告された新型コロナの感染者は26,417人と、1日当たりの感染者数としてはこれまでで最多となりました。累計感染者数は465,166人で、米国に次いで世界で2番目に多い死者は1,156人増加して27,878人となりました。

本当にコロナ感染爆発という感があります。南米の他の国でも感染拡大しており、南米各国の財政状況の悪化と合わせ、新興国、途上国の停滞は長期化するリスクが高くなっています。FXを行う個人投資家は新興国通貨のボラティリティの上昇には注意してください。

【深刻な新興国通貨】新型コロナウィルスの影響と注意点新型コロナウィルスの世界通貨の影響 新型コロナウィルスでパンデミック状態。 日本もですが、アメリカやイタリア、スペイン、ドイツな...

マカオ:カジノ王 スタンレー・ホー氏 死去

マカオのカジノ王として知られる実業家のスタンレー・ホー氏が98歳で死去しました。旗艦企業、SJMホールディングスは政治リスク、一族の内紛、同業者との厳しい競争をくぐり抜けて生き残り、一代で巨大なカジノ帝国を作り上げました。

マカオ コロナ
新型コロナウイルスで感染封じ込めに成功したマカオ!!マカオでは1ヶ月以上新規感染者ゼロ!! 中国武漢から広がった新型コロナウイルスだが、中国と隣接するマカオでは当初から徹底したコロナ対策...

日本:トイレットペーパー価格上昇

トイレットペーパーの卸価格が上昇し、約11年ぶりの高値をつけています。新型コロナの影響でドラッグストアなどが特売を自粛しているほか、インターネットでの誤情報をきっかけに買いだめが起こった影響で、都心部を中心に物流網にも負荷がかかったことが大きな原因です。

卸値の上昇は小売店の店頭価格にも波及し、価格が上昇したわけですが、マスクも同様の状況にあります。コロナ前の価格まで戻るのか?

このあたりは継続して状況を見守る必要がありますが、企業収益が大きく下落する中で、製造のために新たに設備投資を行ったコストも合わせて考えると、トイレットペーパーの価格は下落しても、マスク価格は以前まで下がらないのでは? と編集部では予測しています。

【 マスクバブル崩壊 】 マスクが街中に出回ってきている新型コロナウィルス対策にマスクは必須 今や街に出るときはマスクが欠かせなくなっている。 春のマスクといえば「花粉症対策」 ...

コニャック1本:1,570万円

1762年に作られたコニャックのボトルが28日、サザビーズのオンラインのオークションにかけられ、118,580ポンド(約1,570万円)で落札されたました。

オークション会社のサザビーズによると、並外れて希少なこのコニャックはゴーティエ社が生産したもので、現存する世界最古のコニャックの1つで、同種のボトルは3本しか存在しないといいます。希少価値の高いコレクターズアイテム、美術品、骨董品は、刷られすぎる紙幣に対しては強い価格耐性を持つことがわかりますね。

【アフターコロナ】いまは名車がチャンス!?紙幣の下落に対してどのようなモノの価値が上昇するのか? AI TRUSTでは世界各国の金融支援が行われる中、継続的に価値が下落する紙幣...

米中関係悪化に出口戦略は皆無

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が共に、新型コロナ対策の不備で揺らいだ国内の支持を強化しようと注力する中、米中関係の基盤は急速に崩れつつあります。そして両国とも政府内に関係悪化を食い止めようとする動きはほとんど見られません。

米中には共に現在のところ出口車線はありません。その理由は明白で、共にそれを望んでない姿勢が明確だからです。米国は現在、強硬姿勢で中国に追い付きつつあると実感しており、こうした議論は大統領選挙の年でもありますし、今後も強まる一方となるでしょう。

そして、習近平主席の中国も、国内状況や香港との状況を考えれば妥協は当面ありえません。トランプ米大統領は本日、世界保健機関(WHO)が実質的に中国の傀儡機関になっていると批判した上で、WHOとの関係を断絶し、資金拠出を停止すると表明をしました。混乱は増すばかりです。

who信用
WHO(世界保健機構)の信用・信頼度はガタ落ちWHOの信用・信頼度はガタ落ち 新型コロナウイルスが中国で感染を拡大させたペースは、これまで考えられていたよりもはるかに速かった。米ロ...

中国:香港国家安全法採択

中国全国人民代表大会(全人代)、「香港国家安全法」の制定方針を圧倒的賛成多数で採択しました。香港国家安全法は、香港での分離や政権転覆、テロリズム、外国からの介入を阻止することを目的としています。

香港国家安全法の詳細は数週間内に策定され、9月までに成立する見通しです。アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、台湾など、中国に対しての批判を強めつつ、香港居民の移民受け入れも進めるようです。

特に注目すべきは台湾であり、台湾に香港の民主活動家が多数移り住むことになれば、アメリカの支援も進む中で、台湾が対中国戦略の防波堤の役割を果たすのかもしれません。地政学的リスクは高まることになりますね。

【 米中対立激化 】トランプ政権の「脱中国構想」による影響は?新型コロナウィルスでズタズタになったサプライチェーン 世界でグローバル化が進む中で今回の新型コロナウィルスで見直されるであろう...

アメリカは社会病質者で誇大妄想狂によって政治が行われている

現代言語学の父、人文社会科学諸分野における巨魁と言われる、世界最高の論客の一人、ノーム・チョムスキー、マサチューセッツ工科大学名誉教授がトランプ大統領に対して辛辣な意見を述べています。

“ アメリカの感染死者数は10万人を超えて増え続けている。その瞬間に、大統領の発言は国民からの共感を呼ぶとは思えない。トランプ氏のコミュニケーション能力の欠如、政治的な言い争いにおける説得力のなさを露呈したと言わざるを得ない。 ”

新型コロナ禍で自称 “ 戦時大統領 ” を演ずるトランプ大統領を社会病質者で誇大妄想狂と言い放っています。

“ パンデミックが起こりうることはトランプ政権の3年半いや、それ以前から予測されてきたことだ。ところがトランプ氏は大統領に就任するや、パンデミックに備える態勢を弱体化させてしまった。

新型コロナが発生した後ですら感染拡大阻止に必要な経費を削減している。すでに事態が深刻化していた2月10日に発表した来年度予算では疾病管理予防センター(CDC)や関連機関の予算を削っているのだ。削った分を石油、石炭など化石燃料産業への助成金に回している。

この国はまさに社会病質者で誇大妄想狂によって政治が行われているのだ。トランプという男が大統領でいる間、米国は混沌に向かって突っ走っていっている。このことはパンデミックよりも恐ろしいことだ。”

しかし、まさにこれが本質を言い当てていると考えられます。ミネソタ州のミネアポリスでは黒人市民が警察官に首を圧迫され、その後死亡したことで、抗議活動が発生し、放火や略奪などが続いています。既に多くのアメリカ国民のストレスは限界に達し、治安も確実に悪化が続いています。

【犯罪の増加に注意】コロナ後の世界では治安崩壊が起こりやすくなる犯罪の増加に注意 新型コロナにより世界各国で収入が途絶えたり、リストラされたりする人が急増しており、コロナが収束しても、治安崩壊には注...

米:ボーイング レイオフを続ける

米航空機大手ボーイングは、従業員6,770人をレイオフすると明らかにしました。ボーイングが進める16,000人規模の人員削減策の一環です。新型コロナの世界的な流行のため、旅行需要は急速に減少しています。航空関連企業の破綻が世界で続いています。

【アフターコロナ 】世界の航空業界へ与える壊滅的ダメージアフターコロナで航空需要は半減する 新型コロナの感染拡大の影響で、世界中の航空会社で運航が大幅に減少している。IATA(国際航空運送協...

「アフターコロナマーケティング」無料ウェブセミナー開催です!

今月頭に募集締切した アフターコロナマーケティング

自宅に居ながら誰でも簡単にインターネットにつながった環境がありさえすれば
日々お金を継続的に稼げる仕組みです。

第一次メンバーの既に90%以上の人たちが実際に稼ぎ始めています!!

今月の成果、進展、更にはアフターコロナの経済についても合わせて
無料ウェブセミナーで月内のみ限定公開中です。

今すぐこちらから登録しご覧ください。

AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!