新着ニュース

【4月7日】いま世界で何が起こっているのか?

新型コロナの世界での感染者数は1,341,907人、死亡者数は74,476人と共に大幅増加しています。ヨーロッパの感染は落ち着いてきているようで、株式市場もそれを歓迎するように、日経平均は大きく続伸し、NY市場も2週間ぶりの高値になっています。

イギリスのジョンソン首相は様態が悪化し、集中治療室に入り心配です。万が一の事があればEUは相当な荒れが予想されます。

既得権益者バブルが始まる

108兆円規模のコロナ対策が、本日夕方に詳細が決定されます。108兆円とはなんとも嫌らしい数字でありませんか。108という数は除夜の鐘では ” 煩悩の数 ” です。ばら撒かれる108兆円の多くは既得権益者の手に入ることへの皮肉でしょうか。

しっかりと使われる中身が国民に全て公開され、無駄な資金にならなければ良いですが。

福島原発では当初を圧倒的に超える莫大な費用が未だに使われ続け、六次下請け、七次下請けと除染作業を丸投げし、多くが途中で既得権益者に搾取されました。コロナという大義名分でまた同じ事が繰り返されないようにしなければなりません。結局の所、今回のお金も全て最後は国民の借金として積み上がるわけですから。

米外食産業の現状が悲惨

アメリカの外食産業が悲惨な状況に落ちいっており、緊急事態宣言が出る日本でも、同様のことが起こることが予想されます。3月以降で既に3%の全米のレストランが閉店しました。今後1ヶ月で更に11%のレストランが閉店すると予測されています。 

3月のレストランの売上は3兆円減りました。そして雇用は既に300万人失われ、失業者がでています。高級レストランの売上は90%以上減っているそうです。

日本の地方の名店が潰れるリスクを数日前に書きましたが、都内の有名店でも閉店が相次ぐかもしれません。アメリカのレストランの半数は16日間営業を止めれば資金が枯渇するくらいしか現金がないそうです。日本の中小店舗も同様であり、対策の即時実行が渇望されます。

ボーイング社の状況がかなりヤバい

航空業界最大手であるボーイング社が厳しい状況に置かれています。現在閉鎖されている製造ハブ拠点の閉鎖を無期限に延長することが決定されました。そして161,000人の全従業員に対して早期退職募集が先週より行われています。

現在、世界の航空業界では保有機の44%が運休状態にあります。この状況では新規の航空機需要など当面見込めません。ボーイング社の株価は年初より62%下落している状況にあり、ダウ構成銘柄で下落率NO.1となっています。

ただし米政府は全面的な支援を約束していますし、コロナ収束後は最も上昇率が高くなる可能性も有るのではないかと思います。優良株をドルコスト平均法で購入するには大きなチャンスですね。

過去50年で2.4万倍 ウォーレン・バフェット・ロングを今すぐ確認ください。

» ウォーレン・バフェット・ロングとは?

中国の覇権戦略は見事というべきなのか?

新型コロナは中国の覇権戦略だったのか? 新型コロナ感染の始まった最初の2カ月は、コロナ流行を中国は徹底的に隠蔽しました。中国が隠蔽し続けたことでコロナは世界に蔓延しています。これにより、世界規模の景気後退が起こり、金融市場は大混乱しました。現在世界の多くの国がコロナ対策で困っています。それらの苦しむ国々に手厚い支援を中国は行っています。

マスクや工呼吸器などの必要とされるものを提供し、医師、専門家を各国に派遣しています。 各国がコロナと戦う上で、中国が信頼できるパートナーになるという印象を付けています。これは過去にはアメリカが果たした役割でした。しかしトランプ米大統領の日々の発言を見ればわかりますが、コロナ対策では当初から失言続きでした。アメリカの変わりを中国が行っているとするならば、新型コロナ蔓延のシナリオ自体が、中国の覇権戦略だったとも考えられるわけです。

国連の終わりが始まる?

国連人権理事会のパネルに中国が選任されました。しかし考えてみてください。中国は国内で様々な人権侵害を行っている国なのです。その中国をなぜ選任するのか? 

WHOのテドロス事務局長が常に中国に気を使う発言をし続けていますが、国連も同様になってしまうのか? 

もしかしたらアフリカなど途上国に対してのマスクや人工呼吸器、医療チーム派遣などの裏約束を交わしたのか? したたかな中国の世界戦略がここでも見え隠れします。

パチンコ店は感染ルートだと思うのだが?

ようやく今回の緊急事態宣言ではパチンコ店にも休業要請を行うようです。今まで名指しされなかった明確な理由がありました。大手パチンコホールで構成するパチンコチェーンストア協会には多くの国会議員が政治分野アドバイザーとして参加しています。

自由民主党22名、日本維新の会7名、国民民主党7名、立憲民主党4名、合計で40人にお金が流れ続け、彼らが今まで業界の尖兵として、パチンコ店が名指しされないように圧力をかけ続けていたのです。人の命より金が大事だと考える政治家がこれだけいるということなのでしょうか。

犯罪率の圧倒的増加に注意すべし

犯罪率が圧倒的に世界で増加しています。ロシアでは、自宅のマンションの下で騒がしくしゃべる若者5人に対して住民がライフルで射殺するという痛ましい事件がありました。ロシアでは新型コロナによる外出規制がかかっています。         

世界各地の刑務所内でコロナ感染が拡大しています。一部の刑務所では囚人を釈放するところもでてきていますが、これらの囚人が犯罪を拡大させるリスクは当然のことながら非常に高いです。アメリカで拳銃や砲弾が店頭から売り切れが続いています。今後銃犯罪の多発化が予想されますし、身を守るという理由で、ロシアで起こったような事件が続出するかもしれません。

イギリスではコロナにかかっているような威嚇の咳をするだけで懲役2年になります。

今後、世界の何処でも外出規制がかかることで家庭内暴力は激増することになるでしょう。そしてやることがないから飲酒量が増加し、そこからドメスティック・バイオレンスに繋がるリスクも多いでしょうね。

ぜひこの機会にお金についても勉強してみてください。

お金基本の話
今さら聞けないお金の話 ① 人にはなかなか聞く事ができないお金の話 これを幾つかのシリーズとして書いてみることにしよう。 今さら聞けないお金の話 < ...
【未来予測】新型コロナ収束後の世界はどうなるのか?新型コロナの世界での感染者数はどんどん拡大しており、その勢いは止まらない。特にアメリカの感染者数も一気に急増しており、感染拡大の中心とな...
ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!