新着ニュース

【4月4日】いま世界で何が起こっているのか?

コロナ最新状況

SARSの360倍の感染速度!

新型コロナの世界での感染者数は1,098,848人、死亡者数は58,871人と共に大幅増加しています。イタリアでは感染の伸びはピークを迎えつつあるとの発表もありますが、新型コロナの感染速度はSARSの360倍で、収束までには1年以上かかるという意見も多くなってきています。

編集部の関係者が大きな病院の婦長をしており、内部情報をもらいましたが、医療現場はかなり悲惨な状況になっているそうです。

新型コロナですが、都内の感染が日々増えて、テレビでも人数出していますが、本当はもっと深刻で、病院では悲惨な状況になっているので気をつけてください。

医療に従事する関係でテレビの報道よりもいろいろな話は入ってきますが、東京の医療崩壊は、今日にも起こります。

永寿総合病院では、37歳のドクターが、重症肺炎でECMOを使用している状態です。まだ37歳で、特に基礎疾患ない医師なのに、重症化しています。でも、このことは報道されていません。物凄い感染力です。

自分も重症化すると思って行動しないと本当に大変なことになるから気をつけてください。既に市中感染している状態ですから、外食は絶対行かないこと。

デリバリーか自宅でご飯作るようにしてください。保険入ってなければ医療費も100%負担となり、とてつもない額になるから気をつけてください。

ICUで治療になったら、1日100万では収まりません。3週間で2,000万円以上という事になってしまいます。皆さんも本当に気をつけてください。

航空会社が大虐殺にあう

新型コロナ蔓延で 世界の航空会社のほとんどが 5月末までに倒産する可能性があります。 世界中の航空会社は 特に金融市場が停滞しているためにすでに危機に陥っている可能性が高く、各国の経済支援がなければ破綻します。

既にいくつかの航空会社は経営破綻しており、ナショナルフラッグキャリアは国が救うでしょうが、ローコストキャリアの多くは破綻する可能性が高いです。そうなった場合、コロナ後の世界ではコロナ前の世界に比べ、人の移動のハードルが非常に高くなる可能性があります。

粉飾決算続出に注意を

中国の珈琲チェーン大手のラッキーコーヒーが 330億円の粉飾決算を行い、昨日の株価は午前に85%下落しました。 粉飾のリスクが高いと予測し、前もって市場で株を売っていたアメリカの空売屋はこの相場で大儲けをしたそうです。

今後、新型コロナの影響で大赤字、債務超過に陥る上場企業が、経営破綻を避けるために粉飾決算を行うリスクは非常に大きいのではないかと考えます。特に新興市場株の財務状況が悪い銘柄には注意をする必要があります。

アメリカの不動産市場で史上最悪の債務不履行の可能性

アメリカでは既にこの2週間で1,000万人が職を失っています。今年の夏まで経済封鎖、移動制限が行われた場合、アメリカ人の30%、1,500万世帯が住宅ローンの返済が不可能になる可能性が高いです。ローンの貸し手である金融機関は史上最悪の債務不履行の大津波に襲われることになります。

Airbnbも移動制限がかかる中で、稼働率が大幅に低下しています。スーパーホストといわれる多数の不動産を貸し出している貸し手は多額のローンを組んでいますので、その支払ができず破綻することになります。それにより、不動産市場が大混乱に陥るリスクが高くなります。

マスク市場が無法地帯に

世界のマスク市場が無法地帯になっています。フランスとドイツの高官がアメリカを批判しています。 アメリカはマスクの世界最大の生産国の中国で、市場価格を大幅に上回る値段を払ってマスクを買い集めています。 既に契約を結んだ欧州の国から契約を奪い取ることもあるといいます。

アメリカ国内でコロナ蔓延が止まらない状況はわかりますが、ルール、秩序を守らない今回の行動がアメリカの本質だとすれば、感染者数を過小報告する中国となんら変わらないことになります。

ソフトバンクグループがいよいよおかしい?

ソフトバンクG傘下のビジョンファンドの上級幹部がまた一人昨日退社しました。

この幹部は先月、2週間前に昇進したばかりでしたが、先月末にボーナスを受取った上で昨日退社しました。既に内部は相当に混乱し、かなり酷い状況になっている可能性が高いと考えたほうがよいかもしれませんね。

コロナ最新状況
中国の一帯一路戦略が新型コロナの世界での蔓延の原因?新型コロナによりアメリカ経済の落ち込みは予想を上回る酷さになる可能性も高いと考えるべきでしょう。 中国の一帯一路がコロナを世界に蔓延さ...
ソフトバンク悪夢
ソフトバンクGの悪夢を振り返るジェットコースターのような株価 2020年2月中旬の6,000円弱の高値から3月23日には2,660円と半値以下まで急落し、その後、2...
ソフトバンク株価
【分析レポート】ソフトバンクの株価を予想する※この予測は新型コロナウイルスの大流行前、継続的な金融緩和が続く前提のシナリオであり、現在の急落する市場ではこの予想とは全く逆の動きにな...
ABOUT ME
チャーリーTAKA
チャーリーTAKA
日本を代表する投資家兼実業家でもあり、グローバル・チーフ・ストラテジストとして活躍中。
AI TRUSTメルマガへ登録しませんか?

毎週1回情報をまとめてお送りします。

AI TRUSTでは日々の金融市場に影響を与えるニュースを独自の視点から解説を行っています。是非ご自身の投資指標としてご活用ください!!